ホーム 状態 目の状態 A-Z

目の下のたるみの解消法

目の下の酷いたるみにうんざりさせられてはいませんか?  目の下のたるみのせいで、疲れた表情に見えたり、老けた顔に見えたりするのは嫌なものです。

目の下のたるみを最小限に抑えるための方法は、実はたくさんあります。

目の下のたるみとは何か?

目の下のたるみは、ハリのなくなった皮膚がゆるんで、袋のように垂れ下がることです。これによって生じた空間に、目の下にある脂肪パッドが下がってきて入り込みます。

Expandable

体内の余分な水分がここに溜まることもあります。そうすると、下まぶたはさらにふくらんで、腫れたように見えます。目の下の影や皮膚の変色によって、さらにこのふくらみが目立って見えるようになることもあります。

目の下のたるみは主に見た目の問題であって、通常は健康上害はありません。しかし、目の下のたるみが別の医学的な症状のとなっている場合もあります。

ほとんどの場合、目の下のたるみは朝のほうが目立ちます。これは、夜の間にゆるんだ皮膚の下に水分が溜まるためです。

目の下のたるみの原因は?

目の下のたるみの原因で最も一般的なのは、加齢です。年を取ると、体内の脂肪パッドやコラーゲンが減少します。これらは、皮膚や筋肉、その他の部位の中にある結合組織の主要な構成要素です。

Expandable

コラーゲンのレベルが下がると、全身の皮膚とその下にある筋肉が弾力性と緊張感を失います。このような状態は、目の周辺で特に目立ちます。なぜなら、目の周辺の皮膚は非常に薄いからです。  

この他に、むくみや、甲状腺疾患などの慢性疾患や感染症、アレルギー、ストレス、眼精疲労、喫煙、睡眠不足、遺伝的な顔の特徴なども、目の下のたるみが生じる要因となります。

このたるみが酷くなったり、痛みやかゆみ、発赤が伴ったり、なかなか治らなかったりした場合は、眼科医を受診して医学的な診断を受けてください。

目の下のたるみの対処法

目の下のたるみは、その発生の原因を特定することが、治療法の最初のステップとなります。

例えば、加齢が原因の場合や、あるいは他の家族にも共通して見られるような場合は、美容整形などの外見上の対処法が最良のオプションとなる場合があります。

目の美容整形手術 は見た目を改善することだけが目的であり、医療保険の対象とはならないということは事前に認識しておく必要があります。

目の下のたるみが環境因子や別の健康上の問題によって引き起こされているものである場合には、家庭でできる簡単な対処法を実践したり、ライフスタイルを変えたりすることによって、たるみを目立たなくさせることができます。これには、以下のようなものが含まれます:

  • たくさん睡眠をとる (1日平均8時間)。

  • 頭を数センチ高くして寝ること  水分が目のまわりに溜まることを防ぐ

  • 寝る前に水分を摂らないようにする  一日を通じて塩分を控える

  • 冷たい水で濡らした手ぬぐいで 目のまわりの冷湿布を行う(まっすぐ座った状態で行うのが望ましい)。また、手ぬぐいのかわりに、キュウリのスライスまたは冷たい水に浸したティーパックを使っても、たるみを軽減させる効果があります。

  • アレルギー症状が起こらないようにする (アレルゲンを避け、処方箋や市販の抗アレルギーを服用する)。

  • コンシーラーを使用し、 目の下の黒っぽい影を目立たさないようにする。

目の下のたるみを軽減するために家庭でできる対処法で、最もよく使われている方法のひとつが、痔の治療用クリームを使用することです。(冗談ではなく、本当です。)

痔の治療用クリームにはフェニレフリンが含まれています。これは、血管を収縮させ、目の下の皮膚を一時的に引き締める効果を発揮します。これにより、目の下のたるみがあまり目立たなくなるのです。クリームが目に入ると炎症を起こす可能性があるので、目に入らないように注意する必要があります。

喫煙者は、禁煙にトライしてみましょう。禁煙 は 全身の健康や視力に良い影響をもたらすだけでなく、コラーゲンの喪失のスピードをゆるめ、皮膚が薄くなるのを遅らせることにもつながります。そして、もし目の下のたるみを除去する美容整形手術を受けるのであれば、タバコをやめたほうが手術後の回復も早くなります。

他にも、目の下の皮膚を引き締め、たるみを抑えることを目的としたシワ治療や皮膚療法もあります。これには、ケミカルピールやレーザーによる皮膚再生術、皮膚充填剤の注射などが含まれます。

これらの対処法や手術のメリットや副作用、リスクについては、眼科医や眼形成外科医、形成外科医などとしっかり話し合う必要があります。

目の下のたるみの外科手術

目の下のたるみに対して、上記のような対処法や治療法の一部、またはすべてを試してみても、その結果に満足がいかないという人は、もっと恒久的な効果を得られる方法を選択したくなるかもしれません。

Expandable

それは、まぶたの美容整形手術、すなわち 眼瞼形成術と呼ばれる手術です。この手術によって、下まぶたの下の皮膚を平らにし、引き締めることができます。眼瞼形成術は腫れぼったいまぶたや 眼瞼下垂の治療にも用いられます。

目の下のたるみを解消するために行う下まぶたの眼瞼形成術は、通常、日帰り手術で、局所麻酔と鎮静剤を使用して行われます。(一部のケースでは、全身麻酔が用いられる場合もあります。)

手術前に、担当医は目の下の切開する位置に印をつけます。通常、下まぶたの内側あるいはまつ毛の下を切開します。

切開したところから、余分な脂肪や皮膚組織を取り除いたのち、吸収糸を使用して、小さな縫い目で縫合します。目指す結果は、なめらかで「ハリのある」肌です。

目の下のたるみの手術からの回復

手術後の回復をスムーズなものにするためには、担当医の指示に従うことが重要になります。約48時間にわたって冷湿布を当て続けることで、腫れや不快感を抑えることができます。治癒を促進し、感染症を防止するために、処方箋の軟膏や点眼薬を医師の指示に従って使用します。

Expandable

手術直後の数日間は、ある程度の腫れやあざ、ドライアイなどの症状が生じる場合があります。外出の際は、回復途上にある皮膚と目を保護するために、色の濃いサングラスを着用します。手術後少なくとも1週間は、激しい運動を避けてください。

ほとんどの場合、手術後10日〜14日程度で腫れやあざが大幅に少なくなり、人前に出ても問題ないと感じられるようになります。異常な症状や痛みが発生したりして、手術によるトラブルが疑われる場合は、眼科医などのアイケア・プロに相談してください。

どんなに小さな手術であっても、手術というものにはリスクがつきものです。眼瞼形成術に伴うリスクには、以下のようなものがあります:

  • 出血

  • あざ

  • 痛み

  • 感染症

  • しびれ

  • 皮膚の変色

  • 切開線に生じる嚢胞

  • 回復遅延(特に喫煙者)

  • 上まぶたの垂れ下がり

まぶたの手術から完全に回復するには、6週間以上の時間がかかります。気になる症状や疑問点がある場合は、手術後の診察の際に担当医に伝えましょう。   

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから