ホーム 状態 目の状態 A-Z

瞼裂斑:原因、症状及び対応


  1. 原因
  2. 症状と兆候
  3. 治療

瞼裂斑(pin-GWEK-yoo-lah)は、角膜の端に近い、 白目の部分(強膜)の結膜が黄色がかりわずかに隆起して 分厚くなった状態です。

瞼裂斑は眼球の非癌性の隆起であり、通常、強膜の中央部分の上部に発生します。この部分はまぶたの間にあるため太陽にさらされています。

通常、瞼裂斑は、鼻に近い強膜の表面に影響を及ぼしますが、外側の強膜(耳に近い)にも発生する可能性があります。

瞼裂斑の原因は何でしょうか?

太陽からの紫外線が 瞼裂斑の 主な原因です。しかし、ほこりや風に頻繁にさらされることもリスク要因のようです。ドライアイも一因となり、 瞼裂斑の増殖を促進する可能性があります。

瞼裂斑は、 太陽の下で多くの時間を過ごす中高年の人々によく見られます。しかし、若者や子供にも、特に太陽の紫外線から目を保護するために サングラスや帽子を着用せずに屋外にいることが多い人に発症する可能性があります。

瞼裂斑のリスクを減らすには、どんよりした曇りの日でも、太陽の紫外線が雲を透過するため、屋外でサングラスをかけることが重要です。最大限保護するために、通常のフレームよりも多くの日光を遮断するラップアラウンドフレームデザインのサングラスを選択してください。

瞼裂斑の兆候と症状

大半の人では、瞼裂斑による症状は多くはありません。しかし発症すると、それらの症状は通常は涙液膜の破壊によるものです。

瞼裂斑では眼球が隆起するため、自然の涙膜が周囲の眼の表面全体に均一に広がることができず、乾燥を引き起こす可能性があります。これによって、灼熱感、刺痛、かゆみ、かすみ目、異物感などのドライアイ症状を引き起こす可能性があります。

瞼裂斑の別の症状は、強膜を覆う結膜における余分な血管の出現で、赤目の原因になります。

症例によっては、瞼裂斑が腫れて炎症を起こすことがあります。これは瞼裂斑炎と呼ばれます。瞼裂斑炎による刺激と目の充血は、通常、日光、風、ほこり、または極端に乾燥した状態に過度に曝されることで生じます。

瞼裂斑は翼状片と呼ばれる目の成長と混同されることがありますが、それらは異なるものです。翼状片について詳しく学習しましょう。

瞼裂斑の治療

瞼裂斑の治療法は、症状の重症度によって異なります。瞼裂斑は太陽の有害な紫外線によって増殖するため、瞼裂斑のある人は太陽から目を保護することが特に重要です。

瞼裂斑のリスクを減らすには、屋外で日光の下にいるときはいつでも(太陽の紫外線が雲を透過するため、曇りの日でも)太陽から目を保護してください。

調光レンズの購入を 検討してください。このレンズは、日光の下で自動的に暗くなり、紫外線を100%カットします。調光レンズはまた、有害な高エネルギーのブルーライトから目を保護します 詳細については、アイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者、コンタクトレンズ事業従事者、眼科眼鏡機器事業従事者など)にお問い合わせください。

軽度の瞼裂斑でもドライアイの炎症や異物感を伴う場合は、症状を和らげるために 潤滑点眼薬が処方されることがあります。増殖を抑え乾燥の影響やそれ以上の紫外線曝露から保護するために、 強膜コンタクトレンズが処方されることがあります。

瞼裂斑はまた、局所的な炎症や腫れの原因となり、ステロイド点眼薬や非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)で治療することもあります。ドライアイが瞼裂斑の原因の場合は、ドライアイの治療のために点眼薬を処方されることがあります。

瞼裂斑が特に不快になった場合、コンタクトレンズが摩耗したり、まばたきを妨げたりする場合、または美容的に問題がある場合は、外科的除去を検討する場合があります。

最後に、瞼裂斑は非癌性ですが、眼球の隆起の大きさ、形状、または色の変化についてアイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者、コンタクトレンズ事業従事者、眼科眼鏡機器事業従事者など)に報告する必要があります。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから