ホーム 状態 目の状態 A-Z

結膜炎の種類:細菌性、ウイルス性など

結膜炎(またはピンクアイ)は、結膜(目の白い部分を覆う透明な粘膜)の炎症です。

目の炎症や 結膜炎の感染性の原因には、 細菌、ウイルス、真菌などがあります。非感染性の原因には、アレルギー、異物、化学物質などがあります。

結膜のピンク色または赤みが最も顕著な症状の1つであるため、"ピンクアイ"という言い回しは 米国では結膜炎を指す用語として一般的に使用されています。

結膜炎の種類

細菌性結膜炎

細菌性結膜炎は一般的な種類の結膜炎であり、さまざまな汚染源を介して細菌が目に感染することで引き起こされます。細菌は、感染した人との接触、汚染された表面への曝露、または副鼻腔や耳の感染症などの他の手段によって広がる可能性があります。

https://cdn.allaboutvision.com/images/pink-eye-330x220.jpg

細菌性結膜炎の原因として最もよく見られる細菌には、黄色ブドウ球菌、インフルエンザ菌、肺炎球菌、緑膿菌などがあります。細菌性結膜炎は通常、濃厚な目やに 又は膿が、片目または両目に生じる可能性があります。

他の細菌感染症と同様に、細菌を排除するには抗生物質が必要です。細菌性結膜炎の治療は、通常、局所抗生物質点眼薬 及び/又は眼軟膏を用いて行われます。感染症の重症度にもよりますが、治療には通常1週間から2週間かかります。

ウイルス性結膜炎 

ウイルス性結膜炎は、もう1つのよく見られるピンクアイで、 くしゃみや咳によって空中浮遊ウイルスが拡散するため伝染性は高くなります。ウイルス性結膜炎は、はしか、インフルエンザ、風邪などの一般的なウイルス性上気道感染症を伴うこともあります。

ウイルス性結膜炎では通常、水様の目やにが生成されます。通常、感染は片目から始まり、すぐにもう片方の目に広がります。

細菌性感染症とは異なり、抗生物質はウイルスに対しては効果がありません。点眼薬や軟膏は、ウイルス性結膜炎の原因となる、よく見られるウイルスに対して効果はありません。しかし、ウイルス性結膜炎は自己限定的、すなわち短時間で自然に消退します。

通常、ウイルス性結膜炎は、3日目から5日目が最悪です。その後、目は自然に改善し始めます。

ウイルス性結膜炎の治療には、通常、症状を軽減するのに役立つ点眼薬などの支持療法が含まれます。たとえば、目を白くする血管収縮薬、表面の腫れを軽減する充血除去薬、時折のかゆみを軽減する抗ヒスタミン薬などです。

治療は感染症の重症度にもよりますが、通常は1週間から2週間かかります。

淋菌性およびクラミジア結膜炎 

淋病やクラミジアなどの性感染症から結膜炎を発症する可能性があります。新生児は、感染した母親の産道を通過するときに曝露する可能性があります。

トラコーマは、目の表面に瘢痕を引き起こすクラミジア感染症の一種です。トラコーマは予防可能な失明の原因としては世界最大です。 妊娠していて性感染症の疑いがある場合は、赤ちゃんが生まれる前に感染症の検査と治療を行う必要があります。

アレルギー性結膜炎 

目のアレルギーによって引き起こされるこの結膜炎は 非常によく見られます。他のタイプと同様に、目のアレルギーは花粉、動物の皮屑、ダニなどのアレルゲンによって引き起こされる可能性があります。

アレルギー性結膜炎で最もよく見られる症状は目のかゆみです。これは、アレルギー反応を制御するための抗ヒスタミン薬を含む特別な点眼薬で緩和される場合があります。

アレルゲンを避けることは、アレルギー性結膜炎の治療においても重要です。アレルギー性結膜炎には、反応を引き起こすアレルゲンに応じて、季節性または通年性(一年中)のものがあります。

巨大乳頭性結膜炎

この結膜炎は通常、両目に影響を及ぼし、ソフトコンタクトレンズ装用者に影響を与えることがよくあります。この状態は、コンタクトレンズ不耐症、かゆみ、大量の目やに、まぶたの下側の裂け目や赤い隆起を引き起こす可能性があります。

少なくともしばらくの間は、コンタクトレンズの装用をやめる必要があります。眼科医はまた、 結膜炎が再発する可能性を減らすために、 別の種類のコンタクトレンズに切り替えることを勧める場合があります。

非感染性結膜炎 

目の刺激により ピンクアイの症状を引き起こすこの結膜炎には、 煙、ディーゼル排気ガス、香水、特定の化学物質など、多くの原因があります。結膜炎の形態の中には、アイブライトやターメリックなどのハーブを含む特定の摂取物質に対する感受性からも生じるものもあります。

巨大乳頭性結膜炎を含む特定の形態の結膜炎は、コンタクトレンズや義眼(人工眼)の装用に対する反応など、眼の免疫反応によって引き起こされる可能性があります。点眼薬や軟膏に含まれる防腐剤に対する反応も、中毒性結膜炎を引き起こす可能性があります。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

アイドクターを探す