ホームページサングラスサングラスのタイプ偏光サングラス:グレア(反射光などのギラつき)軽減にベストのレンズ

偏光サングラス:グレア(反射光などのギラつき)軽減にベストのレンズ

偏光レンズでクリアされたシーン

偏光サングラスは、海や川辺などで過ごす時間が長い方の間で非常に人気がありますが、それには理由があります。偏光レンズはほかのサングラスレンズに比べ、水の表面からの光反射のグレア(反射光などのギラつき)をブロックする機能に優れているのです。

しかし、サングラスはセーリングや釣り、ビーチに行くのが好きな人達だけのものではありません。屋外のグレアに悩まされている人なら誰でも、この先進的なサングラスレンズが役立ちます。

偏光サングラスは車のボンネットや窓、明るい色の舗装など、平らな面からのグレアの原因とな光反射を軽減するため、運転にもぴったりです。

白内障手術を 受けた人など、 光に敏感な人も 偏光サングラスが 役立ちます。

偏光レンズの仕組みは?

太陽光はあらゆる方向に散乱します。しかし、それが平らな表面に当たると、表面で反射した光はより均一な(通常は水平な)方向に進むようになります。これがあの迷惑なギラつきを生み出し、可視性を低下させるのです。

偏光レンズには、このような強烈な光反射を遮断する特殊なフィルターが備わっており、グレア、不快感を軽減します。

偏光サングラスレンズは快適さと可視性を向上させますが、このレンズの使用が不適切な状況もいくつかあります。スキー(ダウンヒル)などが一つの例で、反射した光を見ることで凍結などの状態確認が必要な場合に適しません。

また、偏光レンズは、ATMなど、一部のデジタル画面に見られる液晶ディスプレイ(LCD)の画像の視認性を低下させます。

同じ理由で、スマートフォンの画面が見にくくなることもあります(使用する画面技術の種類によって異なります)。

船員やパイロットも、計器盤の液晶ディスプレイ(LCD)を見る時に同じような問題を経験する可能性があり、画面に表示された情報だけで一瞬の判断を下す場合には重大な問題となります。

このような例外ケースはあるものの、偏光サングラスは明るい日差しの中での疲れ目や不快感を軽減する大きなメリットがあります。

偏光サングラス:そのほかの検討事項

累進焦点レンズ付きの 偏光サングラスは 屋外で長時間過ごすことの多い40代以上の方に最適です。

また、偏光サングラスは 屋外で長時間を過ごす方に最適です。

また、偏光レンズは水面の光反射を軽減するため、湖や川、海の水面下の物体を視認する能力を大幅に向上させます(釣り、セーリング両方に大きなメリットがあります)。

偏光サングラスで最高の快適さとパフォーマンスを得るため、購入検討の際はレンズの裏側にも反射防止コート があるかも併せて眼鏡店に確認してみましょう。裏面に反射防止の効果があれば、サングラスの裏面からの光反射を防ぐことができます。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから