ホームページサングラスサングラス購入子供用サングラスとその選び方

子供用サングラスとその選び方

サングラスをかけた笑顔の子供たち

子供にサングラスは 必要?

はい、もちろん必要です。紫外線(UV)による 目へのダメージは 生涯にわたって累積されるものです。

子供たちは大人よりも屋外で過ごす時間が長いため、紫外線を100%遮断するサングラスは子供にとって特に重要です。

生涯における紫外線への露出の約半分以上は18歳までに起きていると推定する専門家もいます。多くの人が想像する以上に、サングラスは子供にとって重要である可能性があります。

小児期にサングラスを着用することによって、白内障や翼状片など、紫外線への累積的露出に伴う眼疾患の 予防 が 可能です。

また、紫外線だけが太陽光による潜在リスクではありません。

近年、研究者たちは太陽光による高エネルギーの可視光『ブルーライト』への長期露出が 後年の 黄斑変性症の発症リスクを高めるなど、長期的な目の損傷の原因になる 可能性を 示唆しました。

子供たちの目の水晶体は、紫外線やブルーライトなどの高エネルギー光線をフィルターする能力が大人より低いため、子供の目は大人の目よりも影響を受けやすくなっています。これは、特に幼児に対して言えることです。このため、できるだけ子供が小さい時から、屋外で保護サングラスを着用させるようにするのが賢明です。

また、高地や熱帯地域、反射性の高い環境(雪原、水上、砂浜など)では紫外線への露出度が増加するため注意が必要です。このような環境や状況では、サングラスの着用が非常に重要です。

サングラスレンズの色選び

サングラスの紫外線カットレベルは、レンズの色とは無関係です。

レンズの紫外線カットレベルが100%であることが明記されているのであれば、レンズの色や濃淡は個人の好みで選べます。

太陽のHEV光線(可視光線)を遮るサングラスレンズのほとんどは、アンバーあるいはコッパー色です。ブルーライトをブロックすることで、視界のコントラストを高める効果もあります。

もう1つの優れた選択肢は、調光レンズ(フォトクロミック)です。屋内ではクリアで、太陽光に当たると自動的に色が濃くなるという特徴があります。調光レンズ(フォトクロミック)を使えば、視力矯正メガネが必要な子供でもサングラスを別に用意する必要はありません。さらに、さまざまなレンズ素材や色から選ぶことができます。調光レンズ(フォトクロミック)は紫外線を100%カットして、高エネルギーの可視光ブルーライトもカットします。

子供用サングラスを購入できる場所

子供用サングラスは眼科医のクリニックやオンラインショップ、眼鏡店、サングラス専門店などさまざまな場所で購入可能です。

どこで購入するにしても、子供の顔の大きさに合わせてサイズ調整されたサングラスフレームを豊富に取り揃えている所を選びましょう。また、軽さと快適さ、そして安全性を高める耐衝撃性能を兼ね備えたサングラスなら、ポリカーボネートレンズもお勧めです。

そして、子供用サングラスを購入する前に、製品保証と満足度保証についても必ず確認しましょう。

眼鏡用の付属品についてもチェックしましょう。

子供用サングラスの選択とフィッティングの際には、購入先からそれぞれのサングラスの利点とお手入れ方法について説明を受けるようにしましょう。

多くの眼鏡店では、サングラスの手入れ用クリーニングクロスや洗浄液、使っていない時に入れておくための収納ケースのセレクションがあります。

サングラスコードも便利なアイテムです。サングラスのテンプルに取り付けることで、 外した時(または外れた時)にサングラスが首からぶら下がって紛失したり損傷したりしないようにするものです。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから