ホーム 状態 目の状態 A-Z

眼性片頭痛:原因と対応

眼の片頭痛によって引き起こされる視覚障害

眼性片頭痛は、片目の一時的な視力喪失または一時的な失明を特徴とするまれな状態です。眼性片頭痛は、網膜または目の後ろの血流の減少または血管の痙攣によって引き起こされます。

眼性片頭痛では、罹患した目の視力は通常、1時間以内に正常に戻ります。眼性片頭痛は、無痛の場合もあれば、片頭痛と一緒に(またはそれに続いて)発症する場合もあります。

残念ながら、"眼性片頭痛"という用語は、視覚的片頭痛または片頭痛前兆と呼ばれる、はるかに一般的な(そして無害な)状態を表すためによく使用されます。一時的な視覚 障害は、通常30分以内に消退します。

眼性片頭痛とは異なり、視覚的片頭痛は通常、両目に影響を及ぼします。

それでは、眼性片頭痛と視覚的片頭痛を詳しく見てみましょう。

眼性片頭痛および視覚的片頭痛の症状

眼性片頭痛の症状には 通常、片目の中心視野に影響を与える小さな暗点が含まれます。この暗点が大きくなり、影響を受けた目では安全運転や読書ができなくなります。

場合によっては、片目の視野全体が影響を受けることがあります。通常、この症状が続くのは1時間未満です。

視覚的片頭痛の症状には 次のようなさまざまなものがあります:

Expandable

  1. 視野の中央または中央近くに点滅する暗点

  2. 中央の暗点周囲の波状またはジグザグのリング状の色付きの光

  3. 視野をゆっくりと移動する暗点

視覚的片頭痛の症状は通常、両目に影響を及ぼしながら30分以内に続きます。片頭痛は、視覚的な片頭痛の症状が治まった直後に発生するか、頭痛が発生しない場合があります。

暗点やその他の視覚障害が発生していて、それが眼性片頭痛なのか視覚的片頭痛なのか分からない場合は、一度に片目を覆ってみてください。片目だけで視覚障害が発生している場合は、眼性片頭痛の可能性があります。両目に影響がある場合は、おそらく視覚的片頭痛です。

しかし早まってはいけません。視野に突然暗点が生じた場合は、 すぐに眼科医に連絡するか相談して、 それが無害なものか、それとも網膜剥離など深刻なものの兆候か判断してもらいましょう。

眼性片頭痛と視覚的片頭痛の原因は何でしょうか?

眼性片頭痛の原因は片頭痛と同じと考えられています。

片頭痛には遺伝的根拠があり、一部の研究によると、この障害に苦しむ人々の最大70%に片頭痛の家族歴があります。

世界保健機関によると、片頭痛は、脳の深部のメカニズムの活性化によって、頭と脳の神経と血管の周りに炎症性物質が放出されることにより引き起こされるようです。

画像研究により、眼性片頭痛および片頭痛前兆が発生している間に脳の血流に変化があることが明らかになりました。しかし、なぜこのようなことが起こるのか、また何によって眼性片頭痛と視覚的片頭痛が自然に治まるのかについては不明のままです。

片頭痛発作を引き起こす可能性のある"引き金"(眼性片頭痛および視覚的片頭痛を含む)としてよく見られるものには、熟成チーズ、カフェイン入り飲料、赤ワイン、燻製肉、チョコレートなどの特定の食品が含まれます。

グルタミン酸ナトリウム(MSG)などの食品添加物や人工甘味料も、人によっては片頭痛を引き起こす可能性があります。

その他の潜在的な片頭痛の引き金には、タバコの煙、香水、その他の強い臭い、まぶしい光やちらつきのある光、睡眠不足、感情的なストレスなどがあります。

治療と予防

すでに述べたように、眼性片頭痛および視覚的片頭痛によって引き起こされる視覚障害は、通常、治療なしで1時間以内に消退します。

運転などの明確な視界を必要とする作業を実行中に、眼性片頭痛または視覚的片頭痛が発生した場合は、作業を中止して視力が正常に戻るまでリラックスしてください。(運転中の場合は、道路の脇に駐車して視力障害が完全になくなるのを待ちます。)

片頭痛を伴う視覚障害を経験した場合は、かかりつけの医師または神経内科医を受診して片頭痛症状の評価を受けてください。

将来の発作を防ぐための薬を含む最新の片頭痛治療薬について、医師より助言を受けることができます。

また、眼性片頭痛または片頭痛前兆が発生する前の食事と活動を記録しながら、引き金を特定して将来回避できるかどうかを確認してみても良いでしょう。

眼性片頭痛または片頭痛前兆(視覚的片頭痛)がストレスに関連しているように見える場合は、次の方法で薬を使わずに片頭痛発作の頻度を減らすことができるかもしれません:

  • 健康的な食事を定期的にとる

  • よく見られる片頭痛の引き金を避ける

  • 十分に睡眠をとる

  • ヨガやマッサージなどのストレス解消法を試す

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

アイドクターを探す