ホームページ眼の状態に関するページ屈折異常近視は一般的か?

近視は一般的か?

本を読む少年

近視は現在、世界中の子供や若者たちの間で最も一般的な 屈折異常 です。

別名、 近眼とも呼ばれる近視は、欧米では成人の30~40%、アジアでは最大80%の人に見られると言われています。近視の有病率はここ数十年で急速に増加しており、2050年までには世界の人口の約半数が近視になると予測されています。

近視の人は、近くの物ははっきりと見えますが、遠く離れた物はぼやけて見えます。これは、光が目に入ると、焦点を結ぶのが早すぎて、 網膜 上ではなく、網膜の前で結ばれてしまうためです。

世界的に近視が増加している正確な原因は不明ですが、 遺伝 が一因であることは明らかです。最近の研究では、近視を引き起こす遺伝的因子が161も特定されており、その大部分は光の処理に関係しています。両親の片方または両方が近視の場合、子供も近視になる確率が高くなります。

また、近視を発症する確率は、目の使い方にも左右されるようです。例えば、長時間読書やパソコン画面での作業、その他の近見を必要とする作業に時間を費やすと、近視になりやすくなります。

もう1つの説は、現代の子供たちは日光を十分に浴びていないということです。太陽光は、眼球の伸長をコントロールする、ドーパミンと呼ばれる神経伝達物質を刺激します。眼球の伸びは、近視と密接に関連しています。

早期診断と治療が、近視には重要です。子供には、まず生後6か月で生後初の眼科検診を受けさせ、3歳でもう1度、そして就学開始時にも検査を受けさせるようにする必要があります。[眼科検診を受ける時期 についてもっと詳しく読む.]

近視は通常、小児期に始まり、成人期初期まで毎年悪化します。子供の視力をできるだけクリアで快適に保つため、各学年の初めにはお近くの眼科医に総合的な眼科検診の 予約をいれるようにしてください。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから