ホーム 状態 目の状態 A-Z

目のかゆみ:原因と治療法


  1. 原因
  2. 治療

大半の人が時々目のかゆみを経験します。目のかゆみには多くの原因があり、まぶた、特にまつげの付け根のかゆみ、赤目 または 眼瞼腫脹を伴います。

目のかゆみの医学用語は、目の掻痒症("proo-RIE-tus")です。

ここでは、目のかゆみについて、またその緩和方法について学習します。(注意:目をこすっても効果はありません。)

目のかゆみの原因

大半の場合、目のかゆみはある種のアレルギーによって引き起こされます。花粉、ほこり、動物の皮屑などの刺激性物質(アレルゲン)は、目の周りの組織にヒスタミンと呼ばれる化合物を放出し、かゆみ、赤み、腫れを引き起こします。

Expandable

こすることはあなたのかゆみを助けません。実際、それは事態を悪化させる可能性があります。

目のアレルギーの 状態や程度は様々で、季節性と多年性などがあります。

季節性アレルギーは、アレルギー性結膜炎として知られるものを引き起こします。 春と秋に最もよく見られ、花粉の飛散量が多い時期に草や雑草などの屋外のアレルゲンにさらされることが原因です。

一方、多年性アレルギーは一年中存在し、カビやほこりなどが原因となります。

場合によっては、使用している製品がアレルギー関連の目のかゆみを引き起こす可能性があります。たとえば、コンタクトレンズ用溶液に アレルギーのある人もいます。その他に目のかゆみを引き起こす可能性のある成分を含む製品には、次のものがあります:ドライアイの治療に使用される人工涙液、化粧品、ローション、クリームおよび石鹸。

しかし、目のかゆみの原因はアレルギーだけではありません。(かゆみに加えて) 目に灼熱感がある場合、原因はアレルギーではなく、ドライアイ症候群 または マイボーム腺の機能障害と考えられます。

同様に、まぶたが赤く炎症を起こしている場合は、眼瞼炎と呼ばれる状態になっている可能性があります。これは、細菌が原因で、症例によってはまぶたに生息する微細なダニが原因です。

コンタクトレンズを、装用する際 目のかゆみによりレンズの装用が非常に不快になることがあります。コンタクトレンズを長時間装用しているか、または適正な間隔で交換しない場合も目のかゆみを引き起こす可能性があります。

目のかゆみの原因は様々ですので、症状が長引いたり、悪化したり、アレルギーの季節が終わっても治まらない場合はアイケア・プロにご相談ください。

目のかゆみの治療

目のかゆみの症状は、市販の人工涙液や アレルギー点眼薬で軽減できる場合があります。しかし多くの症例から、緩和するには処方点眼薬または経口薬が必要になる場合があります。薬剤の中には、特に季節性アレルギーによる症状の場合、将来的に目のかゆみの発作を起こしにくくするものもあります。

閉じた目の上から清潔で冷たく湿った手ぬぐいを当てても、目のかゆみの重症度の軽減に役立ちます。

目のかゆみに最も効果的な治療法は、原因に直接対処することです。たとえば、症状の原因がドライアイの状態に関連している人にアレルギー用の点眼薬を使用しても、季節性アレルギーが原因で目のかゆみがある人よりも効果は低くなります。このため、目のかゆみに最も効果的な治療法を決定するには、アイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者、コンタクトレンズ事業従事者、眼科眼鏡機器事業従事者など)に相談することが非常に役立ちます。

いくつかの異なる種類の薬が目のかゆみを和らげるのに役立つかもしれませんが、あなたに最も適した治療法または治療法の組み合わせを特定できるのはアイケア・プロです。症例によっては、目のかゆみは人工涙液や舌下免疫療法で治すことができます。しかし、他の症例では、抗生物質、抗炎症薬、および/または特別なまぶたのクレンジング製品も必要になる場合があります。

何より、目がかゆくてこすりたくなっても、目をこすらないでください。こすると、ヒスタミンの放出量が多くなり、かゆみが悪化します。また、目を強くこすりすぎたり 目に細菌が 入ったりすると、目の感染症を引き起こす可能性があります。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから