ホームページアイケア老眼

高齢者向け視力検査

多くの人は、加齢に伴う目の変化を治療せず放置していると、視力が低下し、最終的には生活の質が低下してしまうことに気付いていません。

高齢者が眼科検診を長い間受診しないと、非常に不幸な結果に終わる 可能性があります。

年1回の眼科検診が重要な理由、特に高齢者の場合の注意点をいくつかご紹介します。

高齢者の視力検査

高齢者は、定期的に眼科医の診察を受けて、以下のような目と 視力の検査を 受ける必要があります。

  • 眼圧

  • 視野 (サイドビジョン)

  • 網膜拡張検査

  • スリットランプ(顕微鏡)

  • 屈折検査

このような検査を受けることで、あなたの目の健康状態や視力に関する重要な情報を眼科医に提供することができます。

眼圧検査 (眼圧測定法)は、失明の主な原因である 緑内障がないか検査する検査法の1つです。

緑内障は通常、かなり進行するまで症状がありませんが、そこまで進行したら、視力を救うにはすでに手遅れです。しかし、適切な検査で緑内障が早期に発見されれば、非常に高い 確率で効果的な治療が可能です。

視野検査も緑内障を検査するもう1つの方法です。また、この検査は、脳腫瘍や動脈瘤、脳卒中など、高齢者に多い脳の病気を見つけるのにも役立ちます。

網膜 拡張検査 は、目の健康にとって極めて重要です。瞳孔を拡大して 見る (または特殊なレーザー装置で網膜を撮影する)ことで、多くの健康上の問題や病気を発見できます。

瞳孔は、体内を簡単に覗き込むことができる唯一の窓です。ここでは、拡張瞳孔を介した網膜検査の利点のいくつかを ご紹介します。:

  • 視神経の変化を調べることで、緑内障の有無を判断することが可能です。

  • 眼の水晶体を検査することで、白内障の兆候を 検出 することができます。

  • 眼の動脈や静脈(血管)の損傷は、糖尿病、動脈硬化、高血圧、コレステロールによる損傷、その他の血液疾患について手掛かりを眼科医に与えることができます。

眼科検診では、医師が高出力の生体顕微鏡を使って スリットランプ検査 を行い、目の前部(前部)の構造を注意深く検査し、ドライアイや角膜ジストロフィー、瞼裂斑 および 翼状片 (強膜や角膜の しこり や 隆起)、眼瞼疾患、癌性変化などの異常を確認します。

さらに小さな(多くの場合は手持ちの)レンズを追加することで、スリットランプは、網膜や目の奥の他の構造物を3Dで拡大表示することも可能です。

屈折検査は、メガネの処方箋を決定するための 手続きです。しかし、メガネ処方 の変更は、糖尿病や白内障、甲状腺の問題などの疾患を示唆するものでもあります。眼科医は、これら疾患が視力における特定の変化の原因になり得ることを知っています。例えば、糖尿病は 近視の急激な変化の原因となり、甲状腺障害は 複視の原因になり得ます。

定期的な眼科検診は、あなたの健康管理にとって非常に重要です。過去1年以上眼科検診を受けていない方は、ここをクリックしてお近くの眼科医を探してください。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから