ホームページ眼の状態に関するページ屈折異常近視の意味は?

近視の意味は?

近視は近視の別名です

近視 とは、 目の近くにある物以外ははっきりと見えない状態を指します。

近視の人は通常、本を読んだりパソコン画面を見たりすることはできますが、教室で黒板やホワイトボードに書かれた文字を読んだり、部屋の向こう側を見たりするのは困難です。

一般的に近視とは、眼球が長くなりすぎて、光が直接網膜に当たらず、網膜の手前で焦点を結んでしまう目のことです。焦点位置におけるこのエラー(あるいは 屈折異常)が原因で、遠くにある物がぼやけて見えるようになります。

しかし、間近にある物は、メガネやコンタクトレンズを使わずにはっきりと見ることができます。(近視の人は"近くが視えます"。)

   

近視の増加

近視は非常に一般的で、その有病率は近年急速に増加しています。

世界保健機関(WHO)と ブリエン・ホールデン視力研究所(Brien Holden Vision Institute) が発表した近視に関する報告書によると、現在世界で20億人以上の人が影響を受けています。このまま現在の傾向が続けば、2050年までには世界人口の約半数が近視になる可能性があると報告されています。

未矯正の近視は、世界中において視覚障害の主な原因となっており、近視の程度が強い(矯正済みか未矯正か関係なく)と、網膜剥離 など、失明につながる深刻な眼障害のリスクが高くなります。

このような理由から、研究者は近視の発達と進行を制御する効果的な方法を探しています。

近視の治療法

現状のところ、 近視の根本的な治療法はありません。しかし、近視によるぼやけは通常 メガネやコンタクトレンズ、 あるいは屈折手術( レーシックなど)で完全に矯正可能です。

近視の治療法としては、メガネが 最も一般的です。強い近視の場合は、 高屈折率レンズ を使用するとメガネの厚みと重量を減らすことが可能です。 

コンタクトレンズは、ほぼあらゆる度数の近視に対応可能です。 強度近視であっても矯正できます。

また、近視矯正レンズである オルソKコンタクトレンズは、子供の近視の進行抑制効果があることが分かっています。レーシックなどの屈折矯正手術は、近視が安定してから(一般的に18歳以降)検討すべきです。

あなたやお子さんが近視かどうかを確かめるには、 お近くの眼科医で総合的な眼科検診を受けてください。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから