ホームページサングラスサングラス購入子供用サングラス:子供の目を守るために最適な方法

子供用サングラス:子供の目を守るために最適な方法

お子さまの目の保護に最適なものを選ぶ

本当に子供に サングラスは必要でしょうか??

眼科医や研究者たちによると、その答えは「はい」です。

太陽光の紫外線(UV)や ブルーライト (高エネルギー可視光またはHEV光とも呼ばれる)は、白内障黄斑変性など、複数の加齢に伴う眼疾患のリスクを高めると考えられています。

研究者によると、生涯を通して紫外線やブルーライトを浴びる機会が多いほど、これらの視力を脅かす状態に陥るリスクが高くなります。

子供は大人よりも屋外で過ごすことが多いため、研究者の中には、 生涯の紫外線曝露の半分近くを18歳までに浴びている可能性があると言う人もいます。

また、子供の目の水晶体は大人のそれより紫外線(UV)をブロックする能力が低いため、有害な放射線を目の奥まで通してしまいやすく、目の奥にある光に敏感な 網膜 へのダメージを受けやすい状態にあります。

そして子供も大人も、人の目の 角膜 と 水晶体 には高エネルギーのブルーライトを吸収する能力がないため、そのほとんどが網膜に到達してしまいます。実験室での研究で、これらの光線は網膜の感光性細胞を損傷することが示されています。

これらのことから、日中の屋外では、すべての子供が(例え乳幼児でも!)UVおよびHEVをカットするサングラスを着用することが非常に重要であると言えます。これは曇りの日やどんよりとした日でも当てはまります。 ほとんどの紫外線(目に見えない)とHEV光線の一部は、曇りの日でも雲を透過して侵入してくるからです。

高品質の子供用サングラスに投資することで、子供たちが生涯にわたって優れた視力を維持できるようサポートすることが可能です。

子供用サングラスとUV保護

アメリカ失明予防協会(Prevent Blindness America)によると、子供用サングラスは、地球に到達する紫外線(UVAとUVB)の99~100%をカットできる必要があります。

UVA は、肌や目により深く浸透できる低エネルギー紫外線放射です。UVAは日焼けで肌を浅黒くするだけでなく、皺など「紫外線による老化」現象の原因にもなります。また、UVA光線は目も透過するため、白内障や黄斑変性の発症にも関与しています。

UVA光線は、地球の表面に到達する紫外線の最大95%を占めています。

UVB は、日焼けで皮膚を火傷させる高エネルギーの紫外線放射です。角膜は、目に入ってくるUVB光線のほとんどをカットして、この高エネルギーの光線から眼内の組織を保護することができます。しかし、UVB光線への過剰曝露は、紫外線角膜炎("雪盲)と呼ばれる、重度で痛みを伴う角膜の日焼けを引き起こすことがあります。").

また、UVAとUVB共に、まぶたのデリケートな皮膚や目の周りなど、顔の皮膚がんの原因にもなります。また、紫外線への曝露によって目の表面に生じる 瞼裂斑 や 翼状片と呼ばれる腫瘍の増殖にも関係していると言われています。

レンズだけに「紫外線ブロック」とラベルが貼られていたり、レンズの実際の紫外線吸収率を明記していない小児用サングラスには注意しましょう。

お手持ちの子供用サングラスの紫外線カットレベルが不明な場合は、眼科医などの目のプロのところに持参して、確認してもらいましょう。

子供用サングラスのお勧め機能

ほとんどの眼科医は、子供用サングラスに望ましい機能として、太陽光のUVAとUVBの紫外線100%カット、そしてブルーライトをかなりの高率でカットする機能に加え、以下をお勧めしています。

  • 耐衝撃性能レンズ

    子供用サングラスに最適なレンズは、ポリカーボネート製です。ポリカーボネートレンズは、標準プラスチックレンズに対し最大10倍の耐衝撃性能を持ち、

    遊んでいる子供たちの目をしっかり保護します。また、ポリカーボネート製レンズは、ガラスや標準的なプラスチックレンズよりも軽く、快適なかけ心地です。

  • しっかりと適切にフィットするフレーム 太陽の紫外線から子供たちの目を守り、ホコリやゴミが目に入らないようにするためには、比較的大きくぴったりフィットするフレームが、子供用サングラスとして最適なデザインです。

  • スプリングヒンジ

    90度以上の角度で曲がり、強いばねの力でフレームをぴったりフィットさせるヒンジは、スポーツや遊びの最中に子供たちのサングラスが外れたり、破損したりするリスクを減らします。

  • ゴムバンド

    フレームのテンプル(ツル)の端にゴムバンドを取り付けておくと、サングラスの紛失や破損の予防に役立ちます。アクティブなスポーツ時もフレームを頭にしっかり固定するための、ぴったりフィットのバンドタイプや、サングラスを外しても首からぶら下げて着脱しやすいルーズフィットのストラップタイプなど、選択肢はさまざまです。乳幼児の場合、窒息リスクがあるため、保護者がいない状態でのバンドやコードの使用は避けてください。

さらに紫外線防止効果を向上させるには、晴れた日に屋外へ出かける際には、子供にサングラスだけでなくつばの広い帽子を着用させるようにしましょう。研究者によると、目と顔をカバーするタイプの帽子は、着用するだけで紫外線照射を半分に減らすことができるそうです。

そして、日焼け止めもお忘れなく!

安物の子供用サングラスに要注意

安価でも、多くの子供用サングラスには優れた紫外線カット効果があります。ポリカーボネートレンズを使用している場合は特にそうです。ポリカーボネートレンズ素材は、レンズフィルターやコートを追加しなくても紫外線を100%カットします。

しかし、子供向けの安物のサングラスには、他のリスクがあります。例えば、ブランドによっては許容範囲以上の鉛が含まれている場合があります。また、安物の子供用サングラスは高品質のサングラスに比べて耐久性に欠けることがよくあります。

子供たちの安全と、最高品質の子供用アイウェアをベスト条件の保証付きで購入するには、眼科医などの目のプロまたは信頼できる眼鏡専門店を選びましょう。. [安物のメガネを避けるべき10の理由を読みましょう。]

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから