ホームページアイケア視力関連情報写真から赤目を除去する方法

写真から赤目を除去する方法

写真の赤目

写真に写っている人の目が赤くなって、写真が台無しになってしまうことにうんざりしていませんか?

ここでは、この「赤目現象」に関するよくある質問と、回避方法についてお答えします。

赤目になる原因は?

夜間、あるいは低照明下でフラッシュを使用した時に、被写体の網膜に反射した光をカメラが撮影すると、 写真で目が赤く写って見えます。

光線は目の角膜と瞳孔を通過して 網膜(目の奥にある光検出細胞の層)に焦点を合わせます。

カメラのフラッシュでは、目に入る光量を減らすために被写体の目の瞳孔を収縮させる時間がありません。したがって、強い光が一気に差して網膜に到達し、反射してフィルム上に記録されます。

赤い色は脈絡膜の豊富な血液供給量によるもので、目の奥にある結合組織の層が網膜に栄養を与えると同時に、典型的な赤い色も与えるのです。

フラッシュを無効にすれば赤目効果は避けられるか?

フラッシュを使わずに写真を撮るのに十分な明るさがあれば、写真の赤目を避けることができます。

他にも赤目効果を避ける方法は?

カメラのフラッシュを無効にする以外にも、以下のように写真の赤目を防ぐ方法があります。

カメラを直接見ない。 誰かの写真を撮影する時は、レンズから少し遠ざかるように指示して、被写体の目がフラッシュを真っすぐにキャッチしないようにしましょう。こうすることで、赤目効果が写真に現れる可能性を軽減できます。

部屋を明るくする。 撮影環境が暗ければ暗いほど、被写体の目の瞳孔が拡張し、赤目効果が生じる可能性が高くなります。周囲の光量を増やすことで、赤目を解消することができます。

カメラの「赤目軽減」機能をオンにする。ほとんどの最新のカメラにはこの機能が搭載されており、カメラが写真を撮影する前に、短閃光を素早く連発します。この光が被写体の瞳孔を収縮させ、網膜に反射する光量を減らします。

外部フラッシュを使用する この方法は、フラッシュ内蔵のカメラでは機能しませんが、外部フラッシュ対応のカメラの場合は、フラッシュユニットをカメラのレンズから遠ざけることで、光がレンズに直接反射するのを防ぎ、赤目問題を解消することができます。

被写体が酔っていないことを確認する。 アルコールの飲みすぎは、反応速度を遅くします。飲酒は瞳孔の反応速度にも影響することを、ご存知でしたか? 被写体が酔っている場合、網膜に反射する光量を減らすのに十分な速さで収縮しないため、赤目が発生しやすくなります。

写真から赤目を除去する方法

被写体が赤目になって写真に写っていた場合に、赤目現象を除去する方法をいくつか紹介します。

デジタル写真。 デジタルカメラを使用している場合は、写真をパソコンにアップロードしてから、画像編集プログラムの「赤目除去ツール」を使って、赤目を編集することができます。アプリケーションの中には、目の虹彩から色を拾って赤目の部分に配置する「ドラッグ&ドロップ」機能を備えたものもあれば、 自動的に赤目を補正してくれるプログラムもあります。

スマホの写真。 すべてのスマートフォン(スマホ)には、写真の赤目を修正できるアプリが搭載されています。基本的には、写真に顔が写っていて赤目がある場合は、自動補正ツールを使って赤みを消して、被写体の目をより自然に見せることができます。また、ほとんどの画像編集アプリには、スマホ写真の赤目問題を手動で修正できるツールが用意されています。

プリントされた写真。 カメラのフィルムを現像して写真に赤目が写っている場合は、特殊な赤目除去ペンを使って赤目効果を除去することができます。また、パソコンに写真をスキャンして、写真編集プログラムを使って赤目効果を除去することも可能です。

グループ写真で一部の人だけが赤目になるのは?

これにはいくつかの要因が考えられます。最も可能性が高いのは、赤目になっていない人はカメラを直接見ていなかったか、カメラの内蔵フラッシュの真正面にいなかったことなどが考えられます。

片方の目だけが赤くなって映るのは?

写真の中で片方の目だけが赤く写るのは、そちら側の目だけがカメラのレンズを直視していて、もう一方の目はわずかに異なる角度だったことを意味しています。

稀ではありますが、片方の目だけが赤く写る理由として、腫瘍や 白内障など眼疾患の可能性があります。もう1つの可能性は 斜視です。斜視とは目の位置がずれる眼位異常です。

ご自身やご家族が、片方の目だけ常に赤く写って見える場合は、 眼科医にご相談ください。

すべての写真で目が赤く写っている場合。何か問題がある可能性は?

どの写真でも常に赤目で写ってしまうのは、写真を撮る時にカメラのレンズを直視してしまい、網膜に反射した光がカメラに再度反射してしまうことが原因かもしれません。

今後写真を撮る時は、視線の方向をカメラの左右に少し変えるだけで、目が赤く写ってしまうのを避けられます。

瞳孔の大きさが比較的大きめなのかもしれません。瞳孔が大きいと、写真で目が赤く写る可能性が高くなります。ただし、大きめの瞳孔であっても、カメラを直視しないようにすることで、赤目に写りにくくなります。

片方の目が赤く、もう一方が明るい黄色や白に写る場合は?

片方の目が白色または黄色がかった色で光る場合は白色瞳孔と呼ばれ、白内障や滲出性網膜炎(コーツ病)、 眼感染 および 網膜剥離など重篤な眼疾患や病気の兆候の可能性があります。

白色または黄色の反射(目の輝き)は、網膜芽細胞腫と呼ばれる、稀ではあるものの重篤な小児がんの警告サインである可能性もあります。

写真に写るお子さんの目に異常を感じたら、すぐに 眼科医に相談 してください。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから