ホーム 状態 目の状態 A-Z

斜視(寄り目)ガイド

斜視に苦しんでいる女性

斜視とは、右目と左目の視線がずれ、不均衡になっている状態をさします。

斜視の場合、片方の目は目指す対象物を直視していても、もう一方は内向き(内斜視、「寄り目」ともいう)、外向き(外斜視、「反り目」ともいう)、上向き(上斜視)あるいは下向き(下斜視)にずれています。

恒常的な場合もあれば、間欠的な症状の場合もあります。また、どちらか片方のみの目に影響を与える(片側性斜視)場合もあれば、両方の目が交互にずれてしまう(交代性斜視)場合もあるのです。

先天性 および幼児期の 斜視では、複視を防ぐため脳が斜視の目から送られてくる視覚入力を無視し、これによって 弱視 あるいは俗に「レイジーアイ(怠惰な目)」と呼ばれる症状を引き起こします。

世界中の子供や10代の若者たちにおける斜視の発症率については、数多くの研究機関が異なる推定値を出していますが、そのほとんどが、現在世界人口の約1~3%が斜視である、ということについては同意しています。

斜視の兆候と症状

斜視の主な症状は、目に見えて両目が不均衡で、片方の目が内側や外側、あるいは上や下、斜め方向にズレていることです。

Expandable

目のずれが目に見えて大きい場合の斜視は、ずれていない方の目と斜視の目の視線における偏角を指して、「大角」と呼ばれます。一方、ずれがあまり顕著ではない場合は「小角」斜視です。

通常、恒常性の大角斜視の状態でも、疲れ目や頭痛などの症状が出ることはありません。これは、脳そのものが視線をまっすぐにしようとはしていないためです。このため、治療せずに放置しておくと、大角斜視のほとんどが重度の弱視を引き起こします。

逆に、あまり目立たない小角斜視では、特に間欠性あるいは交代性の場合、視覚症状の問題を引き起こしやすくなります。頭痛や疲れ目のほかに、本が上手く読めない、読書時の倦怠感、視界の「揺れ」などの症状も確認されています。恒常性および片側性の小角斜視の場合は、ずれている方の目に重度の弱視を引き起こす可能性があります。

大角か小角かに関わらず、他人との正常なアイコンタクトが難しくなる斜視は、気まずさや恥ずかしさから大人も子供も自信を失いやすく、心理的なダメージも大きいと言われています。

新生児の場合、視覚の発達がまだ不完全なため、間欠性斜視になることがありますが、脳の視覚系が正常に発達すれば自然と消失します。しかし、ほとんどのタイプの斜視は、成長と共に消えずに残ります。

子供の 斜視早期発見には、 定期的な眼科検診がベストです。一般的に、発見と治療開始が早ければ早いほど、治療の結果も良くなります。治療を怠ると複視や弱視などを発症したり、読書やクラスでの授業に支障をきたすような視覚症状が起こります。

斜視の原因は?

どちらの目にも、眼球の位置と動きを制御する6つの外眼筋が備わっています。両眼視が正常に機能するためには、両眼のこれらの筋肉の位置、神経制御と機能は完全に協調している必要があります。

斜視は、外眼筋の制御と機能に支障をきたす、神経学的および解剖学的問題がある場合に生じるものです。問題は筋肉そのものに起因する場合もあれば、両眼視を制御する脳神経や視覚中枢に起因する場合もあります。

遺伝も関わっているかもしれません。あなたやその配偶者に斜視がある場合、生まれてくる子供が斜視を持つ可能性も非常に高くなります。

調節性内斜視

遠視の子供が 遠視矯正なしで ピントを合わせようとした場合、過度のピント合わせが原因で目が交差し、調節性内斜視と呼ばれる斜視を発症することがあります。

発症時期は大体2歳前ですが、2歳以降に発症する子供もいます。

調節性内斜視は通常、眼鏡 あるいは コンタクトレンズで完全に矯正可能です。

斜視の矯正手術

恒常性斜視を完全に治療する唯一の方法は、矯正手術です。

かかりつけの眼科医がお子さんが斜視であると診断した場合は、斜視の矯正手術を専門とする眼科医を紹介してくれます。

斜視の矯正手術が成功するかどうかは、斜視の向きや角度の大きさなど、いくつかの要素に左右されます。場合によっては、2回以上の手術が必要になることもあります。詳しい内容については、手術担当の眼科医から術前に聞いてください。

斜視矯正手術は、長年斜視で悩んできた成人の目のずれを効果的に矯正することもできます。しかし成人の場合、目のずれは矯正できても弱視がかなり残ってしまいがちです。このような理由から、斜視は早期治療が非常に重要なのです。

矯正手術を受けるのが早ければ早いほど、斜視の目も正常の視力を取り戻し、両目が完全に協調して機能できるようになります。

手術以外の斜視治療

間欠性斜視や小角斜視の場合、外科手術をせずに視覚療法で目のずれを矯正・改善することも可能です。

Expandable

内斜視(寄り目)は弱視の原因になることがあるため、子どもの頃から治療する必要があります。

輻湊不全(ふくそうふぜん:CI)は、間欠性外斜視の一種で、遠くにあるものを見ている時には両目が協調しているのに、読書のように近くにあるものを見ようとすると片方の目が外側にずれてしまう症状をさします。

輻湊不全は快適な読書を妨げ、疲れ目、かすみ目、複視、さらに頭痛などの原因にもなります。

このほかにも、輻湊不全が注意障害などの原因となり、子供の学業の妨げになることを示唆する証拠もいくつか上がっています。ある研究では、幼少期に外斜視(輻湊不全を含む)があった子供は、成人期までに注意欠陥多動性障害(ADHD)や適応障害、学習障害を発症する可能性が有意に大きいことがわかりました。

特定タイプの斜視も、近視を発症するリスクが高いことがわかっています。間欠性外斜視の子供135人を20年間にわたって追跡調査した研究では、20歳になるまでに90%以上の子供が近視になっていたことがわかりました。

外科手術を伴わない視覚療法は、輻湊不全の治療として効果があると考えられています。ある研究では、自宅で行う眼球運動と診療所での視覚療法を組み合わせた12週間のプログラムを輻湊不全の症状がある子供に実施したところ、73%に改善効果が見られたという結果が報告されています。

術後に残りやすい弱視や軽度の両眼視障害の治療法として、斜視矯正専門の外科医が、矯正手術後に視覚療法プログラムを推奨することもあります。そのような場合は「視覚療法」ではなく「視能訓練」と呼ばれます。

予め聞いておくべきこと

治療や手術を受ける前に、担当の眼科医や斜視矯正専門の外科医に以下の質問をしておきましょう:

  • 矯正手術をすすめられた場合は、1回の手術で済むのか、それとも追加の処置が必要になるのか確認しましょう。

  • 自分の斜視タイプにおける矯正手術の成功率についても、眼科医に確認しておきましょう。

  • 治療の成功基準は何か、確認しましょう。つまり、目のずれを減らして見た目的に普通に見えるように矯正することを「成功」と見做すのか、それとも目のずれを完璧に治したうえで、さらに正常な視力、両目の協調、奥行き知覚を取り戻すことを「成功」と見做すのか、です。

  • 検眼医や視能訓練士には、訓練の成功率や視能訓練(あるいは視覚療法)にかかる期間、費用などを確認しましょう。

子供だからといって、自然に斜視を「卒業」するわけではないことをお忘れなく。発達の遅れやそのほかの問題を防ぎ、子供にとってベストの視力を得るには、できるだけ早く斜視の治療を受けさせましょう。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから