ホームページ視力矯正手術に関する視力矯正手術のタイプ

レーシックを受けるための9つの適応基準

果たして レーシック手術 が成功するかどうかは、患者がレーシックを受けるために必要な適応基準を満たしているかどうか、そしてレーザー眼科手術が合っているかどうかに左右されます。

レーシックおよび PRK 手術の結果は、非常に高い確率で成功に終わりますが、すべての患者に適している視力矯正手術であるとは言えません。

以下のレーザー眼科手術チェックリストをとっかかりにして、レーシックとPRK、果たしてどちらがあなたに適した治療か判断してください。

1. 眼疾患のない、健康な目であること

眼科手術の結果や手術後の回復に影響を及ぼすような眼疾患、コンディションがある場合は、完全に治癒あるいは症状が無くなるまで手術を待つ必要があります。例えば、 重度のドライアイ症候群、結膜炎 (ピンクアイ)、 感染症、 その他あらゆるタイプの 目の外傷などが挙げられます。

ドライアイの状態が続いて眼球の潤滑状態および健康状態を保つために必要な涙液が産生できない場合、レーシックによって状態が悪化する可能性があります。ドライアイの一般的な症状には、 灼熱感や刺すような痛み、目の中がゴロゴロする感じ、風への耐性低下、間欠性 かすみ目、また場合によっては、過度の涙目などがあります。これらの症状がある場合は、手術前に必ず医師に相談してください。

また、 術前検査 で眼科医にドライアイの有無を確認してもらい、レーザー眼科手術を受ける前に治癒可能かどうか確認することも可能です。利用可能な治療法としては、人工涙液、 涙点プラグ、薬用目薬、 アマニ油あるいは魚油のサプリメント、またはこれらアプローチの組み合わせなどがあります。

白内障 で視界が妨げられたり、 緑内障 がコントロールできなくなると、レーシックやPRK手術を受けることはできなくなります。

2. 角膜に十分な厚みがあること

ほとんどの屈折矯正手術は、 目の前面 (角膜)の形を整えることで視力を改善します。 角膜が薄すぎ たり、表面が非常に不規則で形の悪い状態(例えば、 円錐角膜など)でレーザー眼科手術を行うと、予後が悪く、視力を損なう可能性があります。

角膜が薄すぎるためレーシックを受けられない、と言われたことがある場合は、最近の技術進歩によってレーザー視力矯正が受けられるようになった可能性があります。例えば、マイクロケラトームの代わりに フェムト秒レーザー を使用 することで、眼科医はより薄い角膜フラップを作成することができ、レーザー治療用に基礎となる角膜組織を温存することができます。

それでもレーシックやPRKを受けるのが難しい場合は、 移植型レンズ(有水晶体眼内レンズ) のような別タイプの 屈折矯正手術が選択可能かもしれません。

3. 瞳孔が大きすぎないこと

瞳孔が生まれつき大きい場合、特に夜間の運転時には、光量の低い状態でもハローやまぶしさ、星型の閃光など、副作用のリスクが高まる可能性があります。

4. 目の処方が一定の限度内であること

目の 処方箋 の度数が 近視や遠視、 あるいは 乱視 などが原因で非常に高い場合、眼科医はレーシックを避けるよう勧めるかもしれません。

極度の屈折異常におけるレーシック手術の結果は予測が難しく、費用や潜在リスクに見合う価値がない場合もあります。

また極度の近視では、角膜組織を過剰に除去しなければならず、合併症のリスクも高まります。

極度の屈折異常がある場合は、移植型の有水晶体眼内レンズや 屈折レンズの交換など、異なるタイプの視力矯正手術をお勧めします。

5. 施術可能な年齢であること

施術によっては18歳以上となっていますが、それ以外は大抵21歳以上が基準です。本人の両親または保護者の許可とレーシック専門医の判断があれば、上記以下の年齢でも例外として施術を受けることができます。

一般的に、レーザー眼科手術に 年齢の上限 はありません。しかし、通常は40代になると加齢によって自然と老眼になり、 老眼鏡 が必要になる可能性が高いことを 覚えておく必要はあります。

眼科医によって、 老眼の外科矯正 として モノビジョン レーシックを勧められる可能性はあります。モノビジョンレーシックは、 二重焦点レンズや老眼鏡を使わずに近視を改善する手術です。

女性は、閉経するとドライアイになる可能性が高いことを 覚えておきましょう。男性もまた、加齢とともにドライアイのリスクが高まります。上述のように、ドライアイはレーシックを受ける前に治療する必要があります。

6. 視力が安定していること

十代の若者や多くの若者は、 コンタクトレンズ や メガネの処方 が年ごとに変化しがちです。レーシックあるいはその他の屈折矯正手術を受けるには、少なくとも施術の12か月前までには屈折異常が安定している必要があります。

通常、近視は徐々に悪化しますが、他にも変化が見られるかもしれません。

年齢の若い人は、一定の処方に視力が「落ち着く」まで、レーシックは受けられません。あなたの目の 処方が 十分に安定したかどうかは、眼科医が教えてくれます。

7. 健康であること

以下のようなコントロール不良の変性症状または自己免疫疾患がある場合、レーザー眼科手術は受けられません。 シェーグレン症候群、関節リウマチ、1型糖尿病、そしてエイズ。免疫細胞数が良好なHIV感染者は、レーシックが受けられる可能性があります。

基本的に、回復能力に問題のある疾患の場合、レーシックで満足のいく結果が得られないリスクが高まります。

どの疾患が自動的に不適格となり、どの疾患が場合によっては許容範囲内と判断されるのかについては、レーシック専門医の間でもまだ意見が分かれています。

また、ある種の薬剤はレーザー眼科手術に伴うリスクを高める可能性があります 例えば、免疫抑制薬は術後の回復を妨げ、その他の薬剤はドライアイ症候群の確率や重症度を高める可能性があります

8. 妊娠している場合は、手術を延期

レーシックは 妊娠中 や授乳中の人には適していません。ホルモンの変化によって角膜の形が変化し、視力にも一時的な変化があります。

出産後、ホルモンと視力が正常に戻るまで手術は受けないでください。これには数か月かかる場合があります。

妊娠中の女性はドライアイに悩まされることが多いのも、出産後数か月間までレーシックを延期する必要がある理由の1つです。また、手術前後に処方される薬剤(抗生物質やステロイドなど)など回復を促進するものもあり、これは妊娠中・授乳中に関わらず胎児にとって危険な場合があります。

9. 現実的な期待を持つこと

大部分の レーシック手術結果 は成功しますが、手術を受ける前に副作用の可能性やリスク、潜在的な レーシック手術合併症 についても良く知って理解しておく必要があります。

経験豊かな レーシック専門医 なら、レーザー眼科手術があなたに適しているかどうか、またはもっと適した別タイプの屈折矯正手術があるかなど、詳しくアドバイスしてくれます。

ベストの結果を得るには、ご自身の健康や既往歴に関連する情報は、隠さずすべて担当医に伝えることが重要です。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから