ホームページコンタクトレンズコンタクトレンズのタイプ

コンタクトレンズの処方箋の読み方

コンタクトレンズの処方箋には、 コンタクトレンズの使用を一時止め、 コンタクトレンズを安全、快適かつ優れた視力を手に入れるための具体的な情報が記載されています。

多くの国では、眼科医などのアイケア・プロは眼科検診あるいはコンタクトレンズのフィッティング後に  処方箋のコピーを患者に渡すことが義務付けられています。 例え処方箋をリクエストしなかった場合でも、です。

コンタクトレンズの処方箋がない場合は、 最寄りの眼科などのアイケア・プロに予約を入れましょう。

コンタクトレンズの処方箋と眼鏡の処方箋は同じではありません。つまり、例えすでに 眼鏡の処方箋を 持っていても、コンタクトレンズを購入する際には別途コンタクトレンズの処方箋が必要になります。

すでに 使い捨てコンタクトレンズを使っている場合、処方箋にはコンタクトレンズの交換頻度(1カ月に1度、2週間に1度、1週間に1度、毎日など)も記載されている場合があります。

コンタクトレンズの無料トライアル: 今なら、エバークリアADMのトライアルパックを2個無料でゲット!

処方箋なしでコンタクトレンズを買えますか?

ほとんどの国では、コンタクトレンズの購入には、眼科医などのアイケア・プロによる有効な処方箋の提示が必要です。

これには、 目の見た目を変えるためだけに設計され、視力矯正のための度数を持たない カラーコンタクトレンズや特殊効果コンタクトレンズも含まれています。

コンタクトレンズの処方箋は、眼科検診あるいはコンタクトレンズのフィッティングを受けた後に眼科医などのアイケア・プロから受け取ることができます。

なぜ処方箋が必要なのか?

世界中の多くの国で、処方箋なしでコンタクトレンズを販売することは違法とされていますが、それには正当な理由があります。

別のソースから交換用の連絡先を購入した場合でも、定期的な目の検査とコンタクトレンズのフィッティングのために眼科医を訪問する必要があります。

コンタクトレンズは医療機器であり、レンズが上手く合わなかったり、目に合わない素材で作られていたりした場合、視界に歪みが生じたり、不快感や 感染症、炎症、腫れ、剥離などの原因となることがあります。まれに、永久的な目の損傷や失明を招いてしまう危険性もあるのです。

また、カラーコンタクトレンズや特殊効果コンタクトレンズを他人と共用したりすることも危険ですので絶対にしてはいけません。他人とコンタクトレンズを共用した場合、視力に多大な影響を及ぼす目の感染症や病気を発症する危険性があります。

コンタクトレンズの処方箋の有効期限はいつまで?

コンタクトレンズの処方箋の有効期限は最低でも1年間で、処方箋そのものに有効期限が明記されています。

処方箋の有効期限が切れると、眼科医などのアイケア・プロが処方箋を更新しない限り、コンタクトレンズを追加購入することはできません。処方箋の更新には通常、コンタクトレンズの使用が目の健康に影響を及ぼしていないこと、レンズの度数を更新する必要があるかどうかを確認するための眼科検診が必要になります。

コンタクトレンズが原因の目の疾患があると診断された場合でも、コンタクトレンズの使用を永久的に中止しなければならないことはまずありません。ほとんどの場合、別タイプのレンズや 別のタイプのレンズ溶液に切り替えるか、 レンズの装用期間や交換頻度を変更することで問題解決が可能です。

コンタクトレンズの購入先は?

眼科医などのアイケア・プロがチェックして、有効なコンタクトレンズの処方箋があれば、 コンタクトレンズの購入先には事欠きません。

処方箋を使えばオンラインでもどこでも購入することができるので、眼科医などのアイケア・プロから直接購入しなくても大丈夫です。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから