ホーム 眼鏡

眼鏡の処方箋の読み方

眼鏡処方例

眼科検診を受け、眼科医から眼鏡を処方されたとします。

おそらく、あなたは 近視か, 遠視か、あるいは 乱視だと言われたのではないでしょうか。(そうではなくて、目の検査が必要な場合は、最寄りの眼科医を探しましょう)

しかし、眼鏡の処方箋に書かれている数字は何を意味しているのでしょうか? また、OD、OS、SPH、CYLなどの略語の意味は?

この記事では、眼鏡の処方箋の解読の仕方をご紹介します。新しい眼鏡購入の際、メガネ店などでアイケア・プロと相談しやすく なります。

ODとOSの意味

眼鏡の処方箋を理解するための第一歩は、「OD」と「OS」の意味を知ることです。これらは、Oculus dexterOculus sinisterの略語で、それぞれラテン語で「右目」と「左目」を意味します。

眼鏡の処方箋に「OU」と書かれた 欄がある場合は、ラテン語で oculus uterqueの略語で「両目」を意味します。

伝統的に、眼鏡やコンタクトレンズ、目薬の処方箋にこのようなラテン語の略語が 使用されていますが、 ほとんどの眼科医では、眼鏡処方の近代化として、ODとOSの代わりにRE(右目)とLE(左目)を使用するようになってきています。

眼鏡処方のそのほかの部分

眼鏡の処方箋には、ほかにもいくつかの専門用語や略語が含まれています。これらには以下が含まれます:

球面度数 (SPH)。これは、近視や遠視矯正用に処方されるレンズの度数をディオプトリ(D)で示したものです。この見出しの下に表示されている数字にマイナス記号(-)が付いている場合は近視、プラス記号(+)が付いている場合は遠視です。

「球面」とは、近視や遠視の矯正が「球体」、つまり眼球のすべての経線と均等であることを意味しています。

円柱度数 (CYL)。これは、乱視に対するレンズの度数を示します。この欄に何も表示されていない場合は、乱視そのものがないか、眼鏡での矯正を必要とする乱視がほとんどないことを示しています。

「円柱」とは、乱視矯正に処方されたこのレンズの度数が球面ではなく、代わりに、1つの経線に曲率が加えられていない形状をしており、この「曲率のない」の経線に、乱視矯正のための最大度数とレンズ曲率が含まれていることを意味しています。

円柱列の数字の前には、マイナス記号(近視乱視の矯正用)またはプラス記号(遠視乱視の矯正用)を付いている場合があります。眼鏡の処方箋では、円柱度数は常に球面度数に従います。

Expandable

乱視軸(Axis)。 これは、乱視矯正用の円柱度数を含まないレンズ経線です。乱視軸は1から180までの数字で記されます。90は眼の縦の経線に対応し、180は横の経線に対応します。

眼鏡の処方箋に円柱度数が含まれている場合は、円柱度数に続いて乱視軸も書かれている必要があり、手書きの処方箋では「×」が乱視軸の前に書かれます。

乱視矯正用の円柱度数を含む経線から90度離れたレンズ経線を軸とします。

加入度数(ADD)。 老眼矯正用の、累進焦点レンズの下半分に適用される 追加の度数です。処方箋のこの部分に記載されている数字は、プラス記号が前に付いていなくても、必ず「プラス」の度数になります。一般的には+0.75~+3.00Dの範囲で、両眼とも同じ度数になります。

プリズム(PRISM)。 これは、眼位の問題を補正するために処方されるプリズム度数の量をさし、通常プリズムディオプトリ(p.d.)、手書きの時は上付き文字の三角形で示されます。プリズムが含まれている眼鏡の処方箋はごく一部です。

処方箋にプリズム度数が書かれている場合、その量はメートル法または分数の英単位(例えば、0.5または1/2など)で表示され、プリズムの方向は、その「基部」(最も太い端)の相対的な位置によって示されます。プリズムの方向には、以下のような4つの略語が使用されます:BU = ベースアップ、BD = ベースダウン、BI = ベースイン(装用者の鼻に向かって)、BO = ベースアウト(装用者の耳に向かって)。

球面度数、円柱度数、および加入度数は常にディオプトリで表示されます。ディオプトリ単位は10進数で、一般的には1/4ディオプトリ(0.25D)毎に増加します。乱視軸の値は 1 から 180 までの整数で、度数ではなく、経線上の位置のみ示します。プリズムディオプトリが10進数で示されている場合、通常はピリオドの後に1桁の数字のみが表示されます(例:0.5)。

そのほかの情報。 また、最適な視力矯正効果を期すため、眼科医は処方箋に 反射防止コート、, 調光レンズ、 あるいは 累進焦点レンズなど 特定レンズの推奨事項を記載することもあります。

眼鏡の処方例

混乱しましたか? 例を使って、はっきり見えるようにしましょう。(ジョークです)

こちらは眼鏡の処方箋サンプルです:

RE -2.00 SPH +2.00 add 0.5 p.d. BD

LE -1.00 -0.50 x 180 +2.00 add 0.5 p.d. BU

この処方箋では、右目(REあるいはOD)の近視矯正として、球面度数-2.00Dが処方されています。乱視ではないので、円柱度数も乱視軸も書かれていません。この担当眼科医は、右目には球面度数のみが処方されていることを明確にするため、後ろに「SPH」と追加しています。(一部の医師は「ディオプトリ球面」の意で「DS」と追加記入しますが、通常はこの部分を空欄にします。)

左目(LEあるいはOS)には、近視用に球面度数-1.00D、乱視矯正に円柱度数-0.50Dが処方されています。円柱度数は経線180度を軸にしているので、目の水平方向(180度)の経線には乱視矯正の度数は追加されず、垂直(90度)経線に-0.50Dが追加されています。

両目共に、老眼矯正のため+2.00Dの「加入度数」が処方されており、さらに、この眼鏡処方には0.5p.d.のプリズム矯正が含まれています。右目はプリズムがベースダウン(BD)、左目はベースアップ(BU)です。

眼鏡の処方箋は、コンタクトレンズの処方には使えません

眼鏡の処方箋とコンタクトレンズの処方箋は同じではありません。眼鏡の処方箋は、眼鏡の購入のみに使用可能です。眼鏡の処方箋にはコンタクトレンズの処方箋に必要な情報が 含まれておらず、 この情報は、コンタクトレンズの診察とフィッティングの際のみ入手可能です。

Expandable

眼鏡のレンズは目から離して装着しますが、コンタクトは直接目に装着します。距離は目が正確に焦点を合わせるのに必要なレンズの倍率に影響を及ぼします。

コンタクトレンズの処方箋には、眼鏡の処方箋に記載されている情報に加え、コンタクトレンズの裏面のベース(中心)カーブ、レンズの直径、レンズのメーカーやブランド名を明記しなければなりません。

また、最適なコンタクトレンズの度数を決定するには、眼鏡の処方を調整する必要がある場合もあります。これは、コンタクトレンズが目の角膜に直接当たるのに対し、眼鏡レンズは目の表面からある程度離れたところ(通常約12ミリメートル)に装着されるからです。

正確なコンタクトレンズの処方箋を書くには、眼科医はコンタクトレンズのフィッティングを行い、目のレンズに対する反応とコンタクトレンズの装用全般に対する反応を評価しなければなりません。

あなたの目の処方箋はあなたのもの

オプティカルコンシューマー・クレームサービス(OCCS)によると、眼科医は眼科検診後に処方箋を文書で患者に提供する義務があります。この処方箋を持って、ほかのクリニックに行くことも自由です。 

法律では、処方箋には眼科検査の基本的結果が書かれている必要があります。

眼鏡を実際に販売するには、基本結果以外にも必要な測定値や測定結果がありますが、これは「販売元」(実際に眼鏡を購入するクリニックなど)で測定し直す必要がある場合もあります。オンラインで眼鏡を購入しようとする際問題を引き起こす場合もありますが、これら基本外の測定値は選択したフレームやレンズのタイプによって異なる場合もあるため、法律では検査を行う眼科医がこの詳細情報を処方箋に含めることを定めていません。

この規則は、眼鏡処方の「可搬性」を保護することを目的とし、患者が自分の選んだアイケア・プロから眼鏡を購入できるようにしています。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

アイドクターを探す