ホームページ眼の状態に関するページ眼の状態

眼瞼痙攣:8つの原因、治療および予防


  1. 症状
  2. 原因
  3. 対応法

眼瞼痙攣とは何でしょうか?

眼瞼痙攣 - 実際はまぶたの痙攣(けいれん) — はよく見られる無害な症状です。

眼瞼痙攣の大半は数分間しか続きませんが、まぶたが数日以上痙攣することもあります。眼瞼痙攣が比較的早く消退しない場合は、眼科医 を受診してください

眼瞼痙攣が消退しない場合は、眼瞼痙攣や片側顔面痙攣など、まぶたに影響を与える深刻な神経学的状態を示している可能性があります。これらの比較的まれな状態は、よく見られる眼瞼痙攣よりも明白で重度であり、眼科医の診察を受ける必要があります。

眼瞼痙攣の原因は何でしょうか?

眼瞼痙攣の原因には以下のものが含まれます:

  • ストレス

  • 倦怠感

  • 疲れ目

  • カフェイン

  • アルコール

  • ドライアイ

  • 栄養の問題

  • アレルギー

眼瞼痙攣が頻繁に起こる場合は、このリストをよく見て、ご自身がこれらの潜在的原因のどれが当てはまるか確認してください。食事やライフスタイルを少し変えれば、眼瞼痙攣のリスクを大幅に減らしたり、眼瞼痙攣が消退する場合があります。

眼瞼痙攣の原因

1. ストレス

ストレスは眼瞼痙攣の最も一般的な原因と考えられています。ヨガ、呼吸法、友人やペットとの時間、毎日の休憩時間をふやすことは、眼瞼痙攣の原因となりうるストレスを軽減する方法です。

2. 倦怠感

睡眠不足は、ストレスやその他の理由で眼瞼痙攣の原因となります。睡眠をとること、一定の睡眠時間を確保することが大切です。

3. 疲れ目

疲れ目、特に パソコン、タブレット、スマートフォンの使い過ぎによる デジタルデバイスによる眼精疲労も眼瞼痙攣の原因としてよく見られます。

デジタルデバイスを使用する場合は以下の"20-20-20ルール"に従ってください: 20分ごとに、画面から目を離し、遠くの物体(少なくとも20フィート(約6m)離れた場所)を20秒以上眺めます。これにより、眼瞼痙攣の原因となる倦怠感が軽減されます。

また、デジタルデバイスによる眼精疲労を和らげるパソコン用メガネについては アイケア・プロ(眼科医、眼鏡従事者、コンタクトレンズ従事者など)にお尋ねください。

4. カフェイン

カフェインを摂りすぎると眼瞼痙攣の原因となります。コーヒー、お茶、ソフトドリンクを1〜2週間減らして(またはカフェイン抜きのものに切り替えて)、眼瞼痙攣が消退するかどうか確認してください。

5. アルコール

ビール、ワイン、または蒸留酒を飲んだ後にまぶたが痙攣する場合は、アルコール摂取による眼瞼痙攣の可能性があるため、しばらく控えてみてください。

6. ドライアイ

成人の多くが、 特に50歳以降にドライアイを経験します。ドライアイも、パソコンを使用し、特定の薬(特に抗ヒスタミン薬と一部の抗うつ薬)を服用し、コンタクトレンズを装用し、カフェインやアルコールを摂取する人々の間で非常によく見られます。

まぶたが痙攣し、眼がざらついたり、乾燥している場合は、眼科医を受診し、ドライアイの診察を受けてください。眼の表面にうるおいが戻れば、眼瞼痙攣が止まり、将来の痙攣のリスクが低下する可能性があります。

7. 栄養不足

マグネシウムなど特定の栄養素の不足によって、まぶたが痙攣することを示唆する報告もあります。これらの報告は決定的なものではありませんが、眼瞼痙攣の別の原因と考えられます。

食事では健康な視力に必要なすべての栄養素を摂取できないかもしれないと心配な場合は、市販の栄養補助食品を購入する前に、眼科医にご相談ください。

8. アレルギー

目の アレルギーのある人は、 かゆみ、腫れ、涙目がある可能性があります。アレルギー症状で目をこすると、ヒスタミンがまぶたの組織や涙に放出され、眼瞼痙攣を引き起こす可能性があります。

アレルギー症状を軽減するために処方された市販の点眼薬が役立つ場合があります。しかし、これらの点眼薬に含まれる抗ヒスタミン薬がドライアイの原因となる可能性があります。アレルギー症状や眼瞼痙攣がある場合は、眼科医に相談して、目に正しいことをしているか確認することをお勧めします。

眼瞼痙攣を止める別の方法:ボトックス

まれに、上記の治療法を適用しても、眼瞼痙攣が消退しない場合があります。

持続性の眼瞼痙攣は、ボトックス注射で治療すれば、まぶたの不随意の筋肉収縮を止めることができます。

眼科医の受診時期

持続的な眼瞼痙攣、突然の容姿の変貌、または顔半分(まぶたを含む)に動きが発生した場合、 または両方のまぶたが固く締まったまま目が開かない場合は、すぐに眼科医を受診してください。これらは重篤疾患の兆候である可能性があります。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから