ホーム 状態 目の状態 A-Z

緑内障の治療法:薬剤、点眼薬、そのほか

緑内障治療に点眼薬を使用している女性

緑内障の治療法のほとんどは、眼圧(IOP)を 下げるかコントロールするように設計されており、 視覚情報を脳に伝達する 視神経を損傷する可能性があります。

緑内障の場合、手術よりもまず目薬治療が優先されることが多く、眼圧コントロールに非常に効果的です。眼科医が目薬治療が最適な治療法であると判断した場合、ベストの眼圧コントロール効果を期すため、複数の目薬を処方されることがあります。

緑内障点眼薬のタイプ

緑内障の目薬は、薬の効果を高める有効成分化学物質によって分類されています:

プロスタグランジン

このタイプの目薬は1日1回のみの処方なので、利用者遵守(ユーザーコンプライアンス)の点において最適です。プロスタグランジンは、一般的に眼球内部の筋肉をリラックスさせ、房水の流出を改善することによって、眼圧上昇を軽減します。

緑内障におけるプロスタグランジン点眼薬の副作用として考えられるのは、目の灼熱感やしみるような痛み、目の色の変化、まつ毛が長くなりカールする、などがあります。

ベータ遮断薬

数多くの緑内障点眼薬に使用されているベータ遮断薬は、かつては緑内障治療における第一選択薬でした。このタイプの薬は、眼球内の房水(水分)生産を減少させることで作用し、現在では付加物として、またはプロスタグランジンと一緒に組み合わせて処方されています。

この目薬は心拍数を低下させる傾向があるため、特定の心臓疾患や肺疾患(肺気腫など)、糖尿病、うつ病、そのほかの疾患を持つ人が使用した場合、副作用を引き起こす可能性があります。このような理由から、ベータ遮断薬を使用する際には、使用前に必ず眼科医と病歴について相談してからにしましょう。

α-アドレナリン作動薬

このタイプの薬剤は、房水の生成速度を低下させることによって作用し、単独で、またはほかの抗緑内障点眼薬と組み合わせて使用することが有用です。

このタイプの目薬によくある副作用としては、赤目や充血 (眼充血)、上まぶたの挙上、瞳孔の拡張、 かゆみなどがあります。

炭酸脱水酵素阻害薬

このタイプの薬剤は、房水の産生速度を低下させることによって作用します。通常は、ほかの抗緑内障点眼薬との組み合わせて処方され、単独では使用されません。このタイプの薬はまた、経口剤(錠剤)でも使用されます。炭酸脱水酵素阻害薬(CAI)の目薬でよくある副作用は、灼熱感や苦味、まぶたの反応や目の充血などがあります。

患者の約半数は、全身性副作用として倦怠感やうつ病、食欲不振、体重減少、性欲減退、腎結石、金属味、手指や足指のしびれ(末梢神経障害)などがあるため、経口タイプの炭酸脱水酵素阻害薬(CAI)が使用できません。

副交感神経興奮薬

このタイプの薬は、眼球から房水流出を増加させることによって作用します。狭隅角緑内障の眼圧コントロールに頻繁に使用されています。これらの目薬は瞳孔を収縮させ、房水流出が発生する狭く閉塞した隅角を開くのを補助します。

副交感神経興奮薬の目薬でよくある副作用には、眉周辺の痛み、瞳孔の収縮、灼熱感および夜間視力の減少などがあります。

エピネフリン

エピネフリン系の薬は、目に二重の効果があります。このタイプの薬は、房水の生成速度を低下させ、流出を増加させることで作用します。

このタイプの目薬によくある副作用には、結膜色素沈着、涙管閉塞、心拍数増加を伴う心臓動悸などがあります。

高浸透圧剤

このタイプの薬は通常、視神経に永久的かつ不可逆的な損傷が生じる前に、直ちに眼圧を減少させる必要のある、重度の高眼圧患者に使用されます。高浸透圧剤は、眼球内の液量を低下させることで眼圧を下げます。

通常は1回限りの緊急時限定で投与されますが、このタイプの薬には経口グリセリンやイソソルビドの経口投与、マンニトールや尿素の静脈内投与などがあります。

緑内障薬の組み合わせ

緑内障患者の多くは、眼圧コントロールのために2種類以上の薬を必要とします。このため、眼科用製薬会社の中には2種類の抗緑内障薬を同ボトルに入れられる「混合」点眼剤を製造しています。

利便性を考慮し、眼科医は混合眼圧低下剤を併用して処方するかもしれません。通常、これらの混合薬には眼圧を下げる相加効果があります

眼科医に相談

緑内障の薬は数多く様々な種類がありますが、あなたのニーズに合った最適な薬を処方してもらうためには、緑内障治療の経験豊富な眼科医の診療を受けることが重要です。

処方されている緑内障の薬の種類と、 その治療が最適である理由について、担当の眼科医から説明を受けましょう。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

アイドクターを探す