ホーム アイケア 視力情報

目の色:それがどのように発達し、なぜ変化するのか

  1. 目の色の起源
  2. 目の色の変化
茶色の目を持つ赤ちゃん

目の色は、多くの場合、子供の成長の中で、親を最も魅了する遺伝的特徴です。子供の目の色は黒色、茶色、青色、灰色、緑色、ヘーゼル、または何色かの組み合わせですか?

子供の容姿は、それぞれの親から子供に受け継がれる遺伝物質によって異なります。 しかし、両親の遺伝子は多くの異なる方法で混ざり合う可能性があります。それぞれの親からの影響については、子供が生まれるまでわかりません。

目の色がどのように発達するか

目の着色された部分は 虹彩と呼ばれ、 その色素沈着によって 目の色が決定されます。

人間の目の色は3つの遺伝子に由来し、そのうちの2つはよく理解されています。これらの遺伝子によって、最も一般的な色(緑色、茶色、青色)になるのです。その他のグレー、ヘーゼル、複数の色の組み合わせなどの色に関しては、完全には解明されておらず、現時点では説明できません。

一時期は、目の色は茶色が "優性"で 青色は "劣性"形質と見なされていました。しかし、現代の科学では、目の色はそれほど単純ではないことが分かってきました。

目の色は、絵の具を混ぜるように両親の目の色を単に混ぜたものではありません。親はそれぞれが各染色体上に2対の遺伝子を持っており、この遺伝情報が目の色にどのように表現されるかについては 複数の可能性があります。

また幼少期の早い段階で、目の色は変わる可能性があります。

白人の赤ちゃんは大半が青い目をして生まれてきますが、人生の最初の3年間で暗くなる可能性があります。年齢とともに、通常出生時には存在しない 茶色のメラニン色素が発達すると、黒ずみが発生するのです。

子供の目の色は、両親のどちらとも完全に異なることがあります。しかし、両親が茶色の目であれば、子供の目も茶色になる可能性が高くなります。

暗い色が優性となるため、茶色が緑色よりも優性に、緑色が青色よりも優性になる傾向があります。

ただし、片親が茶色、もう片方が青色の目であれば、子供の目が自動的に茶色になるとは限りません。

色が合わない虹彩を持って生まれてくる子供もいます。通常、この状態(虹彩異色症と呼ばれる)は、発達中の色素輸送の欠陥、子宮内または出生直後の局所的な外傷、または良性の遺伝性疾患によって引き起こされます。

その他の要因には、炎症、虹彩のそばかす(びまん性母斑)があります。ホルネル症候群。

目の色が異常に見えたら、ためらわずアイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者、コンタクトレンズ事業従事者、眼科眼鏡機器事業従事者など)の診察を受けましょう。

目の色や視力が心配ですか? お近くの アイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者、コンタクトレンズ事業従事者、眼科眼鏡機器事業従事者など)を探して 予約してください。

目の色の変化

虹彩という 筋肉を伸縮させて 瞳孔の大きさを制御します。瞳孔は、暗い照明では大きくなり、明るい照明では小さくなります。読んでいる本など、近くの物体に焦点を合わせると、瞳孔も縮小します。

瞳孔の大きさが変わると、虹彩の色素が圧縮または拡大するため、目の色が少し変わります。

また特定の感情によっても、瞳孔の大きさと虹彩の色の両方が変化することがあります。そのため、怒ったり愛情を感じたりすると目の色が変わると言う人もいます。

また年齢とともに目の色も変化することがあります。これは、白人集団(一般に目の色が薄い人)の10〜15%で発生します。

たとえば、私の目はまさに茶色でしたが、今では茶色と緑色を合わせたヘーゼルになりました。ただし、実際は ヘーゼル色の目の中には 年齢とともに暗くなるものもあります。

大人の目の色が劇的に変化する場合、または片目が茶色から緑色、または青色から茶色に変化する場合は、アイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者、コンタクトレンズ事業従事者、眼科眼鏡機器事業従事者など)に相談することが重要です。

目の色の変化は、フックス虹彩毛様体炎、ホルネル症候群、または色素性緑内障のような 特定の目の疾患の深刻な兆候である場合があります。

目の色や視力が心配ですか? お近くの アイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者、コンタクトレンズ事業従事者、眼科眼鏡機器事業従事者など) を見つけてください。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

アイドクターを探す