ホームページ眼鏡眼鏡レンズ調光レンズ(フォトクロミック)レンズ:トランジションズとその他の調光レンズ

調光レンズ(フォトクロミック)レンズ:トランジションズとその他の調光レンズ

屋外用フォトクロミックレンズ

調光レンズとは、屋内ではクリア(またはほぼクリア)で、太陽光を浴びると自動的に暗くなるメガネ用レンズです。調光レンズは「フォトクロミックレンズ」とも呼ばれています。

販売されている調光レンズで最も人気のブランドは、トランジションズ (Transitions Optical)です。このため、眼鏡店の方 を含む一部の人々は、調光レンズを「トランジションズ」または「トランジションズレンズ」と呼んでいます。しかし、調光レンズを扱うブランドは他にもあります。

調光レンズの色が濃くなる原因となるフォトクロミック分子は、紫外線によって活性化されます。紫外線は雲を透過するため、調光レンズは晴れの日だけでなく曇りの日でも色が変わります。

車内では、通常フロントガラスがほとんどの紫外線を遮断するため、調光レンズの色は変わりませんが、最近技術によって、一部の調光レンズは紫外線だけでなく可視光線でも反応するようになり、フロントガラス越しにある程度色づくタイプもあります。詳細については、眼科医にお尋ねください。

調光レンズは、高屈折率レンズ, 累進焦点レンズなどほぼすべてのレンズ素材とデザインで入手できます。調光レンズのもう1つの利点は、太陽光の有害なUVAおよびUVB光線を100%カットして目を保護できることです。

太陽光や紫外線への暴露は、後年の 白内障 の発症リスクに関係があるため、大人だけでなく子供にも調光レンズはおすすめです。ポリカーボネートは 子供用のレンズ素材として最も安全で、他のレンズ素材の最大10倍の耐衝撃性能を備えています。

眼鏡店を検索:眼科検診、あるいは新しいメガネが必要ですか? ここをクリックしてお近くの眼鏡店を探してください。

さらに 反射防止コート を調光レンズに施すことで、性能がより向上します。反射防止コートは調光レンズにより多くの光を透過させることができるため、夜間の運転など低照度時の視力を向上し、逆に明るい条件下では、レンズの裏面に反射する太陽光などのギラつきを排除することができます。

調光レンズはクリアなメガネレンズよりも高価ですが、どこへ行くにも 度付きサングラス を持ち歩く必要がない、という便利さがあります。

調光レンズの取扱ブランド

調光レンズの人気ブランドは、以下の通りです。

トランジションズ シグネチャー 最新テクノロジーを採用しているトランジションズ シグネチャーは、最も進化した最新の調光レンズです。色はグレー、ブラウンから選べます。同社によると、このレンズは屋内では完全にクリアですが、太陽光に対する反応が今まで以上に高く、必要に応じて暗くなります。トランジションズ シグネチャーは、トランジションズ社の全製品の中でも、屋内でのクリアな状態に戻るスピードが最速です。

トランジションズ エクストラアクティブ 外の光に敏感な方のために、屋外でしっかり濃くなり、運転中にも色づくレンズを求める人々のために開発されました。トランジションズ エクストラアクティブは、室内でもわずかに色づくため、強い室内照明(蛍光灯やデジタルデバイスなど)の下でも目が快適です。また、車のフロントガラス越しでも光に反応して色づきます。色はグレー、ブラウンから選べます。

調光サングラス

調光サングラスは、主に屋外での着用を目的としています。他の調光レンズほど室内でのクリアさはありませんが、明るい太陽光や車の運転席では快適さが大きく向上します。

またトランジションズでは、この技術を調光サングラスや、オートバイやバイク用ヘルメットシールド、スノーゴーグルなどにも取り入れています。これらの製品は常に光の強さが変化するような条件下でも快適で、視界のコントラストを高め、メガネをかけ替える必要がないという利便性があります。これにより、屋外活動時の見え心地を大幅に向上させることが可能です。

トランジションズのフォトクロミック技術は、Bell HelmetsやShoei、Oakley、Nike、Dragon Allianceなどの主要ブランド製品においても使用されており、クリアから色づいた状態、色づいた状態からさらに濃く、また、クリアなヘルメットシールドから濃い色に変化するなど、さまざまな選択肢があります。また、スノーボードなど冬のアクティビティ用製品のフォトクロミック性能は、寒冷地での使用のために最適化されています。

調光レンズとブルーライト

屋外のグレア(まぶしさ)から目を保護するだけでなく、調光レンズには、ブルーライトをカットするというもう1つの重要な利点があります。

ブルーライト は、デジタル眼精疲労 の原因の一つで、網膜の酸化ストレスを 引き起こす可能性があります。太陽光やパソコン、スマホその他のデジタルデバイスの表示画面から放射されるブルーライトに長時間曝されると、後年になって 黄斑変性症 などの眼疾患の発症リスクが高まります。

その予防に、調光レンズが役立ちます。例えば、

  • トランジションズ シグネチャーは、通常のクリアレンズと比較し、ブルーライトを1.4倍以上カットし、室内ではクリアレンズより8倍以上、ブルーライトをフィルターすることができます。

  • トランジションズ エクストラアクティブは、室内ではクリアレンズの少なくとも2倍以上、屋外では8倍以上のブルーライトをカットします。

ブルーライトの 曝露リスクと どのタイプの調光レンズがあなたのニーズに最適か、眼鏡店に相談してみてください。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから