ホームページサングラスサングラス購入ファッショナブルでスマートなサングラスの選び方

ファッショナブルでスマートなサングラスの選び方

サングラスをかけた若者たち

最新スタイルの サングラスを試したり見て回ったりするは楽しいものです。本当にクールなサングラスほど、見た目を変えたり引き立ててくるファッションアクセサリーは他にありません。

しかし、サングラスの価値はそのルックスだけではありません。

サングラスは単なるファッションアクセサリーだけでなく、視力を向上させ、太陽光の有害な 紫外線ブルーライトから目を保護する大事な役割があります。

ここでは、ファッショナブルかつスマートな高品質のサングラスを選ぶためのヒントをご紹介します。

サングラス:フレームの形と素材

サングラスを買う時は、つい流行の最先端のフレームスタイルや形に目がいってしまいがちです。しかし、流行スタイルが変化すると、買った時はとてもスタイリッシュに見えたサングラスが、時代遅れで古臭く見えてしまいます。

最良のアプローチは、アビエータースタイルの新バージョン、クラシックなボストン、落ち着いた感じのラップアラウンドスタイルなど、クラシックな形を選ぶことです。

サイズも重要です。快適にフィットし、大きすぎず小さすぎないレンズのサングラスを選ぶことで、購入後何年間もファッショナブルなスタイルを楽しむことができます。

スポーツサングラスに最適な空気抵抗が少ないラップアラウンドフレームスタイルは、フォーマルウェアスタイルや フォーマルなイベントには似合わないので気を付けましょう。より良い選択としては、スポーツサングラスと、フォーマルでも似合うファッショナブルなサングラスの両方を購入することです。

ラップアラウンドのスポーツサングラスは、ビーチやスノーボード、スキー、ボート、釣りなど、水辺での使用に最適です。

なぜでしょうか?

ラップアラウンドサングラスのレンズは、サイドからの太陽光や下部や周囲からの反射光から、より効果的に目を保護することができるからです。

若い時にできるだけ目を保護することで、将来起こりうる 白内障黄斑変性症など太陽光による眼障害リスクを減らすことができます。この他にも、眼腫瘍や目の周りのデリケートな皮膚のダメージを予防し、眼球の表面に 瞼裂斑 あるいは 翼状片 が形成されるのを防ぐことができます。

ファッショナブルなサングラスレンズの特徴

一般的に、サングラスには ポリカーボネートレンズ が最適です。これはスポーツ用サングラスの場合、特に当てはまります。

ポリカーボネートレンズは、軽量で快適なかけ心地、紫外線カット機能、そして耐衝撃性能を兼ね備えた安全性の高いレンズです。他のレンズ素材をサングラス用に選択する場合は、その選択の 安全性リスクについて 必ず 眼鏡店に相談するようにしてください。

サングラスのレンズの色と濃さは、ある程度、個人の好み次第です。ベストな選択は、サングラスをかける際の条件によって異なります。特定のスポーツに最適なサングラスの色については 眼鏡店に相談することをお勧めします。

サングラスレンズの色と濃さ(濃度)は、レンズの紫外線カット効果の程度を示すものではないことを覚えておきましょう。透過率は特殊な装置によって計測可能です。各種レンズの紫外線カット効果の詳細については、眼鏡店にお問い合わせください。

変化する光の条件に適応するため、サングラスの中にはレンズが交換可能なタイプのものもあります。変わりやすい屋外の光の中で最適な快適さを得るためのもう1つの選択肢として、太陽光で自動的に色が濃くなる 調光レンズ(フォトクロミック) があります。

グレアが強い(まぶしさ)の状況(運転している時に車のボンネットに光が反射したり、ボートや釣りで日差しが水面に反射する時など)で最高の快適さを得るためには、偏光サングラスレンズがベストの選択です。偏光レンズ は、ポリカーボネートなどさまざまなレンズ素材で提供されています。

ミラーコートは、サングラスのレンズに適用可能なオプションです。ファッションにミステリアスさをプラスしたり、晴れた日のスキーやスノーボーディングなど、非常に明るい状況でも光をカットすることが可能です。

サングラスを使うタイミング

以下のような状況でサングラスは必要でしょうか?

  • 冬の季節

  • 曇りの日

  • 度付きメガネを かけている場合

  • 紫外線カットのコンタクトレンズを使っている場合

正解は、すべて「はい」です。

冬の季節は紫外線が弱まりますが(標高によって変化する)、それでも有害であることに変わりはありません。また、紫外線は雲を透過するため、どんよりとした日や曇りの日でも、サングラスによる保護は必要です。

メガネをかけている場合は、度付きサングラスも持つようにしましょう。あるいは調光レンズ(フォトクロミック)を選ぶという方法もあります。

コンタクトレンズを使っている場合は、必ず度なしのサングラスを着用できるよう、用意しておいてください。サングラスには、紫外線カットだけでなくコンタクトレンズを乾燥させる風やホコリ、ゴミなどから目を保護する効果もあります。

たとえコンタクトレンズに紫外線カット効果があったとしても、コンタクトレンズに覆われている部分だけでなく、目全体を保護する必要があります。それができるのはサングラスだけなのです。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから