ホームページ眼の状態に関するページ屈折異常

遠視:遠視の矯正法

遠視は、主に幼い子供に多い視覚障害です。

約40もの国際研究機関による最新の研究結果で、遠視の発症率は6歳児で8.4%、9歳から14歳の児童で2~3%、15歳で1%と発表されています。

遠視の方は一般的に遠くのものがはっきりと見えますが、近くのものには焦点を合わせるのが困難です。

この症状は遠視と呼ばれます。

遠視の兆候と症状

遠視の方は、頭痛や疲れ目を感じることがあり、至近距離での作業時は目を細めたり、疲労感を感じることもあります。

眼鏡やコンタクトレンズを 装用中に このような 症状がでた場合、眼科検診を受けて 新しい 処方箋を入手する必要があります。

遠視の原因は?

遠視は、目に入ってきた光の焦点が網膜に直接ではなく、網膜の後ろに合ってしまうことが原因です。

これは通常、目の角膜から網膜までの距離である「眼軸」が短いことに起因しています。

子供の多くは遠視で生まれますが、眼球が正常に成長することで自然に「改善」されます。

時に遠視は 老眼と混同されますが、老眼は40歳以降に近視を引き起こす場合もあり、原因は異なります。

遠視の治療法

遠視は、眼鏡やコンタクトレンズで網膜に当たる光の屈折を変えることで矯正可能です。

ご利用の眼鏡やコンタクトレンズの処方箋が、「+2.50」のように冒頭にプラスで始まる場合は遠視です。

眼鏡やコンタクトレンズを常時装用する必要がある人もいれば、読書やパソコンでの作業、その他近距離での作業時のみ必要など、人それぞれです。

矯正用の眼鏡を選ぶ場合、遠視が強い方は特に、非球面の 高屈折率レンズ を選ぶようにしましょう。横から見た時、このレンズは通常より薄く軽く、スリムで魅力的です。

また非球面レンズなら、遠視用の眼鏡にありがちな「虫メガネ」のような外観もほとんどありません。

ただし、屈折率の高い非球面レンズは、一般的なプラスチックレンズよりも多くの光を反射します。見た目の良さと快適さ両方を得るには、レンズに 反射防止コートが施されていることを確認してください。

また、遠視の子供用には、快適性と耐衝撃性に優れた軽量な ポリカーボネートレンズを 選ぶことをおすすめします。

このほかにも、調光レンズ は太陽光に反応して自動的に暗くなるので、子供や屋外で長時間過ごす方に特におすすめです。

強度の遠視には、眼鏡よりもコンタクトレンズの方が好まれます。これは、遠視矯正には、眼鏡よりもコンタクトレンズの方がより自然に見え、より優れた周囲視野を得られるためです。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから