ホーム 状態 目の状態 A-Z

マイボーム腺機能不全(MGD):ドライアイの原因は?

マイボーム腺のある目のイラスト

マイボーム腺の機能不全について聞いたことがないと思いますが、最もよく見られる目の問題の1つなのです。

マイボーム腺とは、まぶたの特定の種類の腺を指します。マイボーム腺という名前は、1666年に最初に記述して図面を作成したドイツの医師Heinrich Meibomにちなんで名付けられました。

上まぶたには約25〜40個の、下まぶたには20〜30個のマイボーム腺があります。これらの腺の機能は、目の表面に脂を分泌することです。これらの脂は、涙が急激に蒸発するのを防ぐのに役立ちます。

マイボーム腺機能不全(MGD)は、マイボーム腺の閉塞またはその他の異常であるため、涙に十分な脂が分泌されなくなります。そうなると目の表面の涙膜の蒸発が速くなりすぎるため、MGDは ドライアイ症候群に関連しています。それは眼瞼炎と呼ばれる まぶたの問題にも関連しています。

マイボーム腺機能不全の別名は"マイボーム腺炎"です。

MGDの危険因子

マイボーム腺機能不全のリスクを高めるいくつかの要因があります。

ドライアイのリスクと同様、MGDのリスクは年齢とともに増大します。40歳以上の人の発症リスクは、小児や若年成人よりも大幅に高まります。

マイボーム腺機能不全(MGD)は、多くの場合、ドライアイの根本的な原因となります。

233名の高齢者(男性91%、平均年齢63歳)を対象とした研究では、 59%にマイボーム腺機能不全の兆候が少なくとも1つはあることが分かりました。

民族的背景もまた役割を果たします。MGDに関する公表された研究の広範なレビューでは、 いくつか試験により、タイ、日本、中国のアジア人集団の最大69%がマイボーム腺機能不全であることが示されました。他の試験と比較すると、米国とオーストラリアの非ヒスパニック系白人ではMGDが最大20%に過ぎないことが分かっています。

MGDのもう一つの原因はアイメイクをすることです。アイライナーやその他の化粧によって、マイボーム腺の開口部が詰まる可能性があります。これは、まぶたを完全にきれいにせず、寝る前にアイメイクを落としていない場合に特に当てはまります。

コンタクトレンズ の装用も MGDのリスクを高めると考える研究者もいます。最近の研究では、マイボーム腺の変化はコンタクトレンズの装用に関連しており、コンタクトの使用を最大6か月間中止しても、これらの変化はなくならないことが示されました。

しかし、コンタクトレンズの装用が実際にマイボーム腺機能不全を引き起こすかどうかは不明であり、大半の研究者は、コンタクトレンズ装用者のMGDリスクが高いかどうかを判断するには追加の研究が必要であると述べています。

MGDはどのように検出されますか?

マイボーム腺機能不全の症状である、赤目、ざらざらした感じ、目のかゆみ、かすみ目は、ドライアイ症候群の症状とほぼ同じです。

MGDかどうかを確実に特定できるのは眼科医だけです。

眼科医がMGDを検出するために使用する可能性のある簡単な手法は、まぶたに圧力をかけてマイボーム腺の内容物を搾り出すことです。これらの分泌物を観察することで、眼科医はマイボーム腺機能不全かどうか判断できることがよくあります。

マイボーム腺は涙膜を安定させる脂を分泌することで、目の表面をしっとりと快適に保ちます。

マイボーム腺の機能不全は涙液層の安定性に影響を与えるため、眼科医は涙液の質、量、安定性を調べることもあります。

一般的な検査の1つは、涙膜破壊時間(TBUT)検査と呼ばれます。この簡単で痛みのない手順では、眼の前面の涙膜に少量の染料を塗布します。眼科医は次にコバルトブルー光(涙を輝かせる)による眼の検査で、涙膜が安定性を失う(崩壊する)速度を測定します。

マイボーム腺機能不全の治療

かつては、MGDに推奨される典型的な治療法は、まぶたに温湿布をした後、まぶたをマッサージする方法でした。この治療法の目的は、マイボーム腺の開口部を詰まらせている濃厚な脂を溶かして搾り出すことでした。

温湿布とまぶたのマッサージでは通常、MGDの症状は効果的に緩和されません。

残念ながら、温湿布とマッサージは通常、問題の治療とマイボーム腺の正常な機能の回復に十分ではありません。

別の選択肢として、マイボーム腺プロービングがありました。この治療では、麻酔点眼薬を眼に使用してから、眼科医がハンドヘルド機器の端を使用して、マイボーム腺の開口部(まつげの付け根付近)を探り拡張します。この手順は非常に効果的ですが、面倒でやや不快感があります。

今日では、新しい治療選択肢が利用可能になりました。これらには以下が含まれます:

熱脈動システムは、まぶたにマイボーム腺のワックス状の沈着物を溶かすのに 十分な熱を加える院内の医療機器です。同時に、まぶたに脈圧をかけて腺を開き、内容物を完全に搾り出します。

この12分間の治療でまぶたに取り付ける装置は、まぶたから眼球自体に熱や圧力が伝達されないように設計されています。研究によると、 1回の熱脈動治療で、マイボーム腺の分泌とドライアイの症状が最大3年間大幅に改善しました。

熱および圧迫治療システムは、 携帯型のハンドヘルドLEDベースの熱源を使用して、まぶたの内面と外面を温めることで、マイボーム腺内に閉じ込められたワックス状の分泌物を溶かします。

分泌物を溶かすのに十分な熱が加えられると眼科医がまぶたの縁に圧迫を加えて、プロセスを直接観察しながら、マイボーム腺の詰まりを搾り出します。この治療は通常8分未満で完了します。

研究によると、熱と圧迫によるMGD治療は、治療後2〜4週間で、マイボーム腺機能不全とドライアイの兆候と症状を有意に改善しました。

MGDの治療には、 使い捨ての接着剤加熱パッチも使用します。パッチをまぶたの外側に貼り、ケーブルで小型の再利用可能なハンドヘルド加熱ユニットと接続します。12分間加熱後、眼科医が圧搾鉗子を使用してふたを絞り、詰まったマイボーム腺を開いて排出します。

そのような システムの1つのパイロット研究では、 MGDとドライアイ疾患の効果的な治療選択肢であり、少なくとも6か月続くドライアイの兆候と症状を軽減することが示されました。毎日自宅で温湿布を使用した対照群の患者では、そのような改善は認められませんでした。

マイボーム腺の補助療法

MGDとドライアイの治療の組み合わせて行うことを推奨する眼科医もいます。上記の使用が提案される可能性のある治療法は次のとおりです:

超短パルス光 (IPL) 皮膚科医が酒さ性ざ瘡の治療に何年も使用しているこの治療法は、マイボーム腺機能不全やドライアイの症状を緩和するのにも効果的であることが示されています。

可視光源と赤外光源の超短パルス光をまぶたに照射するIPL治療は約20分間続きます。通常は、複数回の治療を約1か月間隔で計画します。

IPL治療は、マイボーム腺の閉塞を引き起こすまぶたの炎症を軽減すると考えられています。IPLの3年間の試験では、 MGDの治療法として有望な結果が示され、93%の被験者が一連のIPL治療後のドライアイ症状の改善レベルに満足していると報告しています。

機械的眼瞼デブリードマン は眼瞼炎の院内治療として、マイボーム腺機能不全の症状を軽減することも示されています。ハンドヘルド機器に搭載した医療グレードのスポンジを回転させながら、まぶたの縁を優しくこすります。この角質除去作用により、マイボーム腺を詰まらせる原因となるまぶたに形成され炎症の原因となるバイオフィルムが除去されます。治療は通常、4つすべてのまぶたをきれいにするのに必要な時間は10分未満です。

手動眼瞼デブリードマン この治療では、眼科医がハンドヘルド機器を使用して、まぶたの縁に付着してマイボーム腺の開口部を詰まらせる可能性のあるケラチンと呼ばれる物質やその他の破片を削り取ります。研究によると、 眼瞼デブリードマンスケーリングは、処置の1か月後に、ドライアイ症状とマイボーム腺機能の統計的に有意な軽減をもたらしたことを示しています。

抗菌点眼薬 いくつかの研究では、抗菌点眼薬がマイボーム腺機能不全の消退に有用であることが示されました。目の検査の間に、これがあなたにとって良い選択肢であるかどうか眼科医から助言があります。

シクロスポリン点眼薬 シクロスポリンは、特異的な方法で体の免疫反応を抑制する薬剤です。この薬剤は、ドライアイの症状を管理するために使用される いくつかの処方点眼薬に含まれています。

オメガ3サプリメント 一部の眼科医は、上記のMGD治療の1つの補助療法として、 オメガ3脂肪酸の栄養補助食品を推奨しています。オメガ3が豊富な食事は、マイボーム腺機能不全の将来の発作のリスクを減らす可能性もあります。これらの必須脂肪酸は、MGDに関連する炎症を抑制し、マイボーム腺内にワックス状沈着物が蓄積するリスクを減らすのに役立つと思われます。

眼科を受診してください。

マイボーム腺機能不全があるかどうかを確実に判断し、特定のニーズに最適なMGD治療選択肢を提供できるのは眼科医だけです。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

アイドクターを探す