ホームページサングラスサングラスのタイプ

処方サングラス:ベストレンズガイド

眼鏡は 屋内や夜間で 優れた視力を与えてくれます。しかし、晴れた日の屋外でベストの視力を得ることはできません。

そのためには、度付きサングラスが必要です。

度付きサングラスのメリット

視力矯正が必要な場合、屋外では処方サングラスに代わるものはありません。

度付きのサングラスは、ベストの視力矯正と豊富なレンズの濃さで、明るい屋外でも快適に見えるようにしてくれます。

晴れた日のグレア(まぶしさ)や疲れ目から完全に目を保護するなら、偏光レンズ付きの度付きサングラスを選びましょうこれらのレンズには、水や砂、舗装道路、車のボンネットやブーツからの光反射をブロックする特殊なフィルターが付いています。

例えコンタクトレンズを 使っている人でも (そして 外出時にコンタクトレンズの上に 通常のサングラスをかけていても)、別途処方サングラスを購入して損はありません。処方サングラスを使えば、ビーチやその他屋外でコンタクトレンズが乾燥して不快に感じてもコンタクトレンズを外すことができ、晴れた日にもはっきりと快適に見ることができます。

また、水泳中のコンタクトレンズ使用はアカントアメーバ角膜炎など深刻な目の感染症のリスクを高めるので、良くありません。泳ぐ場合にはコンタクトレンズを外し、プールサイドに処方サングラスを用意しておくようにするのがベストです。

処方サングラスは、累進焦点レンズを含め、ありとあらゆるレンズ処方に 対応しています。 あなたが 老眼で あらゆる距離をはっきり見るために多焦点レンズが必要な40歳以降の方にも対応可能です。

サングラス選びの準備はできましたか? 最寄りの眼科医などのアイケア・プロあるいはメガネ店を検索して あなたにぴったりの処方サングラスを見つけましょう。

無制限にあるレンズオプション

処方サングラスは、軽量ポリカーボネート、トライベックス、, 高屈折率プラスチック、 さらにはガラスなど、ありとあらゆるレンズ素材が利用可能です。

ガラスレンズは最高の光学品質が得られますが、サングラスの素材としては人気のある選択肢ではありません。これは、ガラスがほかの素材のレンズに比べて重く、砕けやすいためです。しかし、要望すれば今でも入手可能です。

もう1つのサングラスオプションは、太陽光で自動的に暗くなるフォトクロミック効果のある処方レンズです。

しかし調光レンズは、車のフロントガラスの内側では効果的に色が濃くなりません。運転時にレンズが自動的に暗くなるタイプの処方サングラスを希望の場合は、屋外の直射日光下だけでなく運転時に使用できるよう設計された調光レンズを見せてくれるようアイケア・プロに相談してみましょう。

紫外線(UV)カット

スタイルも重要ですが、処方サングラスを購入する際に一番重要なのは、太陽の有害な紫外線(UV)を100%カットしてくれるレンズを選ぶことです。

紫外線(UV)カットの効果は、サングラスレンズ(処方サングラスを含む)の色や濃さとは無関係なため、アイケア・プロがレンズの100%紫外線(UV)カット機能を確認している以上、お好みの色や濃さを選ぶことができます。

処方サングラスの価格

確かに、高品質の処方サングラスはそれなりのコストがかかります。しかし、屋外で長時間を過ごす必要がある場合、常にはっきりクリアに見えて太陽光による疲れ目の心配もない、という効果には代えられません。

多くのメガネ店では、通常の眼鏡と一緒に処方サングラスを購入した場合、特別割引が得られるキャンペーンをしています。分割払いが可能なお店もあります。詳しくは、最寄りのアイケア・プロあるいはメガネ店におたずねください。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから