ホーム 状態 目の状態 A-Z » 目ヘルペス

眼部ヘルペス(目ヘルペス)

  1. 形状
  2. 症状と兆候
  3. 原因

眼部ヘルペスとは何でしょうか?

眼部ヘルペスは 別名目ヘルペスとも呼ばれ、 単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)によって引き起こされるウイルス性眼感染症です。HSV-1は口や唇の周りにもヘルペスを引き起こします。

ほとんどの場合、眼部(目)ヘルペスは 目の角膜に 影響します。これらの場合、ヘルペス性角膜炎(herpes keratitis)とも呼ばれます(ラテン語で keratoは 「角膜」を、itisは 「炎症」を意味します)。

眼部ヘルペスは角膜の表層細胞(上皮性角膜ヘルペス)または角膜本体(ヘルペス間質性角膜炎)に影響を及ぼす可能性があります。ヘルペス間質性角膜炎は、角膜の瘢痕化と視力喪失を引き起こす可能性があります。

また頻度は低いが、HSV-1は、眼球前面の虹彩に感染すると、組織の炎症(ヘルペス関連の 虹彩炎)または眼球後面の 網膜の 炎症(ヘルペス網膜炎)を引き起こす可能性があります。). 

眼部(目)ヘルペスの原因は何でしょうか?  

眼部ヘルペスを引き起こす単純ヘルペスウイルス1型は、通常、口と口との接触(キスや食べ物、食器、歯ブラシなどの共有)によって感染します。

国立衛生研究所(NIH)によれば、米国人口の半数以上が 20代になるまでにHSV-1に感染しており、 また世界保健機構 (WHO)によれば、世界では50歳未満の推定37億人(67%)がHSV-1に感染していると述べています。 

HSV-1感染の多くは症状がありません。しかし、一部の人にとっては、ヘルペスウイルスは口の中や周りに痛みを伴う口唇ヘルペスを引き起こし、症状は通常1週間以上続きます。ウイルスが皮膚の下の顔面神経に後退し、活動を停止すると(休眠状態になると)、症状は徐々に和らぎます。 

ウイルスは一生神経内で休眠状態を保ち、明らかな問題を引き起こすことはありません。しかし、感染後数か月または数年で、しかし、生活の中のストレス等により感染後数か月から数年でHSV-1を再活性化し、口唇ヘルペス(口腔ヘルペス)または眼部感染症(眼部ヘルペスまたは目ヘルペス)を引き起こす可能性があります。

ストレスの原因として以下のものがあります:

  • 精神的苦痛

  • 日光への過度の露出

  • 発熱

  • 大規模な歯科的または外科的手技

  • 外傷

免疫力が低下(たとえば、化学療法を受けている場合)することにより、HSV-1が再活性化し、眼部ヘルペスの発生につながる可能性があります。

眼部ヘルペスの症状

さまざまな兆候や症状が目ヘルペスの発生に関連しています。角膜の炎症がその一つです。この炎症により、突然の激しい眼痛を引き起こす可能性があります。また、角膜が曇って、かすみ目を引き起こす可能性があります。

その他の眼部ヘルペスの特徴には以下のものが含まれます:

目ヘルペスは通常片目だけに症状が発症しますが、両目に影響を与える可能性もあります。 

眼部ヘルペスを治療せずに放置すると、角膜に潰瘍や瘢痕化を引き起こし、 永続的な視力喪失の原因となります。

眼部ヘルペスの治療

眼部ヘルペスがある場合は、アイケア・プロに抗ウイルス薬を処方しもらうことで、ウイルスを制御し、角膜の損傷を防ぐことができます。抗ウイルス薬は、眼部ヘルペスの場所と重症度に応じて、薬用点眼薬、軟膏、または経口薬の剤型があります。

眼部ヘルペスに対する抗ウイルス薬の例:

  • トリフルリジン点眼薬

  • ガンシクロビル点眼ジェル

  • ビダラビン軟膏

  • アシクロビル経口薬

アイケア・プロの眼部ヘルペスの治療に関する指示に従って、指示どおりにすべての薬を使用してください。

眼部ヘルペスには治療法がありませんが、治療によって目の損傷を防ぎ、視力喪失を避け、将来の発生を制御できます。

角膜の瘢痕化や目ヘルペスによる視力喪失を起こした場合、角膜移植手術(角膜移植)によって 視力の一部または全部が回復した症例もあります。 

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

アイドクターを探す