ホームページ眼の状態に関するページ眼の状態

前房出血:眼球内出血に関する事実

前房出血とは?

前房出血とは、目の前房(角膜と虹彩の間の空間)に血液が溜まる、眼球内の出血や血管の破損です。

前房出血の重症度は、血液が眼球内にどの程度蓄積するかによってグレード分けされます。

  • グレード0(微小な前房出血):肉眼では血液の蓄積が見られないが、顕微鏡検査で前房内に赤血球の存在を認める程度。

  • グレード1:前房の下3分の1未満の血液の蓄積が認められる。

  • グレード2:前房の3分の1から半分程度の血液の蓄積が認められる。

  • グレード3:前房全体より半分から半分未満程度の血液の蓄積が認められる。

  • グレード4:前房全体に血液の充満が認められる。血液が鮮やかな赤色の場合、完全前房出血と呼ばれます。黒みを帯びた暗赤色であれば、「エイトボール前房出血」と呼ばれることもあります。

一般に、前房出血の重症度が高いほど、視覚障害や長期的な目の損傷リスクが高くなります。

エイトボール前房出血(最も危険な型)の暗赤色または黒色は、眼球内の房水循環の減少および前房内の酸素減少と関係しています。

前房出血のその他の症状は?

眼内の出血に加え、通常以下の症状も前房出血に関連しています:

眼痛、光過敏および頭痛は、特に前房出血の原因が 眼圧上昇 (IOP)の場合に生じます。

眼球内出血の原因は?

前房出血の最も一般的な原因は目の外傷です。このため、目の周りに黒あざができるような外傷を負った場合は、直ちに眼科医の診察を受けることが"重要です。

場合によっては、白内障手術など眼科手術後に外傷性前房出血が起こることもあります。しかし、これは比較的まれです。

また特に、抗凝血剤(ワルファリンやアスピリンなど)を服用している人や、血液凝固障害(血友病)がある人は、自然に前房出血が起こる可能性もあります。糖尿病もまた、眼内の腫瘍増殖(眼内メラノーマ)と同様、前房出血の自然発生リスクを高める可能性があります。

前房出血は重篤な眼疾患か? 合併症の可能性は?

通常は、前房に血液が溜まっても、眼球に永久的な損傷を与えることなく体内に再吸収されます。

眼球に異常がなく、視力が良好であると思われる場合でも、前房出血を引き起こす可能性のある外傷がある場合は、直ちに眼科医に診察を受けてください。

しかし場合によっては、この血液の凝固が、房水の正常な流出を制御している前房周辺部の構造を塞いだり損傷する場合があります。これが眼圧上昇を引き起こし、緑内障 および永久的な視力喪失を招く可能性があります。

また、場合によっては、外傷性前房出血を引き起こす最初の眼球損傷後に、眼内で再出血が起こる場合もあります。この新たな出血(通常は外傷後数日以内に発生)は、最初の出血よりも重度でより危険です。

赤血球が三日月形に変形する遺伝性疾患である鎌状赤血球症患者、あるいはその遺伝的形質を有する人の場合、前房出血による眼球損傷のリスクが高くなります。

前房出血の治療法

前房出血の重症度および関連危険因子によっては、眼科医が以下の予防策と治療法を組み合わせて推奨することがあります。

  • 身体活動の制限

  • 頭部挙上(睡眠時含む)

  • アイシールドの使用

  • 数週間あるいは数か月にわたる頻繁な外来通院

  • 鎮痛剤

  • 抗炎症薬(局所または経口)

  • その他の薬剤

重度の前房出血の場合、手術が必要になることがあります。

前房出血の場合は、アスピリンや非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)を含む市販の鎮痛剤は使用しないでください。これらの薬は眼内の再出血リスクを高める可能性があります。

眼球に異常がなく、視覚障害がないと思われる場合でも、前房出血を引き起こす可能性のある外傷がある場合は、直ちに眼科医に診察を受けてください。医師から勧められた場合は、必ず外来通院を続けてください。

また前房出血後は、定期的な 眼科検診 が非常に重要です。これは、数年後に眼圧の上昇と緑内障のリスクが高まる可能性があるためです。

前房出血の予防法は?

外傷性前房出血を予防する最善の方法は、潜在的な危険があるアクティビティに参加する際に必ず保護メガネやその他の保護アイウェアを着用することです。

野球やソフトボール、ラケットボール、バスケットボール、ホッケー、その他眼球に外傷を与えるリスクのあるスポーツに参加する場合は、スポーツ用保護メガネを着用しましょう。

また、ボクシングなどのスポーツは外傷性前房出血のリスクを大幅に増大させることに注意してください。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから