ホームページ視力矯正手術に関する視力矯正手術のタイプ

レーシック手術の回復期間は?

あなたの目は、レーシック手術終了直後から急激に回復し始めます。

しかし、通常は完全に治癒するまでには術後数週間から数か月間かかり、その期間中かすみ目や視力の変動を経験するのは普通のことです。

担当の 眼科医 あるいは レーシック専門医は、手術の翌日にあなたの目を診療して視力を確認し、目の健康と回復状態が良好であることを確認します。患者のほとんどは( メガネ あるいは コンタクトレンズ無しで)運転が許可され、レーシック手術の翌日には仕事に戻ることもできます。

定期的な経過観察は通常6か月以上の期間行われ、視力と目の健康を継続的に確認します。ほとんどの場合、手術後6か月の時点では視力はすっかり安定して、視界がクリアになっているはずです。

また、レーシック手術後にドライアイやハロー、まぶしさなどの視覚障害がある場合は、6か月後の診察時にはこれらの症状はほとんどな無くなっているか、大幅に軽減されているはずです。

レーシック手術後90日以上経過しても視力に問題がある場合は、担当医が角膜強化レーシック手術を推奨する場合があります。

ほとんどの眼科医は、角膜強化手術を実施するまで少なくとも3~6か月間は時間をおきます。その理由は、残存している 屈折異常 が完全に安定していることを確認するためです。これは、角膜強化レーシックによってあなたが望むレベルのクリアな視力を得るためには絶対に必要なことです。

レーシック手術後は、目を怪我から保護するための予防措置を取る必要があります。例え、担当医から目が完全に回復したと言われたとしても、同じことが言えます。

レーシック手術を受けた目は、手術を受けていない目よりもずっと外傷を受けやすいのです。そのため、電動工具を使ったり、スポーツをしたり、その他 目の怪我のリスクを 高めるような活動に従事する場合には、必ずポリカーボネートレンズ等を使用した高品質の電動工具を使用した保護メガネやスポーツ用メガネを使用するように しましょう。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから