ホーム 状態 目の状態 A-Z

白内障:種類、症状、治療

白内障点眼薬を塗っている看護師

白内障とは、目の中のレンズである水晶体が曇る現象です。この症状は40歳以上の人の視力低下の原因の中でも最も一般的なものであり、また全世界における失明の最も多い原因となっています。 白内障には以下のような種類があります:

  • 後嚢下 白内障 は水晶体の裏側に起こります。糖尿病や、大量のステロイド剤を服用している人は、この後嚢下白内障の発症リスクが高くなります。

  • 核性 白内障 は、水晶体内部の中央部分の深いところ(核)に形成される白内障です。核性白内障は通常、加齢と関係しています。

  • 皮質 白内障 の特徴は、白いクサビ状の混濁が水晶体の辺縁部から見られるようになり、始まり、そこからスポークのように中心部に向かって進出していくということです。このタイプの白内障は、レンズの皮質と呼ばれる部分に発生します。皮質は、中央の核を取り巻く部位のことです。

白内障の症状と徴候

白内障発症しても、最初は視力にはほとんど影響はありません。ただし少し視界がぼやけて、曇りガラス越しに見ているような感じや、あるいは印象派の絵画を見ているような感じになる場合もあります。

Expandable

白内障になると、太陽やランプの光をまぶしく感じたりするようになる場合もあります。また、夜に運転をしていると、対向車のヘッドライトが以前よりもまぶしく感じるようになることもあります。以前よりも色が明るく見えなくなることもあります。

白内障の種類によって、どのような症状が発生するか、またその症状の発生のスピードにも違いがあります。核性白内障の場合は、一時的に近くのものを見る視力が良くなる場合があります。これを"二次視力(セカンドサイト)"と呼びます。

残念ながらこの視力改善は長続きせず、白内障の進行とともになくなっていきます。後嚢下白内障の場合は、病気がある程度進行するまでは症状は現れません。

白内障が発症したかなと思ったら、すぐに眼科医を受診し、目の検査を受けて 状態を確認するようにしてください。

白内障の原因は?

水晶体は カメラのレンズと同じような働きをしています。すなわち、網膜に光の焦点を合わせ、 くっきりとした視界を得る役割をしています。また、目の焦点を調節することで、近くのものも遠くのものも同じようにクリアーに見えるようにしています。

水晶体は主に水とタンパク質でできています。タンパク質は、レンズをクリアーな状態に保ち、光が透過することができるように、精密な組成になっています。

しかし、年齢を重ねるにつれて、タンパク質の一部が互いにくっついて塊になり、水晶体の一部の小さな領域に曇りが生じるようになります。これが白内障です。時間の経過により、この曇り領域が拡大し、水晶体のより広い範囲に曇りが生じ、目が見えづらくなっていきます。

加齢に伴って水晶体が変質し、白内障が発生する理由については、まだよくわかっていません。しかし、世界中の研究者によって、白内障の発症や進行・悪化の原因となる要因が明らかにされてきました。

加齢の他にも、白内障には以下のようなリスク要因があります:

  • 紫外線放射

  • 糖尿病

  • 高血圧

  • 肥満

  • 喫煙

  • 長期にわたる副腎皮質ステロイドの服用

  • コレステロールを低下させるためのスタチン系薬剤

  • 過去の目の負傷または炎症

  • 過去の 目の手術

  • ホルモン補充療法

  • 多量の飲酒

  • 強度の 近視 (近眼)

  • 家族の病歴

白内障発生に関する理論のひとつとして、白内障の多くは水晶体の酸化によって引き起こされる、という考え方があります。これは、栄養学的な研究によっても裏付けられています。すなわち、抗酸化物を豊富に含むフルーツや野菜を 食べることで、一部の種類の白内障の予防に効果がある、ということが明らかになっているのです。

白内障の予防

白内障は予防可能な疾患かどうかについては議論があります。しかし、特定の栄養素や栄養サプリメントを摂取することによって、白内障の発生リスクを低下させることができる、ということを示唆する研究は数多くあります。

医療従事者を対象として10年間にわたって行われたある研究では、食事やサプリメントでビタミンEやカルテノイド・ルテイン、 ゼアキサンチン をより多く摂取した人は、白内障の発生リスクが大幅に低くなる、ということが示されています。

ビタミンEを豊富に含む食品には、ヒマワリの種、アーモンド、ほうれん草などがあります。ルテインやゼアキサンチンを豊富に含む食品には、ほうれん草、ケール、その他の葉物野菜などがあります。

また、別の研究では、ビタミンCなどの抗酸化性ビタミンや、オメガ3脂肪酸を含む食品を摂取することによって、 白内障の発生リスクを低減することができるということも示されています。

白内障の発生リスクを下げるためのもうひとつの方法は、屋外に出るときに太陽光の紫外線を100%カットする サングラス を着用することです。

白内障の治療

症状が現れ始めた当初は、新しい眼鏡や、度の強い二重焦点レンズ、ルーペ、また適切な照明やその他の視覚補助器具によって、一定の期間は視力を改善することができる場合もあります。

白内障が進行し、視力に重大な影響が及ぶようになり、日常生活に支障を来すようになってきたら、手術を検討します。

多くの人が、視力低下は加齢に伴う不可避な現象だと考えてしまいがちですが、白内障手術は簡単で、比較的痛みも少なく、視力を取り戻すことができる手術です。

手術では、曇りが生じた水晶体を除去し、多くの場合、除去した水晶体のかわりにプラスチック製のクリアーな眼内レンズ(IOL)を挿入します。

眼科医にとって手術がより簡単なものになるような、そして患者にとってはより有用な機能を備えた、新しいIOLの開発が進んでいます。老眼矯正用IOL は、ある特定の距離だけでなく、遠近すべての距離をよく見ることができるようにする可能性を持つレンズです。他にも、網膜にダメージを与える可能性のある紫外線放射や高エネルギー可視光線( ブルーライト)をカットできるようなIOLも新たに開発されています。

白内障手術後の眼鏡

老眼矯正用IOLを使用した場合を除いて、ほとんどの場合、白内障の手術後も老眼鏡は必要となります。また、 累進焦点レンズ を着用することで、残存している 屈折異常 や 老眼を矯正する必要が生じる場合もあります。

白内障手術後に処方される眼鏡によって視力をベストな状態に保ち、快適さを確保するために、反射防止コートが施された レンズや 調光レンズを使用するメリットについては、担当の眼科医などのアイケア・プロにご相談ください。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

アイドクターを探す