ホームページアイケア老眼

老眼になってからの選択肢

40歳を過ぎると、それまでかけていたメガネやコンタクトレンズでは、どの距離でもクリアな視界が得られなくなります。少なくとも、クリアに見えるようにするには何らかの妥協策が必要になってきます。

このような視覚障害は、中高年から誰でも影響を受ける 老眼が原因で、老眼になるとあらゆる距離でクリアに見る能力が低下してしまいます。

しかし、この状態を解決するには、老眼手術 や 多焦点コンタクトレンズ、 あるいは メガネなどいくつかの視力矯正の選択肢が残されています。もし 白内障手術が必要な場合は、多焦点 眼内レンズ を選ぶことで、すべての距離を見ることができるようになります。

ただし、老眼による問題を完全に解決するにはいくつかの治療の組み合わせを検討する必要がある場合もあります。

メガネを外して読む

もしあなたが 近視の場合、40代以降は有利になります。

老眼になっても、元が近視であればメガネをはずすだけで近くが良く見えます。 もちろん、メガネを外せば遠くはぼやけて見えます。このため、部屋の隅々まではっきり見えるようにするには、メガネをかけ直す必要があります。

メガネを外してもどの程度近く、あるいは遠くのものが見えるかは、近視の程度によって異なります。

軽度の近視(例えば、-1.50や-2.00Dの処方)の場合は、顔から約35~40センチ程度の距離で普通に読むことができるでしょう。

しかし、強度近視(例えば-5.00D以上)の場合は、それ以上もっと目を近づけなければ読むことはできません。その場合は、以下の選択肢を検討してください。

単焦点レンズのメガネを複数併用

確かに 累進焦点レンズや二重焦点、または三重焦点レンズなど、1つのメガネだけですべて事足りるのに比べると不便ではありますが、40歳以上の多くは、単焦点レンズのメガネを2本以上購入することで老眼対策しています。

1本は遠見(運転やテレビの視聴など)用で、もう1本にはパソコン作業や読書など、近見用のメガネです。

この選択には、次のような視覚的な利点があります。

  • 遠見視力または近見視力用にそれぞれ処方された単焦点レンズは、上方または下方を見る必要がある場合に、他のレンズよりも見やすくなります。累進焦点レンズのメガネをかけたまま、リクライニングチェアに座ったり、ベッドに横になってテレビを見ようとしたことがある人は、頭を後ろに傾けた状態では、近見視力用のレンズ部分が邪魔をして、部屋の向こう側がはっきり見えなくなることをすでにご存じでしょう。

    それと同様、近用作業用に処方された単焦点レンズは、車の修理や頭上の近くにある物を見たりする場合に適しています。このため、二重焦点や三重焦点、累進焦点レンズのように、首を後ろに倒すようにしたりメガネを支えて近見ゾーンを目の前に持ってきたりする必要がなくなります。

  • 単焦点レンズのメガネを複数使用することでレンズ周辺の見え方がよくなり、ひいては機動性も高まります。特に60~70代に入ると、ごく正常な加齢による変化で 周辺視野が狭くなり、累進焦点レンズ、二重焦点レンズ、および三重焦点のレンズによって問題を悪化させてしまう場合もあります。

  • 単焦点レンズは、累進焦点レンズよりも広い視野を提供し、歩道の縁石から降りたりエスカレーターや階段の昇降などでも、足元の視界がずっと良くなります。

    (実際に転倒事故を起こしたシニアの中には、単焦点レンズを着用していたら転倒しなかったと思われるケースはかなりあります。)

たとえ、1日の大半は累進焦点レンズや二重焦点レンズ、あるいは 三重焦点レンズ を使用していたとしても、パソコン作業や読書用には、専用に処方した単焦点レンズのメガネを別途用意しておくことをお勧めします。なによりあなたの目と首がきっと喜んでくれるでしょう!

老眼用のコンタクトレンズ

コンタクトレンズを使用している人が老眼になった場合の、最も簡単な解決法は、コンタクトレンズの上に 老眼鏡 をかけることです。

この方法なら、遠見視力を妥協する必要はありません。読書用に老眼鏡をかけるだけで済みます。ワクワクはしませんが、効果的です。

多焦点または 二重焦点コンタクトレンズが合わない場合も、この選択肢は老眼のコンタクトレンズ装用者に最適です。

コンタクトレンズのみを使用するこの他の組み合わせとしては、以下のようなものがあります。

  • コンタクトを使用したモノビジョンまたはモディファイド・モノビジョン

    老眼に起因する焦点調節問題を補正するため、各種コンタクトレンズを使って片方の目はクリアな近見視力、そしてもう一方は遠見視力を持たせるという方法があります。詳しくは眼科医などにご相談ください。このアプローチは、それぞれの目に使用するレンズタイプによって モノビジョン、あるいはモディファイド・モノビジョンと呼ばれています。

    両目に単焦点レンズを使用する場合(モノビジョン)と、片目あるいは両目に多焦点レンズを使用する場合(モディファイド・モノビジョン)があり、どちらのケースでも片方のレンズは遠見視力に、そしてもう一方のレンズは近見視力に合わせて「度数」が付けられています。

    限定的なアクティビティにおいては老眼鏡が必要な場合もありますが、モノビジョンあるいはモディファイド・モノビジョンのコンタクトレンズを使用することで、多焦点レンズだけを使用する場合よりクリアな遠見視力を得ることができ、日常生活を送るためには十分な近見視力も得ることが可能です。

  • TPOに合わせてコンタクトを変える。

     

    どのコンタクトレンズを選ぶにしても、TPOに合わせてコンタクトを利用することで、最大の効果と満足感が得られます。

    例えばゴルフでは、通常の(遠方補正)コンタクトレンズを両目に使用することで最もクリアな遠見視力が得られ、ゲームを楽しむことができます。明るい太陽光の下なら、老眼鏡を使わなくてもスコアカードを読む程度の近見視力はあるでしょう。

    しかし夜の外食には、モノビジョンレンズやモディファイド・モノビジョンレンズの方が、メガネを使わずメニューや伝票を読むのに適しているかもしれません。このタイプのコンタクトレンズは、テーブルや部屋の向こう側を見るのにも向いています。

    屋内ではモノビジョンのコンタクトで優れた視力が得られても、夜間 運転ではっきりと見えない場合には、眼科医に単焦点レンズのメガネを処方してもらいましょう。このメガネを車内に保管し、運転時にのみコンタクトの上からかけることで、帰宅時の運転でもはっきりとした視力を得ることができます。

併用ソリューション(手術に関心がある場合)

老眼が進行した場合など、場合によっては、外科手術とその他のソリューションの併用がベストな場合もあります。

併用ソリューションとしては、レーシック老眼鏡が最も一般的です。レーシックを20代または30代に受けたとしても、40代半ばには老眼鏡が必要になります。老眼にならない人はいません。

その他の併用選択肢には以下のようなものがあります。

  • レーシックと近見視力用シングルコンタクトレンズの併用。

    この組み合わせは、老眼鏡を持ち歩かなくても、遠近どちらも見やすい視界を確保しておきたい社交イベントなどに最適です。

    この場合、両目をレーシックで矯正し、片方の目だけ近見視力用のコンタクトレンズを使用します。この組み合わせによって モノビジョンを実現します。(1日 使い捨てコンタクトレンズを使っている場合は 夜寝る前にレンズを捨てるだけで大丈夫です。)

  • モノビジョンレーシックと単焦点メガネの併用。

     

    モノビジョンレーシック (片方を遠見視力用に、もう一方を近見視力用に矯正) を受けた人のほとんどは、近くの物を見る際に、別途単焦点レンズのメガネをかけて近見視力を向上させています。

    眼科医は、パソコン画面や読んでいる本との距離など、特定距離における両目の視力バランスを取って、レンズを処方することができます。

    最良の結果を得るには、パソコンの画面までの距離や、読書中に実際鼻からどのくらいの距離に本を持って読んでいるか、実際に測定してみましょう。お気に入りの椅子やベッドなど、複数の異なる場所で読書する場合は、それぞれ測定してみましょう。

    そしてこれら測定値を 眼科検診に持参すれば、自分のアクティビティに合わせてレンズの処方を最適化してもらうことが可能です。面倒に聞こえるかもしれませんが、自分のニーズにぴったりなレンズを使用することで、読書もパソコン作業も疲れにくくなり、より楽しめます。

  • レーシックとウェーブフロントメガネの併用。

    レーシック後、夜間のまぶしさやヘッドライトや街灯の周りの光に悩まされたり、眼科医が2度目の(「強化」)レーザー手術は最善ではないと感じる場合は、ウェーブフロントレンズ を選ぶのが良いかもしれません。

    このレンズは、あなたの目のコンピューター測定値を使って、レーシック後に残る 高次収差 (HOA)と呼ばれる視覚的欠陥を検出します。通常のメガネレンズではHOAを矯正することはできませんが、ウェーブフロントレンズなら可能です。ウェーブフロントレンズを使用することで、夜間運転の視界をよりシャープにすることが可能です。ウェーブフロントレンズについての詳細は レーシック専門医 あるいは眼科医にお尋ねください。

  • 複数の視力矯正手術。

    老眼治療には、外科手術の組み合わせがベストの結果をもたらす場合もあります。例えば、30代でレーシック手術を受けたものの、今は40代半ばで近見視力がぼやけてきた場合、 PRK (レーザー屈折矯正角膜切除術)あるいは CK (伝導性角膜形成術)などの手術を一方の目に施術することで、モノビジョンの状態を作り近いものがより良く見えるようになります。

レーシック、PRK、CKなどの角膜屈折矯正手術は白内障手術後にも施術可能で、遠見視力と近見視力療法を矯正可能です。これらのフォローアップ手術は、特に白内障手術後にも 乱視 が残っていて、モノビジョンが治療方法として適している場合に有効です。

白内障の場合は、白内障手術後に複数の屈折眼内レンズ(IOL)を眼科医に推奨されることがあります。これは、遠近関係なくすべての距離における視力回復を目的としています。場合によっては、近見視力回復のため、どちらか一方あるいは両方の目に 調節性IOL が推奨されることもあります。

またこの他に、片方の目には遠見視力に優れた多焦点IOLを使用し、もう一方には近見視力を向上させる眼内レンズを使用する場合もあります。[多焦点IOLの併用について もっと詳しく読む.]

今現在、白内障手術を受けることを検討している場合は、これらプレミアムIOLについての詳細と、あなたに最適のソリューションについて眼科医にお尋ねください。

期待値の管理

どのソリューションを選ぶとしても、老眼矯正にはある程度の妥協が必要であることを認識しておきましょう。現在利用できる矯正レンズや外科治療は、あなたの目の自己調節力を老眼になる前の状態に回復させるものではありません。

とは言え、老眼矯正には1つしかやり方がないという訳ではありません。重要なのは適応力を持つこと、そして40代以降の目には複数のソリューションがあることを理解することです。

どの選択肢があなたにとって最適か お近くの眼科医の診療を受けて判断してください。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから