ホームページアイケア老眼

若年用境い目の無い累進焦点レンズ


  1. 定義
  2. 利点
  3. 最適な利用法

40歳以上で、現在の眼鏡では細かい文字を見るのに苦労している場合は、累進焦点レンズが必要になるでしょう。

それはあなたが見栄えの良くない二重焦点レンズや三焦点眼鏡を装用しなければならないという意味ではありません。大半の人にとって、境い目の無い累進焦点レンズは優れた選択肢となります。

累進焦点レンズとは何でしょうか?

累進焦点レンズは、単焦点レンズとまったく同じように見える境い目の無い累進焦点眼鏡 レンズです 言い換えれば、累進焦点レンズにすれば、通常の二重焦点レンズや三重焦点眼鏡に見られるような煩わしい(そして年齢がわかる)"遠近両用線"がなくても、すべての距離ではっきりと見えるようになります。

累進焦点レンズの度数はレンズ表面のポイントごとに徐々に変化するため、事実上あらゆる距離で物体をはっきりと見るための正しいレンズ度数になります。

一方、二重焦点レンズにはレンズ度数が2つしかありません。1つは遠くの物体をはっきりと見るためのもので、もう1つはレンズの下半分で一定の読書距離の物体をはっきりと見るためのものです。これらの明確に異なる度数が切り替わる部分は、レンズの中心を横切る目に見える"遠近両用線"によって明示されます。

累進焦点レンズは、この目に見える遠近両用線がないため、"境い目の無い遠近両用"レンズと呼ばれることがあります。しかし、累進焦点レンズは、二重焦点レンズまたは三重焦点レンズよりもはるかに高度な多焦点設計を採用しています。

プレミアム累進焦点レンズ (Variluxレンズなど)は通常、最高の快適さとパフォーマンスを提供しますが、他にも多くのブランドがあります。アイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者、コンタクトレンズ事業従事者、眼科眼鏡機器事業従事者など)に、最新の累進焦点レンズの機能と利点について相談すれば、特定のニーズに最適なレンズが見つかるでしょう。

累進焦点レンズの利点

累進焦点眼鏡が必要になる人の大半は40歳以上です。この時期には、老眼と呼ばれる 通常の目の老化によって、 近くではっきりと見る能力が低下します。

老眼のある人にとって、累進焦点レンズは、従来の二重焦点レンズや三重焦点レンズと比較して、視覚的および美容的に大きな利点があります。

すでに述べたように、二重焦点レンズには2つの度数があります。1つ目は遠見視力用(レンズの上半分)、2つ目は近見視力用(レンズの下半分)です。基本的に、この近見視力ゾーンは、遠県視力用レンズ処方と、細かい文字や近くの物体をはっきりとる見るのに役立つ加入度数の組み合わせです。

この加入度数は、遠近両用処方の近方"加入度数"と呼ばれます。通常これは、目から約40cmの通常の読書距離ではっきりと見えるようにするために必要な追加の度数です。

三重焦点レンズはさらに一歩進んで、腕の長さの距離で物体をはっきりと見るための3番目の度数があります。三重焦点レンズのこの"中間"度数は、遠用部ゾーンと近用部ゾーンの間の細い横線ゾーンにあります。

一方、累進焦点レンズは、二重焦点レンズまたは三重焦点レンズよりもはるかに多くの度数を備えており、レンズの表面全体でポイントごとに度数が徐々に変化します。

累進焦点レンズの多焦点設計には、次のような重要な利点があります:

  • (2つまたは3つの異なる視距離ではなく)すべての距離で明確な視力を提供します。

  • 二重焦点および三重焦点によって引き起こされる厄介な"イメージジャンプ"を排除します。これは、視線がこれらのレンズの目に見える線を超えて移動するときに、物体の明瞭性と見える位置が突然変化する場所です。

  • 累進焦点レンズには目に見える"遠近両用線"がないため、二重焦点や三重焦点よりも若々しく見えます。(これだけでも、今日、二重焦点レンズと三重焦点レンズを合わせた数よりも多くの人が累進焦点レンズを装用する理由になるかもしれません。)

今日のプレミアム累進焦点レンズも非常に快適に装用できます。これは、デジタル設計と製造機械で作られた最新の"フリーフォーム"累進焦点レンズに特に当てはまります。

アイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者など)に、眼鏡処方と独自の視覚的ニーズに最適な累進焦点レンズのブランドとデザインの選択について 相談することができます。

最適な用途

累進焦点レンズは、近視、遠視および/または乱視になったなどの理由や、老眼になった場合など 遠くにある物をはっきりと見るために矯正レンズを必要とする人など 事実上すべての人に 最適なレンズです。

特に、最新の累進焦点レンズは、多焦点視力矯正の最新技術を必要とし、 レンズに昔ながらの線がない、可能な限り最も魅力的な眼鏡を必要とする人に好まれます。

累進焦点レンズには多くのブランドがあり、大半のブランドには特定の装用者のニーズに合わせていくつかの異なるデザインがあります。知識豊富なアイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者など)のサービスを利用して、ニーズに最適な累進焦点レンズをカスタムフィットしてください。

アイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者など)は、新しい累進焦点レンズの装用にすぐに慣れる方法や、視力を維持しながら投資を無駄にしないための眼鏡のお手入れ方法についても役立つヒントを提供します。

また、すべての照明で明瞭性、快適性、保護を最適化するには、反射防止コート および 調光レンズを追加した 新しい累進焦点レンズについてアイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者など)に相談してください。

視力を改善する準備はできましたか? それは処方を更新するための目の検査から始まります。お近くのアイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者など)を見つけてください。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから