ホームページ眼の状態に関するページ屈折異常

近視と遠視の違いは?

近視と遠視は、どちらも非常に一般的な、そして非常に異なるタイプの視覚障害です。どちらも 屈折異常、または網膜に光を集中する能力に影響を与える目の異常です。

近視の医学用語は、 "Myopia"(近視)です。これは、目に入ってきた光が 網膜(眼球の後部を覆う膜)に正しく焦点が合わないことで生じます。通常、眼球が長すぎるため、光が手前で焦点を結びます。その結果、遠くの物がぼやけて見えてしまいます。しかし、近くの物を見ることには影響はありません。

一方 遠視は、近視とはほぼ真逆の状態です。通常は眼球が短すぎ、光が網膜に直接ではなく、後部で焦点を結んでしまうことで起こります。

通常、遠視では近くの物がぼやけて見え、遠くの物ははっきりと見ることができます。しかし、遠視が強い場合には、あらゆる距離の物体がぼやけて見えることがあります。

軽度の遠視の場合、視力には全く影響しませんが、読書など近距離での作業の際に頭痛を引き起こすことがあります。

興味深いことに、子供は通常、遠視の状態で生まれます。ほとんどの場合、この幼児期の遠視は、眼球が伸びて正常な成長と発達が得られるにつれて減少します。

しかし、近視は通常小児期に発症し、青年期を通じて悪化し、成人期初期に安定します。

共通の症状

近視と遠視には、頭痛や疲れ目、良く見ようとする際の斜視、眼精疲労など共通の症状があります。

これらの症状のいずれかを経験した場合は、診断と治療法選択のために 眼科医による 総合的な眼科検診を受ける必要があります。

近視および遠視の治療法

近視と遠視どちらも矯正 メガネ や コンタクトレンズで矯正可能です。レンズは、光線が目に入る角度を変えることで機能します。

大抵のケースは、20代になると近視や遠視が安定してきます。屈折異常の変化が止まったら、 レーシック や PRK などによる矯正が可能です。これらは、光が網膜にはっきりと焦点が合うよう角膜を変形させることによって、永久的に近視または遠視を矯正する外科的処置です。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから