ホームページ眼鏡眼鏡フレーム子供用メガネとフレーム:お子様向けの楽しいメガネガイド

子供用メガネとフレーム:お子様向けの楽しいメガネガイド

子供用のメガネフレーム選びは楽しいものです。たくさんの新スタイルが揃っているので、あなたもお子さんも気に入る子供用メガネがきっと見つかるはずです。

人気キャラクターやアイドルをベースにしたブランドから「大人」向けスタイルまで、幅広い選択肢があります。

また、最高の子供用メガネは耐久性や安全性にも優れているので安心です。

子供がメガネフレームに求めるもの

両親や年上の兄姉がかけている メガネ にそっくりなメガネを欲しがる子供は少なくありません。

今では、細長い長方形のプラスチックフレームや小さくレトロな楕円形フレーム、さらには細いチタンフレームなども、小柄なお客様のために用意されています。

ポップカルチャーのアイコンやロゴは、子供用メガネの中でも大きな存在です。テレビで人気のアニメキャラクターも、独自ブランドから子供用メガネフレームを販売しています。その多くは、一見大人びて見えますが、スポンジ・ボブ・スクエアパンツのフレームの暗闇で光るプランクトンや、ブルーズ・クルーズの肉球プリントのように楽しいディテールも持ち合わせています。

ハリー・ポッターの本や映画の人気から、多くの子供たちの間で「ハリーみたいな」フレームの需要が生まれる一方、より年長の子供たちの間ではスポーツ界の人気プレイヤーが身に付けているような流行りのブランドやロゴに影響を受けています。

スタイルやブランドに関係なく、子供たちがフレーム選びのプロセスに参加していると感じることが重要です。好みのフレームを自分で選ぶことで、メガネを身に着けて大事に手入れするようになるからです。

子供用メガネ:耐久性と安全性

子供は特定の色やブランドのメガネフレームを欲しがるかもしれませんが、保護者は通常、長持ちするメガネを望みます。

子供用のメガネフレームには、スプリングヒンジ(フレームのテンプルを両方向に曲げる部分)や、柔軟性のあるフレーム素材(フレームの上に座ってしまったり、メガネの着脱時にテンプルを曲げ過ぎたりという事故にも耐えられる)などを選びましょう。このような耐久性機能があることで、長期的にはコスト削減につながります。

ステンレスやチタンなど、より薄くて軽く、強い素材が子供用メガネの素材として人気が高まってきています。これら耐久性の高い素材である素材で作られたフレームは、メガネの扱いが乱暴な子供たちにピッタリです。

また、眼鏡メーカーや眼鏡店のほとんどが保証延長サービスを提供しているので、安心して子供用メガネに投資することができます。

ポリカーボネートレンズ やトライベックスレンズは、子供用メガネのレンズとして最適です。これらのレンズは軽量で耐衝撃性能に優れるだけでなく、快適性と安全性も兼ね備えています。

さらに耐久性を高めるため、傷防止コートが施されたレンズを購入するようにしてください。

子供用メガネの5つのトレンド

  1. 今時のデザイナーたちは、大人向けのクールでクラシックなデザインをサイズダウンして、子供用メガネのデザインにも適用しています。お子さんがご両親のメガネにそっくりのデザインを欲しがっても驚かないでください。

  2. 人気ブランドやキャラクターのメガネラインが子供たちに人気です。フィッシャープライスやハッシュパピー、ディズニー、マーベルコミックスなどのデザインは、年齢に関係なくすべての子供たちに人気がありますが、幼児の間で特に人気です。エクストリームスポーツ(エックスゲームズ)やバスケットボール(ナイキ、コンバース)、その他のスポーツに関連するラインは、もう少し年長の子供の間で非常に人気があります。

  3. スプリングヒンジ、丈夫で柔軟性のあるフレーム素材、耐衝撃性能に優れたポリカーボネートレンズが、子供の目だけでなくメガネへの投資の保護にも役立ちます。

  4. 子供用サングラスも お忘れなく。子供の目を有害な紫外線から保護することで、後年、成人してから白内障などの眼疾患リスクを軽減することが可能です。ポリカーボネート製の調光レンズ(フォトクロミック) は耐衝撃性能に優れ、紫外線を100%カットし屋内外の両方で着用できます。

  5. そろそろ十代になる子供たちにとって、メガネのファッション性は重要ポイントです。ゲスやカルバンクラインなど、世界的に有名なデザイナーブランドのメガネフレームは「十代の若者」にとって非常に魅力的です。この他にも、エスプリやナインウェストなど、アパレルやアクセサリーブランドのフレームも人気です。

子供用のメガネ選びはやりようによって楽しい経験になります。十分な時間を与えて、子供たち本人にさまざまなスタイルを試着させ、選ばせましょう。こうすることで子供たちもメガネをかけている自分の姿に慣れ、選んだフレームに満足するようになります。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから