ホーム 状態 目の状態 A-Z

霰粒腫:原因と対応(まぶたの隆起)

霰粒腫はまぶたにできる痛みのないやや硬いしこりです。上まぶたや下まぶたに影響を与える可能性があります。

霰粒腫(複数の霰粒腫)は、内部の麦粒腫が治癒して 感染性がなくなった結果として生じたものです。これらの嚢胞のようなまぶたのしこりは、まぶた内の皮脂腺の周りに形成され、まぶたが赤く腫れあがる可能性があります。

霰粒腫の内容物には、膿や閉塞された脂肪分泌物(脂質)が含まれます。これらは通常、目の潤滑に役立ちますが、排出できなくなっています。

多くの霰粒腫は自然に消退し、排出されます。まぶたに温湿布をすることで、このプロセスを促進できます。まぶたをやさしくマッサージするのも効果的です。

しかし、一部の霰粒腫は数週間以上持続し、美容的に魅力がなくなるほど大きくなります。

大きな霰粒腫は 角膜を圧迫し、一時的に 乱視 および かすみ目を引き起こす可能性があります。

霰粒腫の原因は何でしょうか?

霰粒腫の原因を知ることは不可能な場合が多くなります。危険因子には 眼瞼炎 および酒皶が含まれます。

酒皶は顔の赤みと皮下の腫れた隆起を特徴として、眼瞼炎や霰粒腫など特定の目の問題を伴う傾向があります。

酒皶は、まぶた、眼の薄い外膜(結膜)、透明な表面(角膜)および 白目(強膜)に影響を与える可能性があります。

目と周囲の組織に 影響を与える 酒皶は 眼性酒皶と呼ばれます。

酒皶自体の原因を特定するのは難しい場合がありますが、環境や遺伝的 傾向が要因と考えられています。まつ毛の根本付近に生息する特定の微生物も、眼の周りの炎症を悪化させる可能性があります。

霰粒腫にはどのような治療法がありますか?

霰粒腫を発症した場合は、まぶたのこの厄介なしこりを取り除く最良の方法を決定するために、アイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者、コンタクトレンズ事業従事者、眼科眼鏡機器事業従事者など)に相談してください。

目の検査が必要ですか? お近くの アイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者、コンタクトレンズ事業従事者、眼科眼鏡機器事業従事者など)を探して 予約を入れてください。

アイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者、コンタクトレンズ事業従事者、眼科眼鏡機器事業従事者など)は、まぶたに温湿布を使用する方法を説明するだけでなく、まぶたのしこりを取り除く局所薬を処方することもできます。眼瞼炎になりやすい場合は、まぶたの定期的なクリーニングの指導も行われます。症例によっては、霰粒腫の危険因子を減らすために、経口薬を推奨されることもあります。

眼瞼炎およびマイボーム腺機能不全に対して 最も一般的に処方される経口薬は、 ドキシサイクリンなどの抗生物質です。

局所抗生物質および経口抗生物質は通常、この種のアプローチを必要とする活性感染成分がない霰粒腫の直接的な治療としては効果がありません。

まぶたのしこりが小さく目立たなければ、治療をまったく必要としない場合もあります。ただし、霰粒腫の原因となる閉塞の中には、自然に消退しないものもあります。このような場合、まぶたのしこりが持続するか、さらに大きくなる可能性があります。

厄介で持続的な霰粒腫の場合、アイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者、コンタクトレンズ事業従事者、眼科眼鏡機器事業従事者など)から簡単な院内手術による切除を勧められることがあります。

眼科医は、局所麻酔を使用してその領域を麻痺させてから、通常はまぶたの下から小さく切開して、目に見える瘢痕を残さずにしこりの内容物を取り除きます。

その他に、霰粒腫にコルチコステロイドを注射して、まぶたのしこりを取り除く方法もあります。ステロイド注射には、潜在的な副作用として周囲の皮膚の漂白があります。これは、肌の色が濃い人にとっては問題になる可能性があります。

まぶたの同じ部分に霰粒腫が再発したり、疑わしい外観を示したりした場合は、切除した組織を検査室に送って、がんの増殖を除外することができます。幸いなことに、まぶたのしこりの大半は良性で無害です。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから