ホームページ眼の状態に関するページ屈折異常

近視の原因は?

近視の明確な原因は完全に解明されていませんが、近くの物がはっきり見えて遠くの物がぼやけてみえるこの 屈折異常の要因としては、いくつかあります。

近視 は、眼球が長くなりすぎたり、 角膜のカーブがきつくなることで起こります。その結果、目に入ってきた光が網膜にクリアに焦点を結ぶことができず、あらゆる距離でクリアな視力を得ることができなくなります。

近視を研究している研究者たちは、少なくとも2つの主要な危険因子を特定しています。

1つ目は遺伝です。近年、近視を引き起こす遺伝子として150個以上の遺伝子が特定されています。このような遺伝子1つだけでは近視の原因にはならないかもしれませんが、複数持っている場合は、近視になるリスクが非常に高くなります。

近視は、これらの遺伝子マーカーとともに、世代間で受け継がれる可能性があります。両親の片方または両方が近視の場合、子供が近視になる可能性が高くなります。

近視のもう1つの主な危険因子は、読書中やパソコン、タブレット、スマホの画面を見つめている時など、長時間目を近づけて集中することです。 

近視では遠くがぼやけて見えるため、近視になると目を細める動作が特徴になります。目を細めると、光が入る開口部が小さくなります。これは「ピンホールカメラ効果」と呼ばれるもので、遠くの物が少しはっきり見えるようになります。

残念なことに、頻繁に目を細めると、近視のもう1つのよくある症状である頭痛を引き起こします。

近視は早期発見が重要です。早期発見された場合、 近視進行抑制 措置を開始して、近視の進行を遅らせることが可能です。近視の度数が強いと、後年になって緑内障や網膜剥離など重篤な眼疾患を発症するリスクが 高まるため、 これは 重要です。

近視の原因を正確に把握していなくても、近視は眼鏡店での定期的な 視力検査 で簡単に発見できます。お子さんが将来強度近視を発症するリスクを減らすためにも、各学年の初めに お近くの眼鏡店で視力検査を受けてみてはいかがでしょうか。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから