ホームページ眼の状態に関するページデジタル眼精疲労

コンピュータービジョン症候群:症状と対応

European Eye Fatigue Report 2016によると、ミレニアルの約80%が、パソコン、スマートフォン、その他のデジタルデバイスを使用しているときに、ドライアイ、 眼の炎症、かすみ目、目の疲れ、頭痛などのデジタルデバイスによる眼精疲労の症状を経験しています。

また、疲れ目やその他のコンピュータービジョン症候群(CVS)の症状は、 成人だけに発生するわけではありません。何百万人もの子供たちが、自宅でも学校でも、毎日パソコンで作業をしています。コンピュータを長時間使用すると、 子供の目にストレスがかかり、正常な視力の発達に影響を及ぼす可能性があります。

コンピュータービジョン症候群にはどのような症状がありますか?

あなたやお子さんが1日2時間以上パソコンの画面に向かっている場合、ある程度はコンピュータービジョン症候群を経験する可能性があります。CVSの症状には次のものがあります:

コンピュータービジョン症候群の原因は何でしょうか?

パソコンによる疲れ目とコンピュータービジョン症候群は、私たちの目と脳がパソコン画面上の文字に対して印刷された文字とは異なる反応をすることによって引き起こされます。私たちの目は、エッジがはっきりとした濃い黒色の文字の印刷物であれば、焦点を合わせるのにほとんど問題ありません。しかし、パソコン画面上の文字の場合は、コントラストと鮮明度が同じではありません。

パソコン画面上の単語や画像は、中心が最も明るく、端に向かって明るさが低下する小さな光の点(ピクセル)の組み合わせによって作成されています。これによって、目の焦点を合わせたまま維持することが困難になります。代わりに、私たちの目は、"調節の休息点"またはRPAと呼ばれる焦点レベル低下へのドリフトを求めるようになるのです。

目が無意識にRPAに移動すると、画面に再び焦点を合わせるたびに緊張します。このように目の焦点を合わせる筋肉が継続的に屈曲することで、パソコンの使用中および使用後に倦怠感と疲れ目が生じることがよくあります。

それに対して何ができますか?

パソコンによる疲れ目とコンピュータービジョン症候群のリスクを減らすには、 コンピューター視覚を専門とする眼科医を受診してください。

適切なコンピューター眼鏡を使用すると、目の疲れを防ぐことができます。

コンピューター視覚検査中、眼科医は CVSの要因と考えられる視覚障害を検出するための検査を行います。検査の結果に応じて、パソコンで快適に作業できるように アイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者、コンタクトレンズ事業従事者、眼科眼鏡機器事業従事者など)がパソコン用メガネを処方する場合があります。

最近の研究では、パソコン用メガネによりパソコン使用時の快適性の向上に加えて、パソコン作業者の生産性を向上させ、眼鏡を提供する雇用者のコストを削減できることが示されています。

反射防止スクリーンでCVSを予防できますか?

パソコン画面用のアンチグレアフィルターで、快適さがいくらか向上するかもしれませんが、コンピューター視覚の問題がすべて解決できるわけではありません。これらのフィルターは、パソコン画面の反射によるまぶしさを軽減するだけであり、パソコン作業中の絶え間ない目の焦点再調整に関連する視覚的な問題は軽減されません。

パソコン関連の眼精疲労を効果的に軽減するには、パソコンアイウェアで目が快適に画面に焦点を合わせられるようにする必要があるでしょう。また、反射防止コートも コンピュータ用眼鏡として強くお勧めします。反射防止(AR)コートは、まぶしさを引き起こし画面上の画像に焦点を合わせる能力を妨げる眼鏡レンズの前面と背面の反射を低減します。

パソコン用メガネで画面が鮮明になりますか?

はい、パソコン用メガネにより、画面を見ているときに絶え間なく目の焦点を再調整しなくてもよくなるからです。

また、パソコン用メガネを正しく処方することで、生産性と精度が向上することが臨床試験で示されています。

パソコン用メガネは保護眼鏡のような外観をしていますか?

いいえ、ほぼすべてのスタイルのフレームはパソコン用メガネに使用できます。

コンピュータ用眼鏡にはどのような種類のレンズが処方されますか?

コンピュータ用眼鏡に最適なレンズの種類は通常は、年齢によって異なります。40代以上の場合、老眼がある程度進行している可能性があります。その場合は、単焦点レンズよりも累進多焦点レンズの方が 焦点深度が優れているため、 通常は最善の選択になります。これにより、コンピュータの画面がはっきりと見え、画面よりも近くにある物や遠くにある物も見ることができます。

単焦点レンズもパソコン用メガネに適した解決策ですが、老眼の場合、このレンズを使用すると焦点深度がさらに制限されます。アイケア・プロ の援助を得て、累進多焦点レンズと単焦点レンズのどちらが作業環境と視覚的ニーズに最適な解決策かを判断しましょう。

コンピュータ用レンズのカラーはどうですか?

明るいオフィスで作業する場合は、パソコン用メガネのレンズに穏やかなカラーを加えることをお勧めします。

薄い色のレンズは、目に入る光の量をより快適なレベルに減らして、疲れ目を軽減するのに役立ちます。

ただし、カラーだけでは、パソコンによる疲れ目の根本的な原因である焦点性疲労には対処できないことに注意してください。

すべてのパソコンユーザーにパソコン用メガネが必要ですか?

大半のパソコンユーザーがパソコン作業で目に一定の不快感があることを示唆する研究により、毎日2時間以上パソコンで作業する人の大半がパソコン用メガネの恩恵を受けると言えるでしょう。

パソコン作業中に疲れ目、全体的な倦怠感、または不快感がある場合は、 コンピューター視覚検査を受けるようにしてください。アイケア・プロ の援助を得て、コンピュータ用眼鏡があなたに適しているかどうかを判断することができます。

私の老眼鏡はパソコン作業に有効ですか?

老眼鏡は 通常、パソコン作業用に最適な解決策ではありません。

眼鏡 が読書用に処方されたものであれば、通常、目から36〜41センチメートルの距離で視力が最適化され、これが標準の読書距離と見なされます。ただし、最高の快適さを得るには、パソコンの画面を目から51〜61センチメートルの距離に設置する必要があります。この距離で最高の視力を得るには、通常は別の眼鏡処方が 必要となります。

コンピュータービジョン症候群は労働生産性に影響を与えますか?

はい、調査によると、それは真実です。パソコン作業者の視力矯正が少しでもずれていれば、パソコンの生産性と精度が低下する可能性があります。

そして、日がたつにつれて、これらの損失は増加します。目を使って1日に何時間もパソコンを見るのは、 眼の筋肉に何時間も腕立て伏せを強いるようなものです。時間の経過とともに、 筋肉の疲労は生産性、精度、快適さに大きく影響します。コンピュータ用眼鏡によって、眼の疲れを軽減し、生産性を向上させることができます。

人間工学はパソコンによる疲れ目の解決策になりませんか?

人間工学は重要です。正しい姿勢をとるためにコンピュータワークステーションを変更することは、CVSのいくつかの身体的症状を最小限に抑えるために確実に役立ちます。しかし、人間工学だけでは視覚的な問題を解決することはできません。処方されたパソコン用メガネをかけることは、パソコンによる疲れ目のリスクを減らすには、一般的に人間工学よりも役立ちます。

パソコン用メガネをかけると目が悪くなりますか?

いいえ、実際にはパソコンで作業するときに特別に処方されたパソコン用メガネを装用すると、目に過度に焦点を合わせる必要がなくなり、目が悪くなるのを防ぐことができます。これは特に焦点性疲労により進行性近視になりやすいティーンエイジャーの目に当てはまります。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから