ホーム 状態 目の状態 A-Z

角膜潰瘍:原因と対応

角膜潰瘍

角膜潰瘍は通常、軽度から重度の視力低下と 痛みを伴う かゆみ、灼熱感、刺痛、目やに、 赤目として発症します。

この疾患の原因は、角膜を圧迫し膿瘍と同様に局所感染することで発症します。

角膜潰瘍の原因

角膜潰瘍の大半の症例は、角膜に侵入する細菌感染によるものです。目の損傷、外傷、または その他の損傷の後によく起こります。

コンタクトレンズ装用者は、 特に角膜潰瘍を引き起こす可能性のある目の刺激を受けやすくなります。コンタクトレンズを使用したままが目をこすると、上皮のわずかな損傷ができ、 細菌が目に浸入する可能性があります。

コンタクトレンズを装用している場合は、レンズを取り扱う前に手を洗うなど衛生状態を良くして安全策を講じることで、角膜潰瘍を回避できる可能性が高まります。

細菌感染に加えて、角膜潰瘍には他の原因として:

  • フザリウムなどの真菌や寄生虫があります。これらの真菌は、特定のタイプのコンタクトレンズ用溶液を使用するコンタクトレンズ装用者の間での真菌性角膜炎の突発的発生の可能性があります。このコンタクトレンズ用溶液はこの種の感染を防ぐことができず、現在は市場から撤退しています。

  • アカントアメーバこれらのよく見られる微生物は、目に入ると アカントアメーバ角膜炎を引き起こす可能性があります。これは非常に深刻な目の感染症であり、角膜の永続的な瘢痕化や視力喪失を引き起こす可能性があります。アカントアメーバという微生物は、 水道水、プール、温水浴槽、その他の水源によく見られます。

    コンタクトレンズ装用者は、水泳の前にレンズを外さないとアカントアメーバ角膜炎による角膜潰瘍の発生リスクが大幅に高まります 。(記事"コンタクトレンズをして泳げますか?"には、水中で長時間を過ごすコンタクトレンズ装用者のための役立つヒントが含まれています。)

角膜潰瘍のもう1つの原因は、単純ヘルペスウイルス感染症(目ヘルペス)です。これは、角膜上皮や、場合によってはさらに角膜の中心の深い部分に損傷を与える可能性があります。

その他の角膜潰瘍の根本的な原因は、多くの近見作業など、多くの目の状態から, (目のアレルギーを引き起こす) 重度で広範囲にわたる一般的な感染症です。多発性硬化症や乾癬などの免疫系障害や炎症性疾患も角膜潰瘍を引き起こす可能性があります。

角膜潰瘍の評価と治療

角膜潰瘍があると思われる場合の最も重要な手順は、アイケア・プロのもとへ すぐに来院することです。さもなければ、未治療の角膜潰瘍は、重度の視力喪失、さらには失明に至る可能性があります。

医師が角膜潰瘍の原因として細菌を疑う場合、治療には通常、症状の初期か否かに関わらず軽症であれば抗生物質うぃ点眼します。

潰瘍の場所と大きさにより、医師は更なる治療が必要かどうかを決定します。大半のアイケア・プロは、重症度に応じて1〜3日ごとに角膜潰瘍患者を診察します。

潰瘍が角膜中央にある場合、通常は疾患が緩和するには時間がかかり、適切な治療を行わないと瘢痕化のため永久に視力が低下することがあります。また残念ながら、この疾患が早期に特定され治療されたとしても、永続的な損傷や視力喪失が発生する可能性があります。

眼に外傷を負ったことがある場合、特に目が木の枝などの有機物に接触した場合、アイケア・プロは真菌性角膜炎による潰瘍を疑うことがあります。

この種の角膜潰瘍の大半の症例では、眼は免疫障害などの既存の疾患にすでに罹患しています。

真菌性角膜炎は、染色された培養組織を顕微鏡評価によってのみ診断することができます。治療としては抗真菌剤を、潰瘍の重症度に応じて、眼に局所的に使用することも、経口投与することもあります。予後が良好な視力かどうかは、感染の程度によって異なります。

早期に発見され適切に管理されたとしても、角膜潰瘍の症例によっては、 角膜移植(全層角膜移植)が必要になることがあります。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

アイドクターを探す