ホームページ眼の状態に関するページ屈折異常

近視の影響は可逆的ですか?

現在のところ、近視の影響を恒久的に改善する治療法は ありません。

ただし、特殊なコンタクトレンズを使用する 角膜矯正治療(オルソケラトロジー) を受けることで、日中はメガネやコンタクトが一時的に不要となります。子供たちの近視の進行を遅らせる 近視進行抑制 法としても有効です。

近視とは眼球の 屈折異常 です。近視の場合、眼球が前後に長くなりすぎ、眼球に入った光が 網膜 上直接ではなく、その手前で焦点を結んでしまいます。その結果、遠くがぼやけて見えるのです。

近視による視覚障害は、 メガネ や コンタクトレンズの処方で矯正可能です。

近視が安定したら(一般的には20代前半)、 レーシック やその他の レーザー眼科手術 も、近視矯正術として良い選択肢です。(このタイプの眼手術は、近視の影響を除去できると言えるかもしれませんが、そのためには眼球表面の組織を永久的に除去するか、それ以外の方法で視力を変える必要があります。)

最近の研究では、小児期や思春期に近視の進行を遅らせる可能性が示唆されています。治療法としては、目の構造や焦点の合わせ方を変えることなどが挙げられます。

近視の進行抑制効果が最も期待されている治療法として、以下の4種類があります。

アトロピン点眼薬。 子供の近視は、目の焦点機能の疲労と関係しています。アトロピン点眼薬は、焦点調節機構を弱めるために使用されます。初期の研究では、子供たちにおける近視の進行を平均81%減少させることが確認されています。

多焦点コンタクトレンズ。 この特殊レンズは、異なるゾーンによって度数が異なっており、距離に関係なくクリアな視力が得られます。

角膜矯正治療(オルソケラトロジー) オルソKとは、角膜矯正レンズを睡眠中に装用することで、近視を一時的に矯正する治療法です。数年間 角膜矯正治療(オルソケラトロジー) を受けた子供は、従来の矯正レンズを使用した子供と比較して、成人後の近視度数が低いというエビデンスがあります。

多焦点メガネ いくつかの研究によると、多焦点メガネを使用した子供は、単焦点メガネを使用した場合に比べ、近視の進行がわずかながら統計的には有意に遅らせることが示されています。

近視の進行を遅らせることで、分厚い矯正メガネが必要となる 強度近視 を予防し、白内障や緑内障、網膜剥離などの重篤な合併症リスクを低減できます。

前回の眼科検診から1年以上経過している場合は、今日にでも お近くの眼科医に検診の予約を入れてください。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから