ホームページ眼の状態に関するページ屈折異常

片目が近視で、もう一方が遠視になることはありますか?

珍しいことですが、確かに片方の目が 近視 で、もう一方の目が 遠視 になる場合があります。医学用語には、この状態を説明する2つの専門用語「不同視」と「異種不同視」があります。

不同視とは、両眼の屈折力(光を曲げる力)が著しく異なる状態です。眼科医があなたの目は不同視だと言った場合、度付きメガネの 片方のレンズ度数と もう一方のレンズ度数の間には少なくとも 2ジオプター あるいはそれ以上差があることになります。

不同視では両目が近視、両眼とも遠視、あるいは片方の目が近視でもう一方の目が遠視の場合があります。後者は、異種不同視と呼ばれより特殊な状態です。

片方の目が近視でもう一方の目が遠視の場合、厳密には異種不同視がより正確な用語ですが、多くの眼科医はこの状態を指して不同視という言葉を使います。

不同視の症状

不同視または異種不同視がある場合、2つの目がそれぞれ異なる距離で不均衡にぼやけて見えます。また、未矯正のままでは奥行き感が低下し、頭痛やめまい、吐き気を引き起こします。

多くの場合は、このような症状を軽減するため屈折異常の少ない目を 好むように 脳がすぐ学習してしまい、結果的にもう片方の目に 弱視 が発生してしまいます。

不均等な屈折異常をメガネで矯正すると、異種不同視の場合は、片方の目で見た物がもう一方の目で見た場合よりも大きく、あるいは小さく見えることに気付くでしょう。この画像サイズの違いは、不等像視と呼ばれます。これも、奥行き感や頭痛、めまい、および視覚的不快感などの問題を引き起こす原因になります。

不同視の治療法

脳が弱い方の目を無視して不可逆な弱視の原因になるのを防ぐには、不同視の早期診断と早期治療が重要です。幼稚園児 や小学生の児童たちの 定期的な眼科検診は、不同視の可能性を排除し、子供たちの正常な視覚の発達を確認するために不可欠です。

片目が近視で もう一方が 遠視の場合、メガネは矯正法として適していない場合が多いため、一般的には コンタクトレンズ が矯正法として適用されます。これは幼児でも同様です。

コンタクトレンズは非常に薄く、目の表面に直接装着するため、不等像視をほとんど、あるいは全く起こすことがなく、メガネより快適で自然な視覚が得られます。

レーシック も、両目で著しく異なる屈折異常を矯正し不等像視を回避できる、もう1つの優れた選択肢です。ただし、この選択肢は屈折異常(特に近視)が安定してから、一般的には20歳以降にのみ検討すべきです。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから