ホームページ眼鏡眼鏡レンズ

ポリカーボネート vs トライベックスのメガネレンズ:あなたにぴったりなのはどちら?

目の 安全性 を重視する場合は、ポリカーボネートや トライベックス 製のレンズが メガネやサングラス、 そして スポーツ用メガネに最適です。

ポリカーボネートとトライベックス製のレンズはどちらも、通常のプラスチックレンズよりも薄く軽量です。また、太陽光の有害な 紫外線 を100%カットし、プラスチックやガラスレンズに比べて最大10倍の耐衝撃性能があります。

軽量さに快適さ、UVカット機能、そして耐衝撃性能を兼ね備えたこのレンズは、 子供用メガネ や 保護メガネ用のレンズとしても非常に優れています。

ポリカーボネートレンズとトライベックス製レンズは、 反射防止コート が施されていればどちらも、よりクリアで快適な視力を提供することができます。反射防止コートを施すことで、特に夜間の運転時や、グレア発生源があるその他の低照度の条件での運転時に、視界を妨げる煩わしいレンズの反射を除去することが可能です。

ポリカーボネートレンズ

ポリカーボネートは1970年代に航空宇宙用に開発され、現在では宇宙飛行士のヘルメットバイザーやスペースシャトルのフロントガラスに使用されています。

ポリカーボネート製のメガネレンズは、軽量で耐衝撃性能の高いレンズの需要に応えて、1980年代初頭に導入されました。

それ以来、ポリカーボネートレンズは、保護メガネやスポーツゴーグル、子供用メガネの標準となっています。

ポリカーボネートレンズは、通常のプラスチックレンズよりも破損しにくいため、レンズをドリルでフレームに取り付けるリムレスアイウェアのデザインにも適しています。

他のほとんどのプラスチックレンズは、液体プラスチック材料をレンズの形で長時間焼成し、液体プラスチックを固化させてレンズを生成する鋳造成形プロセスで作られています。

しかし、ポリカーボネートは熱可塑性プラスチックで、小さなペレット状の固形材料を原材料としています。射出成形と呼ばれるレンズ製造プロセスで、ペレットが溶けるまで加熱されます。その後、液体ポリカーボネートはレンズの金型に素早く注入され、高圧で圧縮され、冷却されることで、ほんの数分でレンズの完成品ができあがります。

トライベックスレンズ

多くの利点があるにもかかわらず、保護用や子供用メガネに適したレンズ素材はポリカーボネートだけではありません。

トライベックスレンズは、2001年にPPG産業(PPG Industries)によって導入されました。ポリカーボネートレンズ同様、 トライベックス製のレンズ は薄くて軽量で、通常のプラスチックやガラスレンズよりもはるかに耐衝撃性能に優れています。

しかし、トリベックスレンズはウレタンベースのモノマーで構成されており、通常のプラスチックレンズと同じように鋳型成形工程で作成されています。PPGによると、このため射出成形されたポリカーボネートレンズよりも、よりシャープな視力が得られるという利点があります。

ポリカーボネート対トライベックスレンズ:簡単な比較

ポリカーボネートとトライベックスレンズの簡単な比較を参考にして、あなたに最適のレンズを選んでください。

  • 厚さ。 ポリカーボネートはトライベックスよりも屈折率が高いため(1.58 vs. 1.53)、ポリカーボネートレンズはトライベックスレンズよりも約10%薄くなっています。

  • 重量。 トライベックスはポリカーボネートよりも比重が低いため、ポリカーボネートレンズよりも約10%軽量です。

  • 光学的透明度(中央部)。 トライベックスレンズは内部応力が小さいため、ポリカーボネートレンズよりもシャープな中心視野が得られます。

  • 光学的透明度(周辺部)。 トライベックスレンズは、ポリカーボネート製レンズよりも、高いアッベ値を持ち、色収差の少ない鮮明な周辺視野が得られる場合があります。トライベックスレンズはアッベ値が高く、ポリカーボネートレンズよりも色収差が少なく、よりシャープな周辺視野が得られます。

  • 耐衝撃性能。 ポリカーボネートとトライベックスレンズの耐衝撃性能は同等です。

  • 紫外線(UV)カット。 ポリカーボネートレンズとトライベックスレンズは、特別な紫外線防止レンズコートを必要とせずに、太陽の紫外線を100% カットします。

  • コスト。 ポリカーボネートとトライベックスレンズのコストはかなり異なることがありますが、多くの眼鏡店では、ポリカーボネートレンズよりもトライベックスレンズの方が高くなっています。

かかりつけの眼科医や 眼鏡店 で、ポリカーボネートとトライベックスレンズの長所と短所について説明を受け、ニーズと予算に合った最適なレンズ素材を決定する手伝いをしてもらいましょう。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから