ホーム 状態 屈折異常

乱視とは何でしょうか? 矯正とは?

  1. 原因
  2. 種類
  3. 矯正オプション
目の疲れの男

乱視とは何でしょうか?

乱視は、角膜形状の不規則性によって引き起こされる一種の屈折異常です。この状態では、目は網膜に1点に光を集中させることができないため、視力がぼやけたり歪んだりします。それは出生時から存在する可能性があり、年齢とともに徐々に発生する可能性もあります。

乱視は通常、近視 または 遠視 とともに発生する可能性のある一般的な目の状態であり、簡単な目の検査で容易に診断できます。

乱視は 屈折異常であり、 眼疾患や目の健康上の問題ではありません。

乱視は、光に対する目の焦点の合わせ方の問題です。

乱視の症状

乱視があると通常、どの距離でも ある程度ぼやけたり歪んで見えたりします。症状としては、疲れ目、頭痛、斜視、目の刺激があります。

乱視の原因は何でしょうか?

乱視は通常、角膜の形状が不規則なために発生します。角膜は(サッカーボールのように)対称的な球体ではなく、卵(またはラグビーボール)のような形をしており、1本の経線はそれに垂直な経線よりもかなり湾曲しています。

(経線とは、目の前部を時計の文字盤のようなものと考えたときに、12と6を結ぶ線は1本の経線であり、3と9を結ぶ線は別の経線です。)

乱視の目で最も曲率が強い経線と、最も曲率が弱い経線は、主経線と呼ばれます。

症例によっては、 水晶体の歪みが乱視の原因となります。これは、より一般的な角膜乱視と区別するために、水晶体性乱視と呼ばれます。

学校で未矯正乱視による視覚障害を避けるために、子供のために目の検査を計画することが重要です。

3種類の乱視

乱視には主に3つの種類があります。

  • 近視性乱視

     目の主経線の一方または両方が近視です。(両方の経線が近視の場合、その近視の程度は異なります。)

  • 遠視性乱視。

     目の主経線の一方または両方が遠視です。(両方の経線が遠視の場合、その遠視の程度は異なります。)

  • 混合乱視

     1本の主経線は近視で、もう1本は遠視です。

乱視は正乱視または不正乱視に分類されることもあります。正乱視では、主経線は90度離れています(互いに垂直)。不正乱視では、主経線は垂直ではありません。

大半の乱視は通常の角膜乱視で、目の前面の形状が楕円形になります。

不正乱視の原因には、 特定の種類の眼科手術により 角膜に瘢痕を生じる目の損傷、または角膜が徐々に薄くなる疾患である円錐角膜があります。

乱視検査

乱視は、近視や遠視の測定で使用されるのと同じ機器と技術を使用した 通常の目の検査で検出されます。

アイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者、コンタクトレンズ事業従事者、眼科眼鏡機器事業従事者など)は、目の前に板付きレンズをあてがい、目に光を当てることで、乱視の量を推定できます。この検査は検影法と呼ばれます。

乱視矯正の選択肢

乱視は通常、眼鏡またはコンタクトレンズで矯正できます。

屈折矯正手術は、あまり一般的ではない乱視矯正選択肢の1つですが、レーザー手術で眼の形を変えるため、大半の手術のようなリスクを伴います。

乱視はできるだけ早く対応する必要があります。乱視は時間とともに変動して処方箋の変更が必要になることもあるため、診断されたら、アイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者、コンタクトレンズ事業従事者、眼科眼鏡機器事業従事者など)で定期的にみてもらう必要があります。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

アイドクターを探す