ホームページ眼鏡眼鏡レンズメガネ:基本情報

メガネ:基本情報

店頭のメガネ

最近では コンタクトレンズや視力矯正手術などの技術革新が 進んでいますが、 メガネの 人気も今まで以上に高まってきています。

カルバン・クライン、ジョーンズ・ニューヨーク、マーク・ジェイコブスなど、有名デザイナーのブランドを冠したフレームスタイルは、引き続き需要があります。また、以前はメガネの「オタク」っぽさを嫌っていた若い世代も、メガネをかけた若い魔法使い、ハリー・ポッターやその他のロールモデル(実在か架空かに関わらず!)たちのおかげで喜んでメガネをかけるようになっています。

メガネフレームの素材

メガネフレームの素材は、プラスチックやさまざまなタイプの金属の登場により、大きく変化してきました。フレームは一般的に プラスチックあるいは金属で作られていますが、フレームの特徴に応じて他にもさまざまな素材を使用することが可能です。

例えば、保護メガネの場合、ポリカーボネートなど耐久性が高く軽量のフレーム素材が必要です。皮膚アレルギーに悩まされている方は、接触性 皮膚炎と呼ばれる皮膚疾患を避けるため、チタンやステンレスなど低刺激性の素材で作られたメガネフレームを探してください。

メガネフレームの中には、柔軟性に優れ、破損の可能性が非常に低いタイプもあります。また、スプリングヒンジもフレームの耐久性を高めます。これらのタイプのフレームは、子供用メガネ やアクティブウェアとしてのメガネに最適です。

ノーズパッドのデザインが改良され、顔の上におけるメガネの快適性と見た目が向上しました。例えば、新しいシリコンノーズパッドは鼻の上での「滑り」を防ぐだけでなく、軽量で柔らかいため見た目にも目立ちにくくなっています。

メガネフレームのスタイル

メガネもまたファッションアクセサリーとして、特に高級デザイナーのファンの間ではかなりスタイリッシュなアイテムになっています。多くの人は、靴やハンドバッグを選ぶのと同じようにフレームを選びます。ワードローブに合わせて異なる色やスタイルを選ぶのです。

マルチカラーのインレー(象嵌)、複合素材、デザイナーズエンブレム、宝石の装飾も、人気のフレームスタイルで良く見られます。

リムレススタイルは、メガネをかけていてもフレームが目立たない、控えめなタイプです。リムレススタイルのメガネには、プラスチックや金属製のテンプルがフレーム「本体」ではなくレンズに直接取り付けられているものもあります。

新しいメガネフレームスタイルは絶えず生み出され、登場しています。革新的なスタイル には、木製やバンブー製のフレームや、大胆な形状や色、デザインのプラスチック・金属製フレームなどがあります。

女性用メガネ には、遊び心あふれるキャットアイシェイプの他、渦巻き模様や角柄など凝ったデザインのカットアウトも登場しています。

今シーズンの男性用メガネ には、上品なデザイナーロゴや半透明の背景にパターンを埋め込んだ新しいスタイルが登場しています。

男女兼用のユニセックスなメガネ には、リムレススタイルが豊富に揃い、男女ともに汎用性の高いかけ心地の良さで人気を集めています。

子供用メガネ は、一見大人用と似たようなスタイルですが、よりカラフルで、頻繁に買い換える費用節約のため、特に耐久性を重視してデザインされています。

メガネレンズの進歩

最近のメガネ人気の理由として、技術進歩によって現代のメガネがより薄く、軽く、そして魅力的になっていることも挙げられます。

今日処方されている最も人気のあるメガネレンズやレンズオプションには、以下のようなものがあります。

非球面レンズは、従来のメガネレンズよりもスリムで見た目の美しさとシャープな周辺視野を提供します。

高屈折率プラスチックレンズ は、従来のレンズよりも薄くて軽量、太陽光の 紫外線(UV)からの保護機能を内蔵しています。

ウェーブフロントテクノロジーレンズ は、光があなたの目を通過していく様子を測定した 非常に厳密な測定値を基に製造されており、非常にシャープでクリアな視力を実現します。

ポリカーボネートおよびトライベックス レンズは通常のプラスチックレンズに比べてより薄く、軽く、最大10倍の耐衝撃性能があるため、子供や活動的な大人のためのメガネや保護メガネ、スポーツ用メガネとして最適です。

調光レンズ(フォトクロミック) は紫外線(UV)を100%カットし、太陽光の下では自動的に色が濃く暗くなるため、別途度付きサングラスを用意する必要が軽減されます。

偏光レンズ は、水のように平らな反射面からのグレア(まぶしさ)をカットし、目の疲れを軽減します。

反射防止コート はレンズ面における光の反射を抑え、反射のまぶしさでアイコンタクトがし難くなったりレンズが分厚く見える問題を低減し、見た目の良さと快適さを劇的に改善します。反射防止コートされたレンズはまた、暗視メガネのレンズとしても優秀です。目の中により多くの光を取り込み、光の反射によるグレア(まぶしさ)を低減することが可能です。

その他のレンズコート には、傷防止コート、曇り止めコート、そして 紫外線(UV)カットレンズなどがあります。

メガネレンズの素材を簡単に比較するには、「あなたのメガネに最適なレンズの選び方」の記事を参照してください。

老眼鏡レンズ

老眼 は、加齢に伴う正常な焦点調整能力の低下であり、40歳を過ぎたあたりからほぼすべての人に影響を与えます。最終的には、多焦点レンズ(すでに 近視や, 遠視、 もしくは 乱視用のメガネを着用している場合)や 老眼鏡 (遠くの物をはっきりと見るのに処方レンズを必要としない場合)無しでは、小さな文字が読めなくなります。

老眼矯正に利用可能な多焦点レンズおよび単焦点レンズには、以下のようなものがあります。

  • 二重焦点レンズ. 従来の二重焦点レンズは、レンズの上半分が遠見視力用ゾーン、下半分が近見視力用ゾーンに分かれています。2つのゾーンは、目に見えるラインではっきり区切られています。

  • 三重焦点レンズ. このタイプのレンズには、距離の異なる3つのゾーン(近距離、中距離、遠距離)があり、使用者のライフスタイルや職業に合わせてカスタマイズ可能です。

  • 累進焦点レンズ. このタイプのレンズはさまざまな異なる距離に焦点を合わせることができるため、二重焦点や三重焦点レンズよりも多くの利点があります。また、累進焦点レンズにはラインがないため、ある距離から別の距離への移行がスムーズかつ快適です。活動的でマルチタスクの人に向いています。

  • 老眼鏡. これは、老眼によって自然と遠くが良く見えるようになった人でも、近くのものがはっきり見えるようにするための拡大倍率のある単焦レンズです。老眼鏡を使うことで、近くの物を読む視力は回復しますが、遠くの物はぼやけて見えます。老眼鏡は処方箋の有無を問わず購入でき、一般的に+1.00から+3.00ジオプター(D)の範囲で利用可能です。

サングラス

時代を超越したアビエイタールックから、洗練された新しいデザイナースタイルまで、サングラス はビーチに転がる貝殻のように、アウトドアシーンでは一般的に使われています。

最近では、サングラス利用者の間で、目の保護かスタイルか、が議論の的となっているほど。サングラスはファッションステートメントと同じくらい、有害な紫外線から保護するデバイスとして重要な存在です。

スポーツビジョンと安全のためのメガネ

特定のスポーツやレクリエーション活動に情熱を傾ける人は、通常のメガネやサングラス以上の保護機能や視力矯正機能を備えた特殊メガネの恩恵をより多く受けることができます。

スポーツサングラスパフォーマンスメガネ は、あなたの屋外アクティビティに相応しい色合いや保護機能、デザインを提供してくれます。

ダイビングマスクや水中ゴーグル も、あなたの メガネ処方に対応可能です。

スキーゴーグル は、各種レンズカラーから好みの色が選べるだけでなく、ゲレンデにおける照明条件によって、トレイル上の段差や氷を認識する能力を高めることも可能です。多くのスキーゴーグルは、通常のメガネの上に着用できるようにデザインされています。

シューティンググラス は、ハンティングやライフル、ハンドガン愛好家向けで、通常以上にタフで傷がつきにくいだけでなく、屋外おける視界のコントラストとクリアさをより向上させるため、特殊な着色が必要です。

保護メガネ は、野球などのスポーツでは着用必須です。打球の強いライナーなどが目を保護せずにプレイすると、永久的に目を損傷してしまうリスクが高いためです。

スポーツ関連の眼損傷は 十代の若者やまだ若いアスリートたちが大部分を占めるため、彼らには特に重要です。

建築現場などの一部の作業環境では、 保護メガネやゴーグルの着用が法律によって義務付けられている場合があります。しかし、たとえ保護メガネの着用が法律で義務付けられていなくても、空気中の粒子や破片などの危険に目が曝された状況で作業や遊びをする場合には、保護メガネの着用が賢明です。

メガネ購入に関するアドバイス

あなたの外見、好み、ライフスタイルから、あなたにぴったりのメガネを見つけるためのベストガイドです。

フレームを選ぶ際には、自分の さまざまな素材や色、 やパーソナルカラーなどを良く分析して、自分に最も似合うルックスを見つけましょう。お気に入りのセレブがつけているものも良いですが、同じスタイルが必ずしも自分にもぴったり似合うとは限らないことを忘れずに。

また、フレームによっては特定タイプのレンズには適していない場合もあります。例えば、累進焦点レンズは、非常に小さなフレームではうまく機能しない場合があります。

また、度数が高い場合は、目の中心にレンズが来るよう比較的小さめのフレームを選ぶことも重要です。フレームを選ぶ前に、まずはメガネの処方とレンズ選びを検討するようにしましょう。

最後に、万が一購入したメガネが気に入らなかった場合に備えて、新しいメガネを購入する前に必ず 眼科医 あるいは 眼鏡技師 に 返品または返金ポリシー について確認しておきましょう。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから