ホーム 状態 屈折異常

近視:近視の原因と症状

宿題をしている眼鏡をかけている少年

近視は、40歳未満の人々の視力障害の最もよく見られる原因です。近年、その有病率は驚くべき速度で上昇しています。

世界的に見ると、2000年の時点で世界の人口の約25%だった近視は、2050年までに地球上の人口の約半数が近視になると予想されています。

近視の症状

近視の場合、道路標識を読んだり、遠くの物体をはっきりと見ることは困難ですが、読書やパソコン作業などで近くのものはよく見ることができます。

その他の近視の兆候や症状には、斜視、疲れ目 および頭痛などがあります。矯正されていない近視では、運転中やスポーツをしているときに疲労感を感じることもあります。

眼鏡やコンタクトレンズを装用しているときにこれらの兆候や症状があった場合は、アイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者、コンタクトレンズ事業従事者、眼科眼鏡機器事業従事者など)による目の検査を受けて、 度数を上げる必要があるかどうかを確認してください。

近視の原因は何でしょうか?

近視は、角膜と水晶体の合焦能力に比べて眼球が長すぎる場合に発生します。これにより、光線は網膜の表面に直接ではなく、網膜の前の点に焦点を合わせます。

角膜および/または水晶体が眼球の長さに対して湾曲しすぎていても、近視の原因になります。症例によっては、これらの要因の組み合わせにより近視が発生する場合もあります。

近視は通常、小児期に始まり、両親が近視の場合はリスクが高くなります。大半の場合、近視は成人初期に安定しますが、年齢とともに進行し続けることもあります。

近視の治療

近視は 眼鏡や, コンタクトレンズ または 屈折矯正手術で矯正できます。

近視の程度によっては、常に眼鏡やコンタクトレンズを装用する必要がある場合や、運転中、ホワイトボードを見ているとき、映画を見ているときなど、非常に明確な遠方視力が必要な場合にのみ装用が必要な場合があります。

近視用眼鏡レンズには、高屈折率レンズ (薄くて軽い眼鏡用)および 反射防止コート付きレンズを選択すると良いでしょう。また、紫外線や高エネルギーのブルーライトから眼を保護し、屋外で処方サングラスを別に用意する必要性を減らす 調光レンズについて検討してください。

近視の場合は、""眼鏡処方や  コンタクトレンズ処方の 最初の数字(球)の前にマイナス記号(–)が付きます。この数字が大きいほど近視が強くなります。

屈折矯正手術によって、眼鏡やコンタクトレンズの必要性が少なくなり、必要なくなることもあります。最も一般的な手順は、エキシマレーザーを使用するものです。

  • PRK では、 レーザーで角膜組織の層を除去します。これにより角膜が平らになり、光線の焦点が網膜により正確に合うようになります。

  • レーシックは 最も一般的な屈折矯正手術であり、角膜の表面に薄いフラップを作成し、レーザーで角膜組織の一部を除去してから、フラップを元の位置に戻します。

次に、オルソケラトロジーがあります。これは、夜間に特殊な高酸素透過性(RGPまたはGP)コンタクトレンズを装用して睡眠中に角膜の形状を変形させる非外科的処置です。朝になってレンズを外すと、角膜は一時的に新しい形状を保つので、日中も眼鏡やコンタクトレンズなしではっきりと見ることができます。

オルソケラトロジーや関連する角膜屈折療法(CRT)と呼ばれる酸素透過性コンタクトレンズ処置は、軽度から中程度の近視を一時的に矯正するのに効果的であることが証明されています。どちらの手順も、レーシックには若すぎるなどの理由で屈折矯正手術に適していない場合は、代替手術として適した手段になります。

フェイキックIOLとして知られる埋め込み型レンズは、近視が進んだり角膜が通常より薄いなど、特にレーシックや他のレーザー視力矯正手術による合併症のリスクが高い場合に、近視を矯正する別の外科的選択肢となります。

フェイキックIOLは、眼内に外科的に配置される点を除けば、通常はコンタクトレンズのように永続的に機能するため、メンテナンスは必要ありません。使用されているIOLとは異なり、(白内障手術の フェイキックIOLは、そのまま残されている目の自然なレンズに取って代わるものではありません。

近視の管理

近視になる人が増えるにつれて、小児期の近視の進行を管理する方法を見つけることに関心が高まっています。

小児用の二重焦点レンズや 累進焦点レンズ、, 酸素透過性コンタクトレンズなど、 さまざまな技術が試されてきました。これらはすべて、さまざまな結果をもたらしています。

最近の臨床試験では、低用量のアトロピン点眼薬が学齢期の子供たちの近視の進行を遅らせ、高濃度と比較して副作用が大幅に少なくなることが示されました。

しかし、アトロピン点眼薬にうまく反応しない子供もいます。

2017年に米国検眼学会で発表された研究によると、デュアルフォーカスで毎日の使い捨てのコンタクトレンズは、単焦点レンズレンズと比較して、8歳から12歳までの小児の近視の進行率を低下させました。

特別に設計された累進焦点レンズは、従来のコンタクトレンズを装用した小児と比較して、近視の進行を1年で59%、2年で54%、3年で52%減少させました。

「屈折異常の変化と眼球成長の変化の間には良好な相関関係がありました」と、研究を発表したCooperVisionの臨床研究シニアマネージャーPaul Chamberlainは述べています。

変性近視

大半の症例では、近視は些細な不便に過ぎず、眼の健康にリスクはほとんど、あるいはまったくありません。しかし、近視は進行性が強く重症化する場合があるため変性状態と見なされます。

変性近視(悪性または病的近視とも呼ばれる)は、遺伝性と考えられる比較的まれな状態であり、通常は幼児期に始まります。米国民の約2%が罹患する変性近視は、法的失明の主な要因です。

悪性の近視では、眼球の伸長が急速に起こり、重度の近視へと急速に進行し視力喪失につながる可能性があります。この状態の人は、網膜剥離やその他の目の後ろの変性変化(異常な血管の成長による目の出血など)のリスクが大幅に高くなります。

変性近視も 白内障のリスクを高める可能性があります。

近くの物が見えにくい場合や、: 本(またはスマートフォン)を離して、手に持たないと何が書いてあるのか分からない場合は、眼科を受診してください。近視は治療可能であり、小児では進行が遅れる症例もあります。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

アイドクターを探す