ホームページ眼の状態に関するページ眼の状態

かすみ目とは? 原因と対応

かすみ目とは、視力が衰え、物体の焦点がぼけてかすんで見えることです。

かすみ目の主な原因は、屈折異常 (近視、遠視、乱視)と 老眼です。しかし、かすみ目から、視力を脅かす可能性のある眼疾患や神経障害など、より深刻な症状になる可能性もあります。

かすみ目は両目に発症する可能性がありますが、片方の目だけに発症する人もいます。

見え方が不明瞭になり、"乳白色"に見える視界の曇りは、かすみ目と非常によく似ています。視界の曇りは通常、白内障など特定疾患の症状です。

かすみ目と視界の曇りはどちらも、特に突然発生した場合、深刻な眼疾患の症状になる可能性があります。

かすみ目があるかどうか、およびその原因を特定するには、眼科で 総合的な目の検査を受けてください。

目の検査が必要ですか? お近くのアイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者、コンタクトレンズ事業従事者、眼科眼鏡機器事業従事者など) を探して 予約を入れてください。

かすみ目:原因と対応

近視: 近視 (近視)の 症状には、斜視、疲れ目、頭痛、片目または両目のかすみ目などがあります。近視は最もよく見られる屈折異常であり、遠くの物体がぼやけて見える原因になります。

眼鏡、コンタクトレンズ、レーシック および PRKなどの 屈折矯正手術は、近視を矯正するための最も一般的な方法です。

遠視: 遠視 遠視があると 遠くの物体ははっきり見えますが、目の前の物体に適切に焦点を合わせることができません。あるいはそうすることで異常な疲れ目と疲労を引き起こします。重度の遠視の場合、遠くの物体でさえぼやけて見えることがあります。

近視と同様に、遠視は眼鏡、コンタクトレンズ または目の屈折手術で矯正することができます。

乱視: どの距離もぼやけて見える場合は、乱視の症状であることが多いです。屈折異常の一種である乱視は、通常、角膜形状が球面ではないことが原因です。

乱視があると、物体が目からどれだけ離れていても、光線が網膜上の1点に焦点を合わせクリアな視界を生み出すことができません。

乱視は、近視や遠視と同様に、眼鏡、コンタクトレンズ、または目の屈折手術で矯正することができます。

老眼: 40歳以上で、かすみ目になりかけていると気づき始めている場合(たとえば、テキストメッセージ、レストランのメニュー、食品ラベル、その他の印刷物の小さな文字を読んでいるとき)、老眼が始まっている可能性があります。これは通常の加齢による視力障害です。

老眼の症状は遠視によって引き起こされる症状(近方視力のぼやけ、読書の際の疲れ目)と同じですが、老眼では加齢により目の中の水晶体が硬化して、近くの物体に焦点を合わせる能力が失われていきます。

老眼の一般的な治療法には 累進焦点レンズ、, 累進焦点コンタクトレンズ、二重焦点レンズや 老眼鏡が含まれます。老眼手術の選択肢としては、角膜インレー、プレスビー・レーシック、 伝導性角膜形成術などがあります。

屈折異常や老眼を矯正するための眼鏡は、反射防止コート および 調光レンズでよりクリアにより快適に視界を向上させることができます。詳細については、アイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者、コンタクトレンズ事業従事者、眼科眼鏡機器事業従事者など)にお問い合わせください。

慢性ドライアイ: ドライアイ症候群 は、可変的なかすみ目を引き起こすなど、さまざまな方法で目に影響を与える可能性があります。人工涙液(潤滑点眼薬)が役立つ場合もありますが、ドライアイが進行した症例では、目を快適で健康に保ち、よく見えるようにするために処方薬または涙点プラグが必要になる場合があります。

妊娠: かすみ目は妊娠中によく見られ、複視 を伴うこともあります。ホルモンの変化によって角膜の形と厚さが変化して、視力をぼやけさせる可能性があります。ドライアイも妊娠中の女性にもよく見られ、かすみ目の原因となることがあります。

妊娠中に視力障害がある場合は、必ず眼科の診察を受ける必要があります。かすみ目は必ずしも深刻ではありませんが、妊娠糖尿病や高血圧の指標となる場合もあります。

眼性片頭痛または片頭痛: 一般的に無害で一時的ですが、かすみ目、光のちらつき、光輪やジグザグした模様が見えたりするのはすべて、眼性片頭痛 または片頭痛の発症前によく見られる症状です。

飛蚊症: 一時的なシミや浮遊物が視野内を 浮遊することで 視界がぼやけることがあります。飛蚊症は通常、目のゲル状の硝子体が加齢とともに液化し始め、硝子体内の組織の微細な断片が眼内で自由に浮遊し、網膜に影を落とすときに現れます。

飛蚊症が急に見えた場合、これは網膜裂孔または 網膜剥離 を示す可能性がありえるため、すぐに眼科の診察を受ける必要があります。

レーシック後のかすみ目: レーシックやその他の屈折手術の直後は、視力がぼやけたりかすんだりすることがあります。通常、視力の明瞭さは数日以内に改善されますが、視力が完全に安定するまでにはさらに時間がかかる場合があります。

点眼薬と薬剤: 特定の点眼薬、特に防腐剤を含む点眼薬は、刺激やかすみ目を引き起こす可能性があります。

また、アレルギー薬など一部の薬は、副作用によりドライアイやかすみ目を引き起こす可能性があります。総合的な目の検査中には、眼科から、どの薬剤がかすみ目の原因になるかどうかについて助言を得ることができます。

コンタクトレンズの過度の装用: 使い捨てコンタクトレンズ (または実際はあらゆるタイプのコンタクトレンズ)を 眼科の処方よりも長く装用すると、涙膜のタンパク質やその他の破片がレンズに蓄積する原因になります。これはかすみ目を引き起こし、眼の感染症のリスクを高める可能性があります。

かすみ目は深刻な眼疾患の症状である可能性があります。

60歳を超える人の片目が突然かすみ目になった場合、網膜の中心に黄斑円孔ができている可能性があります。

突然のかすみ目は、網膜剥離、目ヘルペス、または視神経炎(視神経の炎症)の症状の可能性もあります。

以下のような特定の目の状態や疾患は、視力が完全に失われる可能性があるため、突然のかすみ目が発生した場合は、診断と治療のために眼科の診察を受けることが重要です。

白内障 かすみ目や視界の曇り、および夜間のライトの周りのまぶしさや光輪などの視力の変化があれば、白内障の症状である可能性があります。白内障を治療せずに放置すると、最終的には悪化して視力を妨げ失明に至る可能性があります。しかし、白内障は人工水晶体に置き換える 白内障手術で 失われた視力を回復することができます。

緑内障: 緑内障の症状には、かすみ目または"視野狭窄" があります。治療を行わないと視野が失われ続け、完全失明に至る可能性があります。

加齢黄斑変性: 症状として、かすみ目や視野の歪みにより、直線が波打ったり切れて見えたりする場合があります。加齢黄斑変性 (ARMD)は、高齢者の失明の主な原因となります。

糖尿病網膜症: 糖尿病患者に原因不明のかすみ目がある場合、糖尿病性網膜症の発症が原因である可能性があります。糖尿病性網膜症 は、目の網膜を損傷して視力を脅かす病気です。

心血管疾患およびその他の全身性疾患: かすみ目は、しばしば複視と関連して、健康上の緊急事態となる脳卒中や脳出血などの根本的な症状である可能性があります。また、多発性硬化症の初期の兆候である可能性もあります。突然のかすみ目または複視が現れた場合は、すぐに眼科の診察を受けてください。

軽度のかすみ目が現れては消える場合、これは単に倦怠感、疲れ目、または日光への過度の露出を意味する可能性があります。

ただし、ぼやけ、複視、視野狭窄、死角、光輪、視力の低下などの突然または継続的な視力の変化は、深刻な眼疾患またはその他の健康問題の兆候の可能性があります。

目がかすみますか? お近くのアイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者、コンタクトレンズ事業従事者、眼科眼鏡機器事業従事者など)を探して、 かすみ目の原因と最善の治療法を見つけてください。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから