ホーム 状態 目の状態 A-Z

麦粒腫:原因、症状及び対応

麦粒腫の写真描写

麦粒腫とは?

麦粒腫(俗にものもらい)とは、まぶたの縁に圧痛のある赤いこぶが生じる局所感染症です。

麦粒腫には2種類あります:

  1. 外麦粒腫: まつ毛の根元にできる麦粒腫

  2. 内麦粒腫: まぶたの内側にある小さな皮脂腺にできる麦粒腫

麦粒腫は細菌による感染症で、まつ毛の根元(外麦粒腫)やまぶたの中の小さな皮脂腺(内麦粒腫)に発生します。

麦粒腫の原因は?

麦粒腫の原因は、ブドウ球菌です。この球菌は通常鼻の中にあり、鼻を擦った後で目を擦ったりすると、鼻から目に移ります。

球菌は、まつ毛の毛包や、管を通じてまつ毛に排出される皮脂腺の炎症や感染を起こします。 この管が詰まると、皮脂が排水できずに腺に逆流してしまいます。腺が腫れて炎症を起こし、麦粒腫を引き起こします。

麦粒腫の兆候と症状は?

麦粒腫明らかな兆候は、まぶたのしこりと腫れです。

麦粒腫の症状には以下が含まれます:

  • 痛み

  • 赤み

  • まぶたの腫れ

  • 圧痛

  • 眼瞼下垂

  • 目やに(まぶたの周りに塊)

  • 灼熱感

以上の症状が現れた後、患部に小さなニキビができます。通常、これに まぶたの腫れが伴います。患部のみ腫れることもあれば、まぶた全体が腫れる場合もあります。

麦粒腫の治療に眼科医が必要ですか? 最寄りの眼科医を検索して 診療の予約を入れましょう。

麦粒腫について知っておくべき5つのポイント:

1. 麦粒腫は通常、視覚障害の原因にはなりません。

近距離でも遠距離でも、麦粒腫が原因で視力への悪影響はないはずです。

2. 麦粒腫には伝染性があります。

麦粒腫を発症したら、細菌がほかの人の目に接触しないようにしましょう。接触すると、ほかの人が感染して麦粒腫を発症する可能性があります。

麦粒腫の感染原因である細菌を広めないよう、目と手を清潔に保ち、枕カバー、ベッドシーツ、洗面用具、タオルなどをほかの人と共有しないようにしましょう。

3. ほとんどの麦粒腫は、数日以内に自然治癒します。

温湿布を1回につき10~15分間、1日3~4回ずつ数日間かけて貼ると、このプロセスを早めることが可能です。

これによって痛みを緩和し、ニキビのように麦粒腫に膿がたまってきます。たいていは、麦粒腫が破裂して膿が排出され、それ以上何もしなくても治癒します。

ほとんどの麦粒腫は温湿布で解消しますが、中には医学的処置あるいは外科手術で排出させる必要がある場合もあります。

4. 麦粒腫を「つぶしては」いけません。

ニキビのように麦粒腫をつぶそうとするのはやめましょう。自然に麦粒腫の膿が出るまで待ちましょう。

まぶたの内側にできる麦粒腫(内麦粒腫と呼ばれる)の場合、破裂せず自然治癒しないものもあります。このタイプの麦粒腫はより深刻になる可能性があるため、眼科医で診療を受けて、外科手術で膿を排出する必要があるかもしれません。

麦粒腫が頻繁にできる場合は、再発防止のため、眼科医に抗生物質の軟膏を処方してもらいましょう。このほかに、麦粒腫や眼瞼炎のリスクを減らすため、ウェットタイプのクリーニングパッドを使って毎日まぶたの衛生を保つよう勧められる かもしれません。

5. 麦粒腫はほかの眼疾患に併発することもあります。

麦粒腫の場合、感染した目が涙目になったり、光に過敏気味になったり、目の「中に」何か入っているような感覚を感じることがあります(この症状は「異物感」と呼ばれています)。

眼科を受診するタイミング

ほとんどの麦粒腫はすぐに自然治癒しますが、気になる場合は迷わず眼科医に相談してください。専門医に相談すれば、薬用軟膏など麦粒腫に効果の高い治療法を提案してくれるかもしれません。

しかし、状態が悪化したり視力に影響が出てきた場合、あるいは1週間以上しても一向に良くならない場合は、眼科医の診療を受けて治療してもらいましょう。場合によっては、病院で眼科医による外科手術と処方薬の投薬が必要になる場合もあります。

次を読む: 麦粒腫の解消法

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

アイドクターを探す