ホーム 状態 デジタルデバイスによる眼精疲労

パソコン用メガネ:パソコンによる眼の疲れを和らげる

眼鏡をかけている男コンピューター眼鏡

パソコンに向かって作業をしていると、その時間の長さにかかわらず、疲れ目やかすみ目、目の充血 などの症状が発生するのは普通のことです。これらの症状は コンピュータービジョン症候群 (CVS)と呼ばれます。これは、パソコン作業に必要となる視力が、その他の多くの活動に必要とされる視力とは異なるものだからです。

40歳以下の人の場合、パソコン作業による疲れ目やかすみ目は、画面に正確に目の焦点を合わせ続けることができないことや、キーボードからディスプレイ、ディスプレイからキーボードと、長時間にわたって焦点を変え続けることが難しいことが原因となっている可能性があります。こうしたピント合わせ(調節)の問題は、CVSと関連づけられることが多くなっています。

40歳以上の人の場合は、老眼 が原因となっている可能性があります。老眼は、通常の加齢に伴い、近くのものに焦点を合わせる能力が失われることです。これもまたCVSの症状の原因となります。

対処法は? まず、総合的な目の検査 を受けて、視覚障害の可能性を排除し、眼鏡の処方箋を新しいものに更新することです。『Optometry』誌に発表された研究では、 処方されたレンズにほんの少し不正確な部分があるだけでも、パソコン画面を見る際のトラブルの原因となる可能性がある、ということが示されています。

眼鏡を新調した人で(あるいはパソコン作業の際に眼鏡をかけていない人で)、それでもパソコン作業で目に不快感がある場合は、カスタマイズしたブルーライトカットのパソコン用メガネの購入を検討してください。これは、パソコン作業の際の疲れ目を軽減し、最も快適な視覚を確保するために特別に処方される、パソコン専用の眼鏡です。

なぜパソコン用メガネが必要なのか?

パソコン用メガネは、様々な点で、通常の メガネ老眼鏡とは 異なっています。パソコン画面を見るときの視力に合わせた眼鏡だからです。

パソコン画面は通常、ユーザーの目から50〜70センチメートルくらい離れた場所に置かれます。これは、人間の視覚にとってはちょうど中間的な距離になります。遠くの距離(車の運転などの際の焦点距離)よりは近く、しかし近くの距離(読書などの際の焦点距離)よりは遠い位置だからです。

処方箋の眼鏡を必要とする子供や若者は、通常、単焦点の処方レンズを使用しています。こうしたレンズは、使用者の 近視や, 遠視、 または 乱視を矯正するものであり、パソコンの画面を見たり、近いところにあるものを見たりするために必要な度数になるように、目の中の水晶体の形状が自動的に調節されます。

40歳を過ぎて加齢に伴う老眼によって手元を見る視力が弱ってくると、読書やスマートフォンの画面、パソコンの画面をクリアに、快適に見るためのピント合わせに影響が生じます。二重焦点レンズ は、遠くの距離も近くの距離も、どちらもクリアな視界を実現できますが、中間の距離の視力(パソコンの使用やスマートフォンの画面を見るために必要な視界)の問題の解決にはなりません。また、累進焦点レンズ や 三重焦点レンズは、中間的な視力をある程度はサポートできますが、パソコン作業を快適に実行できるほどの広い範囲の視界をカバーすることはできません。

パソコン用メガネは本当に有効?

パソコン用メガネなしでは、多くの人が かすみ目 や疲れ目、頭痛 など、コンピュータービジョン症候群の典型的な症状に悩まされることになります。さらに悪いことには、多くの人が、かすみ目の対処法として、前屈みになったり、頭を傾けて、眼鏡のレンズの下のほうを通して画面を見ようとしたりします。こうした動作は、首や肩、背中の痛みにつながるおそれがあります。

パソコン作業のために特別に設計された眼鏡は、「パソコン用老眼鏡」と呼ばれることもありますが、「パソコン用メガネ」という呼び名のほうが適切です。なぜなら、これは通常の老眼鏡とは異なるものだからです。

一般に、パソコン用メガネの拡大率は老眼鏡の60%程度です。しかし、最適な拡大率は、ユーザーがパソコン画面からどのくらい離れて作業するか、どのくらいの位置でデジタルデバイスを持つかによって変わってきます。

また、パソコン用メガネは、乱視矯正も正確に行えるものである必要があります。そして、ユーザーの好みの作業距離から画面を見たときに、レンズの光学的な中心がユーザーの目の瞳孔のぴったり正面にくる必要があるので、正確なフィッティングと装用状態の測定も必要になります。

こうしたことから、パソコン用メガネは、ユーザーのニーズに合わせてカスタマイズする必要があります。度の弱い、処方なしの老眼鏡をパソコンやデジタルデバイスでの作業に使用すると、正確な視力矯正が行われず、クリアで快適な視力が確保できない場合が多くなります。

パソコン用メガネは、パソコン画面をちょうどいい距離から、広い視野でクリアに見ることを可能にするために最適化したレンズを使用していますので、焦点を合わせるために過剰な力を使ったり、不自然な姿勢になったりすることを防ぐことができます。大学の研究者が発表した研究では、カスタマイズした パソコン用メガネは、作業者の生産性を大幅にアップさせることもできるということも明らかになっています。

パソコン用メガネのためのレンズ設計

特殊な用途のために設計されたレンズの多くが、パソコン用メガネにも適合します(主に仕事でパソコンを使う人であっても、ゲームに使う人であっても)。こうしたレンズは、パソコンでの作業に特化した処方なので、運転や一般的な用途には適していません。

パソコン用メガネの中でも最もシンプルなタイプのものは、ユーザーがパソコン画面を見る際に最も快適な視覚を確保できるようにするために度を調節した 単焦点レンズ です。こうしたレンズは、パソコン画面の距離に焦点を合わせるために必要となるピント合わせ作業を軽減し、最大視野を確保します。

単焦点のパソコン用メガネは、デジタルデバイスによる眼精疲労 やかすみ目、不自然な姿勢による首や背中の痛みのリスクを軽減します。また、若者でも高齢者でも、年齢にかかわらず使用できます。

次に一般的なパソコン用メガネのレンズは、中間~近く重視タイプの累進焦点レンズです。これは境目のない多焦点レンズで、近くの距離、中間距離、そしてある程度は遠くの距離の視力も矯正することができます。

中間~近く重視タイプの累進焦点レンズは、通常の累進焦点レンズよりも中間距離の範囲が広く、より快適にパソコン画面を見ることができます。しかし、遠距離の視力は狭い範囲しか矯正できないので、車の運転や、その他の遠くの距離を見る必要のある作業での使用にはオススメできません。

パソコン用メガネに使用されるレンズとしては、この他に、中間距離用二重焦点レンズや三重焦点レンズなどがあります。これらの境目のある多焦点レンズは、通常の二重焦点レンズや三重焦点レンズと比べて、中間距離と近くの距離の対応範囲が広くなっており、パソコン作業時のニーズに合わせて、中間距離と近くの距離の位置をカスタマイズすることができます。

自分のパソコン用メガネのニーズにはどのレンズが一番適合しているかは、メガネ店に 相談してください。

レンズのコートと着色

最も快適な視覚を確保するために、パソコン用メガネの レンズ には 反射防止コートを施す必要があります。反射防止(AR)コートは、まぶしさ防止コートとも呼ばれることもありますが、レンズの前面および後面の光の反射をなくすことで、疲れ目の原因を取り除きます。

また、調光レンズ を使用しているパソコン用メガネの場合は、パソコン画面やデジタルデバイスから放射される有害な高エネルギー可視光線、すなわち ブルーライト から目を防護することができます。また、屋外では自動的にレンズの色が濃くなります。

アイケア・プロ(眼科関係・メガネ/コンタクトレンズ販売店など)からは、パソコン用メガネのレンズに薄く着色することをすすめられる場合があります。これにより、頭上からの照明の強い光によるまぶしさを抑え、コントラストを高めることができます。

反射防止コートやレンズカラーを パソコン用メガネ に施すことについては、アイケア・プロ(眼科関係・メガネ/コンタクトレンズ販売店など)にご相談ください。

パソコン用メガネはどこで購入すべきか

市販の老眼鏡をパソコン用のメガネとして流用したくなる気持ちもわかりますが、それは避けましょう。

なぜなら、パソコン用メガネのメリットをフルに活用するためには、正確な処方を受けることが必要不可欠だからです。ですから、専門知識のあるアイケア・プロ(眼科関係、眼鏡授業従事者・コンタクトレンズ事業従事者など)に依頼するのがベストです。

目の検査の予約を入れる前に、自分がパソコン作業をする際の画面までの距離を測定しておきましょう。目からパソコン画面までの距離を測定します。

目の検査の際にその数字を伝えれば、パソコン用メガネを作成する際に最適なレンズの度を決定するために利用することができます。また、顔にぴったりフィットした 眼鏡をつくるうえでも役立ちます。

さらに、ここで紹介されている コンピューター人間工学 に関するヒントを読めば、パソコンデスクの工夫で作業の快適性を最大限に高めることができます。

ジーナ・ホワイト と ジェームズ・E・シーディ(検眼医)もこの記事に協力しています。

ご存知でしたか? パソコン用メガネは パソコンによる疲れ目を軽減する方法のひとつにすぎないということを. 

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

アイドクターを探す