ホームページ眼鏡眼鏡フレームスタイルや個性に合ったメガネとフレーム選び

スタイルや個性に合ったメガネとフレーム選び

一般的に人は、顔で相手を認識しているものです。このため、メガネ は人のアイデンティティにとって重要な一部となります。

洗練されたイメージ、陽気なイメージ、若々しいイメージ、コンサバなイメージ、スタイリッシュなイメージなど、正しいタイプの眼鏡を選ぶことであなたが人から見られたいイメージを実現することが可能です。

そして、メガネは1本あれば十分!というのであれば、それもまたあなたの個性を表すものです。

メガネから判断するあなたの個性とは?

メガネを通して本当のあなたを表現することもできますし、あなたが望む自分のイメージを作り出す手助けにもなります。大切なのは、自分の性格やライフスタイルに合った メガネフレーム を見つけることです。

アイウェアのスタイルエキスパートによると、最初のステップは自分の生活のさまざまな側面を考慮することです。

シーンに合わせて異なるルックスを選べるよう、多くの人が複数の靴を使い分けているのと同じように、メガネも、複数を使い分けるのがベストです。

あなたはいつも忙しいビジネスマンでしょうか?それともアクティブなアウトドア愛好家、あるいは多忙なお母さん、引退したシニア、それとも学生さんでしょうか? アーティストや作家のように、クリエイティブな人ですか?

それとも、多くの人と同じように、さまざまなアクティビティや興味、性格的特徴を網羅するライフスタイルの持ち主でしょうか。

選択の幅を狭めるには、アイウェアの専門家達が提案するスタイルやカラー、素材、サイズなどをあなたのライフスタイルの各側面に合わせて考えてみましょう。

真面目なビジネス用のメガネ

取引先や同僚との間に信用と信頼感を与えるには、保守的なフレームの形や色を選ぶのがベストです。プロフェッショナルとしての印象を際立たせるには、以下の選択肢を検討してください。

  • オーバル、四角形、アーモンドなどのクラシックな形。

  • ゴールド、シルバー、ブラウン、グレー、ブラックなどの伝統的なカラー。

  • 明るい色調や珍しい形は避けましょう。

フレーム素材は、チタンやステンレススチール、リムレスのものが良いでしょう。

色はシルバー、ガンメタル、ゴールデントーン、ブラウン、ブラックが保守的でビジネススーツと合わせやすいのでお勧めです。また、クラシックなべっ甲柄も、性別に関係なくビジネスウェアによく合います。

クリエイティブでファッションセンスが光るメガネ

クリエイティブでファッショニスタな一面を見せるには、幾何学的デザインのようなモダンな形で、大きく厚みのあるプラスチックフレームを選ぶのがお勧めです。モダンなメタルフレームの多くは、見た目もクリエイティブなものがたくさんあります。

今どきのシニア向けメガネ

定年に近づいているからといって、古臭くて古風なメガネをかけなければならないわけではありません。特に男性の場合は、顔を圧倒するような巨大な金属製のフレームはやめしょう。

若々しさとファッション性を保つためには、顔がリフトアップしてみえるような形のフレームがお勧めです。男性なら、上向きの四角形フレーム、女性ならソフトなキャットアイ型のフレームを検討してみましょう。

また、顔に彩りを与えるフレームカラー、特に明るい光沢仕上げのプラスチックフレームを選んでください。

学生向けメガネ

工学に芸術、ビジネス、文学など、大学では自分のアイデンティティを磨き、自分のスタイルを見せつける時期です。

人目を引く色や形、大きめサイズ、カラーラミネートなど、興味深いディテールのフレームを検討してみましょう。自己表現することを恐れないで。

多忙なお母さんやお父さん向けメガネ

常に移動中のご多忙な親御さんには、アイウェアの最新トレンドを気にしている暇はないかもしれません。そんな場合はクラシックな形をモダンにアレンジしたメガネがぴったりです。

オーバルや上向きの四角形、ソフトなキャットアイ型のフレームは、非常に機能的で、見た目にも素敵です。

好みに応じてジュエリー風のメタルアクセントやデザイナーのロゴなどのディテールを加えることで、ベーシックな形のメガネも、個性あるスタイリッシュなメガネに様変わりします。

週末アクティビティ向けメガネ

大人のほとんどは「平日」は朝9時から夕方5時までのみっちり仕事、週末はより活動的なアクティビティ、というように一種の二重生活を送っています。

ドレスシューズをジムに履いていくのはおかしいのと同様、スポーツやアクティビティに普段の仕事用メガネは合いません。

仕事後のアクティブなライフスタイルに最高の快適さ、パフォーマンス、安全性を確保するには、スポーツサングラスやスポーツ用メガネ、またはスポーツに合うカジュアルなメガネフレームを、せめて1本くらいは用意しましょう。

スタイルは、ラップアラウンドタイプのフレームから、明るい色やメタルとプラスチック素材のモダンな組み合わせまで、さまざまです。

スポーツアイウェアにおける最も重要な要素はレンズです。

  • 偏光レンズのサングラスは、水に反射する光のグレア(まぶしさ)を軽減します。

  • 衝撃の強いスポーツなら、耐衝撃性能に優れたポリカーボネートレンズ。

  • 数多くあるレンズの色合いは、さまざまな照明状況であなたの視力を向上させてくれます。

1つですべて網羅はできない

誰も皆、便利さを好みます。しかし、さまざまな側面を持つあなたの多次元的ライフスタイルを豊かにするには、1本以上のメガネがどうしても必要です。

あなたのワードローブにも、TPOに合わせて異なるスタイルの服が複数あるように、異なる目的と状況に応じて、異なるスタイルのメガネが複数必要です。

メガネレンズに関する注意事項

最後に、メガネレンズに関する重要な注意事項をいくつか紹介します。

レンズは必ず 反射防止コートのついた レンズを選ぶようにしてください。このクリアなコートは、煩わしい反射を除去し、夜間の視界を向上させ、よりクリアな視界を実現します。

  1. より薄く、軽く、魅力的なレンズには、非球面デザインの ポリカーボネート 高屈折率プラスチックレンズ を選びましょう。

  2. 調光レンズ(フォトクロミック) は太陽光の下で自動的に暗くなるため、屋外で過ごす時間が長く、常にサングラスを持ち歩きたくない方には最適です。

  3. 40歳以上の場合、二重焦点レンズや三重焦点レンズは老けて見えるのでやめましょう。ラインのない 累進焦点レンズ なら、すべての距離でクリアな視界を実現し、若々しい印象をもたらしてくれます。

アイウェアには選択肢が多いため、選ぼうとしても混乱してしまうかもしれません。そんな時は、眼科医にあなたの目と個性にぴったりの最適なフレームやレンズを選びのアドバイスをしてもらいましょう。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから