ホーム 状態 目の状態 A-Z

目のアレルギー:目のかゆみと涙目の解消法

たんぽぽワイルドフラワー

目のアレルギー(季節性アレルギーによるくしゃみや鼻水を引き起こすアレルゲンに起因する、目のかゆみや充血した涙目)は非常に一般的です。

くしゃみや鼻づまり、鼻水などの症状に加え、アレルギー患者の多くは、目のかゆみや涙目、目の充血 や まぶたの腫れなどの症状がでます。

また、結膜炎(はやり目)などの目の感染症でも、目のアレルギーが原因の一つであるケースもあります。

目のアレルギーについて知っておくべきことをいくつかご紹介します。目の充血やかゆみ、涙目を緩和するための役立つヒントが含まれています。

目のアレルギーの原因

Expandable

赤く、かゆみを伴う涙目は、アレルギーの特徴的な兆候と症状です。

アレルゲンは通常は無害な物質ですが、アレルギー反応を起こしやすい人には悪さをします。目のアレルギーを引き起こす最もよく見られる空中浮遊アレルゲンは、花粉、カビ、ほこり、ペットの皮屑です。

このほかに、防腐剤を含むドライアイの治療用の人工涙液など、特定の化粧品や 目薬への反応によって引き起こされることもあります。

食物アレルギーやハチ刺されやその他の虫刺されに対するアレルギー反応には、通常は空中浮遊アレルゲンほど重度の影響はありません。

目のアレルギーの緩和

目のアレルギーやかゆみを伴う涙目を緩和するには、次のような方法があります:

アレルゲンを避ける

目のアレルギー症状をコントロールするための最善の方法は、アレルギー反応を引き起こすことが分かっている一般的アレルゲンへの露出をできる限り制限することです。

例えば、花粉が多い日は、エアコンを作動させて空気をろ過しながら、できるだけ屋内で過ごします。一般的なアレルゲンを捕捉できる高品質なファーネスフィルターを使用して、フィルターを頻繁に交換してください。

アレルギーの季節に屋外に出かけるときはゴーグルタイプのような サングラスを装用して 花粉やブタクサなどから眼を保護し、窓を閉めて運転してください。

コンタクトレンズは表面に空気中のアレルゲンを引き付けて蓄積する可能性があるため外す

アレルギーの季節中は コンタクトレンズの代わりに 眼鏡をかけることを検討してください。あるいは、レンズに アレルゲンやその他の破片が溜まらないように、 毎日使用後に廃棄するか使い捨てのコンタクトレンズに切り替えることを検討してください。

目のアレルギーがある場合の最善の方法は、少なくともすべてのアレルギー症状がなくなるまではコンタクトレンズの装用を完全に中止することです。このほかに、調光レンズ付きの メガネの使用も アレルギーに関連した光に対する感度を低下し、空中浮遊アレルゲンから眼を保護するのに役立ちます。

点眼薬の使用

目のアレルギーは非常に多いため、アレルギーによるかゆみ、赤み、涙目を緩和するための点眼薬が多く市販されており、処方箋を必要としません。

目のアレルギー症状が比較的軽度の場合、アレルギー緩和のための処方箋を必要としない市販の点眼薬は有効性が高く、処方点眼薬やその他の薬剤よりも安価な場合があります。どのメーカーを試すべきかは 眼科医にお尋ねください。

処方薬について眼科医に尋ねる

アレルギー症状が比較的重度の場合、または市販の点眼薬に緩和効果がない場合は、眼科医に強い薬剤を処方してもらう必要があります。

目のアレルギー症状緩和のために使用される処方点眼薬と経口薬には以下のものがあります:

抗ヒスタミン薬

体の自然なアレルギー反応の一部に、血管を拡張し血管壁の透過性を異常に亢進する物質であるヒスタミンの放出があります。

ヒスタミンによって引き起こされる症状には、鼻水やかゆみ、涙目などがあります。抗ヒスタミン薬は、アレルギー反応の原因となるヒスタミンの体内細胞への付着をブロックすることにより、アレルギー反応を軽減します。

充血除去薬

充血除去薬は、腫れた鼻腔を収縮させ呼吸を楽にします。また、白目(強膜)の血管を小さくして目の充血を 解消します。抗ヒスタミン薬と充血除去薬の両方を含む併用薬が利用可能です。

肥満細胞安定剤

これらの薬剤は、目やまぶたの結膜など体全体の組織にあるヒスタミン含有細胞に変化を引き起こし、ヒスタミンや関連するアレルギー反応のメディエーターの放出を防ぎます。

肥満細胞安定剤の効果が完全に発揮されるまでには数週間かかる場合があるため、(既存の急性アレルギー症状の治療法ではなく)将来のアレルギー反応の予防もしくは重症度を軽減する方法として、これらの薬剤をアレルギーシーズンが始まる前に使用しはじめることが最適です。

非ステロイド性抗炎症薬

NSAIDsとも呼ばれるこれらの点眼薬は、季節性アレルギー性結膜炎(花粉症とも呼ばれる)に伴う腫れや炎症などの症状の抑制に処方することも可能です。

ステロイド

コルチコステロイド点眼薬は、急性の目のアレルギー症状を緩和するために処方されることがあります。しかし、これらの薬剤を長期使用した場合の潜在的な副作用には高眼圧や 緑内障、 および 白内障などがあるため、通常は短期使用にのみ処方されます。

免疫療法について問い合わせる

上記いずれも効果がない場合は、免疫療法について医師に相談してください。これは、アレルギー専門医が少量のアレルゲンを注射して、免疫力を徐々に高めることによってアレルギー反応を減らすのに役立つ治療法です。


目のアレルギーのセルフテスト

このクイズに答えて、目のアレルギーがあるかどうかを確認してください。目に 問題があると思われる場合は 必ず最寄りの眼科医に相談してください。

  • 家族にアレルギーのある人はいますか?

  • 特に、春先の花粉の季節に目が痒くなりますか?

  • 結膜炎の診断を受けたことはありますか?

  • 猫など特定の動物にアレルギーはありませんか?

  • くしゃみ、咳、鼻づまりを抑えるために、抗ヒスタミン薬や充血除去剤が必要になることはよくありますか?

  • 花粉の季節、室内でエアコンの下にいると目が赤くなったり痒くなったりすることはありませんか?

  • 特定の化粧品やローションを使用したり、特定の強い香水を嗅ぐと涙目になりますか?

これらの質問への回答のほとんどが「はい」の場合、目のアレルギーかもしれません。眼科医に相談して、最善の対応策を提案してもらいましょう。


目のアレルギーとコンタクトレンズ

コンタクトレンズの不快感はアレルギーシーズン中よく耳にし、一部の装用者はコンタクトレンズに対するアレルギーを疑う場合もあります。

コンタクトレンズに対するアレルギーは、人が標準的なソフト(ハイドロゲル)コンタクトレンズの装用に成功した後シリコーンハイドロゲルコンタクトレンズを装用し始めた頃、アレルギーのような症状が時として出ることがあります。

研究によると、コンタクトレンズの摩耗に関連する目のアレルギーの原因は、コンタクトレンズ自体に対するアレルギー反応ではなく、レンズ表面に蓄積する物質に対するアレルギー反応であることが示されています。

通常のソフトコンタクトレンズからシリコーンハイドロゲルレンズに切り替えると、レンズ材質の表面および化学的特性によって、以前のレンズ材質よりもレンズ堆積物を引き付けやすくなり、不快感の原因となります。

眼科医の多くは、目のアレルギーを起こしやすい人に最適なタイプのソフトコンタクトレンズは、1回の使用後に廃棄される デイリーの使い捨てコンタクトレンズであると考えています。そうすればレンズにアレルゲンやそのほかの破片が溜まらないようになります。

シリコーンハイドロゲルは、従来のソフトコンタクトレンズ材質と比較してレンズを通す酸素が大幅に多くなるため、これらのレンズに適したレンズ材質になることが多いのです。

次を読む目の下のたるみの解消法

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

アイドクターを探す