ホーム 状態 目の状態 A-Z

赤目の19の原因と対応

  1. 症状
  2. 原因
  3. 対応法
赤目の状態の女性のクローズアップ

赤目とは何でしょうか?

赤目(赤目)は、白目(強膜)が赤くなったり、"充血"した状態です。

赤目の外観は大きく異なります。強膜にいくつかの波状のピンク色または赤色の線があるように見えたり、強膜全体が乱反射してピンク色または赤色に見えたりする場合があります。

赤目は片目にも両目にも発生する場合があり、次のようないくつかの症状に関連している可能性があります。

場合によっては、目の充血には赤み以外の症状がないことがあります。

非常によく見られる赤目や目の充血には、多くの原因があります。赤目は 通常、その他の目の状態の症状で、良性のものから深刻なものまでさまざまです 。

赤目の原因は何でしょうか?

赤目の発症は、強膜とその上にある透明な目の結膜の間にある毛細血管の拡張によって引き起こされます。これらの毛細血管(その多くは通常は見えません)は、環境やライフスタイルに関連する理由、または特定の目の問題によって腫れることがあります。

赤目は通常、アレルギー、眼精疲労、コンタクトレンズの過度の装用、または結膜炎などのよく見られる目の感染症によって引き起こされます。ただし、目の赤みは、ぶどう膜炎や緑内障のような深刻な目の状態や病気を示す場合があります。

Expandable

目の表面の血管が拡張すると、赤目が発生します。

赤く充血した目の環境要因には以下のものがあります:

  • 空中浮遊アレルゲン(目のアレルギーの原因)

  • 大気汚染

  • 煙(火災関連、受動喫煙など)

  • 乾燥した空気(乾燥した気候、飛行機の客室、オフィスビルなど)

  • ほこり

  • 空気中の煙(ガソリン、溶剤など)

  • 化学物質への曝露(プール内の塩素など)

  • 日光への過度の曝露(UV遮断サングラスなし)

赤目を引き起こす一般的な目の状態は以下のとおりです:

赤目を引き起こす可能性のある深刻な目の状態は次のとおりです:

ライフスタイルの要因も赤目リスクに寄与する可能性があります。たとえば、喫煙(タバコもしくはマリファナ)は、大量のアルコール消費と同様に、間違いなく赤目の原因となります。他にもデジタルデバイスの持続的使用や不十分な睡眠は、ライフスタイルに関連した赤目の原因となります。

赤目を取り除く方法

赤目には非常に多くの原因があるため(深刻ですぐに注意が必要なものも含む)、目が赤く充血している場合、特に赤みが突然現れて不快感やかすみ目に関連している場合は、すぐに眼科医を受診する必要があります。

現在アイケア・プロをご存知ない場合は、ここをクリックしてお近くの眼科医 を見つけてください

また、"赤目除去剤"の点眼薬を使用する前に、眼科医を受診してください。これらの点眼薬には、血管を収縮させる血管収縮薬と呼ばれる薬が含まれている場合があります。強膜の血管を収縮させると眼が白くなりますが、一定期間に赤目除去剤を頻繁に使用すると、赤目が再発しないように、より頻繁に使用しなければならなくなる場合があります。また、点眼薬の使用をやめると、より重度の赤目が発生する可能性があります。

赤目を取り除くための最良かつ最も安全な方法については、眼科医を受診して、目の充血の原因を特定したうえで、最も効果的な治療を受けてください。

赤目の問題について眼科医の診察を受けるまで、コンタクトレンズを外し(使用している場合)、代わりにメガネを装用してください。そして、診察時にはコンタクトレンズが赤目の原因かどうか眼科医が評価できるように、コンタクトレンズを持参してください。

また、眼科医を受診するまで、防腐剤を含まない潤滑点眼薬で頻繁に目を湿らせた方が良い場合があります。

次を読む良く見られる眼疾患の症状

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

アイドクターを探す