ホームページアイケア老眼視力を守る8つの方法

視力を守る8つの方法

あなたの目を保護する方法

視力を守ることは、生活の質 を維持するために最も重要なことの1つです。

失明や視力低下の主な原因は 黄斑変性症や 白内障、糖尿病網膜症、, 緑内障, などの 加齢性 眼疾患です。

ここでは、これら加齢性眼疾患に起因する視力喪失を予防するために役立つヒントをご紹介します。

視力を守るためのヒント

1. 眼疾患の発症リスクが高いか調べましょう。

家族の既往歴をチェックしてください。家族に糖尿病や高血圧の既往歴がある人はいますか? 60歳以上ですか? 上記の特徴があると、視力を脅かす眼疾患のリスクが高くなります。

2. 定期的に健康診断を受けて、糖尿病や高血圧を調べましょう。

これらの疾患を治療せず放置しておくと、眼疾患の原因になります。特に糖尿病や高血圧は糖尿病性網膜症、黄斑変性症、そして 網膜中心静脈閉塞症などで視力喪失を引き起こす場合があります。

3. 視力の変化に警告サインがないか探しましょう。

視力の変化に気付いたら、すぐに眼科医の診察を受けてください。チェックすべきトラブルの兆候としては、物が二重に見えたり、かすみ目、照明の暗い場所での見えにくさなどがあります。

他にも、すぐに注意を要する潜在的に重篤な眼疾患の兆候および症状には、 目の充血、頻繁に生じる閃光、浮遊物(飛蚊症)および 目の痛み や腫れなどがあります。

4. こまめに運動するようにしましょう。

研究によると、早歩きなどの運動を定期的に行うと、加齢黄斑変性症のリスクが最大70%低下することが示唆されています。

5. 有害な紫外線から目を保護しましょう。

日中の屋外では、紫外線を100%カットする サングラス を必ずかけるように しましょう。サングラスをかけることで白内障や 瞼裂斑 などの眼疾患のリスクを軽減する効果があります。

6. 健康的でバランスのとれた食事を摂りましょう。

研究によると、抗酸化物質 が白内障のリスクを減らす可能性が示唆されています。これら抗酸化物質は、果物や色とりどりの野菜や濃い緑の野菜を豊富に含む食事から摂取するのがベストです。 また、オメガ3脂肪酸 を豊富に含む魚を食べることで、黄斑変性症のリスクを減らすことができるという研究結果もでています。

目の健康を維持するために必要な栄養素を十分に摂取するように、目に良いビタミン のサプリメントを摂取して補うことも検討してみましょう。

7. 毎年眼科検診を受けましょう。

瞳孔拡張などを含む 総合的な眼科検診を受けることで、早期の 警告サインや、糖尿病性網膜症のような早期の警告サインや症状のない、重篤な眼疾患リスクをチェックすることが可能です。

また、眼科検診では メガネコンタクトレンズ の処方が最新のものであるか、可能な限りはっきりと安全に見えている状態かどうかを確認することもできます。

8. タバコを吸うのはやめましょう。

喫煙の危険性は 十分に 実証されています。目の健康に関して言えば、喫煙する人は加齢性黄斑変性症や白内障、ぶどう膜炎 などの眼疾患を発症するリスクがより高くなります。

これらのガイドラインに従うだけでなく、工具を使って 作業する時や アクティブなスポーツに参加する時は、永久的な視力喪失を引き起こす可能性のある 眼球損傷 を防ぐために、必ず保護メガネを着用するようにしてください。

上記ステップを踏んだからといって、生涯を通して完璧な視力を保証できるものではありません。しかし、健康的なライフスタイルを維持し、定期的に眼科検診を受けることで、予防できたはずの重篤な眼疾患を発症するリスクは確実に減らすことができます。

眼科医を検索:眼科医による視力評価を受ければ、夜間もよく見えるようにすることが可能です。お近くの眼科医を探してください。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから