ホーム 状態 目の状態 A-Z

目のむくみ:目の下の腫れの解消法

目の腫れのある女性

目のむくみや目の下のくまの原因は、遺伝的な顔の特徴、アレルギー、ストレス、目の疲れ、肌質や肌の特徴など様々です。

キュウリのスライスなどの家庭療法も一時的に腫れを和らげる効果がありますが、長期的な改善を望むのであれば、根本的な原因を探る必要があります。

目のむくみの原因は?

目の周りのむくみは、目の周りの皮膚組織に水分が過剰に蓄積することが原因です。目の周りの皮膚は非常に薄いため、むくみや変色がかなり目立ちやすくなっています。

目のむくみは通常、以下の要因によって引き起こされます:

  1. 塩分の摂り過ぎによる水分蓄積

  2. アレルギーに起因する炎症と腫れ

  3. 副鼻腔炎

  4. 脱水症

  5. 疲労や寝不足

  6. ストレス

  7. 泣くこと

  8. 加齢

  9. 遺伝的な顔の特徴

最後の理由はなかなか納得しがたいかもしれませんが、多くの人の場合、目のむくみは遺伝であることは事実です。

加齢とともに、骨っぽい眼窩の内側にある目を保護する役割を持つ脂肪組織が前方に押し出され、目の下の隙間を埋めることで、目が腫れぼったくなることがあります。

これは、加齢により、上まぶたと下まぶたの両方の脂肪を支えている膜、あるいは「隔膜」が薄くなるためです。この膜が薄くなると、脂肪が突出して前に押し出され、目の下のたるみや腫れが形成される原因になります。

朝まぶたが腫れるのは?

睡眠中、私たちはまばたきをしません。実はこれが、まぶたが腫れる原因のひとつなのです。

Expandable

まぶたにとってのまばたきは、足にとっての歩行のようなものです。歩かないでいると、人によっては下肢のむくみが発生しますが、このようなむくみは歩き始めるとすぐに治まります。これは、足の筋肉が蓄積された水分を「乳搾り」の要領で押し流して血流を促すためです。

まぶたにも、同様の作用があります。むくみを起こしやすい人のまぶたは、睡眠中閉じられている間に水分を蓄積します。それで、朝になると異常にまぶたが腫れてむくんでいるのです。目を覚ましてまばたきをし始めると、たいてい1時間以内に目のむくみはある程度引いてきます。

目のむくみは病気の症状?

普段腫れないのに、突然 まぶたが腫れる ようになった場合は、なんらかの基礎疾患の症状の可能性があります。

例えば、甲状腺眼症がある場合は、目の周りの組織や筋肉が腫れてきます。また、眼球の膨張はバセドウ病として知られる甲状腺疾患の症状でもあります。

花粉症 など目のアレルギーでも目が腫れます。特定の食品や化学物質などへのアレルギーも、まぶたが腫れる原因になりえます。

アレルギー反応が起こると、体内の特定の細胞からヒスタミンと呼ばれる化学物質が放出され、血管からの体液漏洩など、体の組織に様々な悪影響を及ぼします。血管から滲み出した液体は周囲の組織に閉じ込められ、むくみを引き起こします。

結膜炎などの目の感染症でも、目のむくみや 目の下の 黒ずみなどの原因になります。このような目のむくみは、目の感染症に伴う炎症が、隣接していまぶたに直接影響を与えます。ドライアイも、むくみや腫れの原因になります。

腎不全をはじめとする全身性疾患もまた、目の周りを含めた全身のむくみを引き起こします。

目のむくみの解消法は?

目のむくみや黒ずみを解消するには、まずその原因を見極める必要があります。

ご両親に目のむくみがある場合は、遺伝的にあなたもその特徴を受け継いでいる可能性があります。その場合効果的なのは美容整形です。

加齢による目のむくみも、おそらく美容整形が一番効果的でしょう。

眼科医などのアイケア・プロ(眼科関係、眼鏡事業従事者、コンタクトレンズ事業従事者、眼科眼鏡機器事業従事者など)や美容外科医に相談して、あなたの目のむくみやクマの解消に効果的な選択肢を検討してみるのも良いかもしれません。これら選択肢には、ケミカルピーリング、レーザー皮膚表面置換術、処方が必要なスキンケア製品、皮膚製品、そして眼瞼形成術として知られるまぶたの手術が含まれます。

眼瞼形成術では、上まぶたと下まぶたから余分な脂肪組織や皮膚を除去し、皮膚や筋肉を引き締めてむくみやしわを減らすことが可能です。

目の周りのむくみを一時的に軽減する療法は数多くあります。例えば:

  • アレルギーが原因の場合は、目の炎症に点眼薬を使う

  • 十分な量の水分を補給して脱水症状を避ける

  • まぶたが腫れている時は冷湿布をする

  • 閉じたまぶたにキュウリの薄切り、あるいは冷やしたティーバッグを乗せる

  • 目の周りで使うために調製されたアイクリームなどのスキンケア製品を使う

  • 食事での塩分の摂取を減らす

  • バナナなどカリウムの豊富な食品を摂って、体内の余分な水分を排出する

  • 顔と目に冷たい水を浴びる

  • 十分に睡眠と休憩を取る

まぶたのむくみを軽減するクリームや軟膏の多くには、血管を収縮させて血管の直径を小さくする薬であるフェニレフリンが含まれています。この薬は、まぶたのむくみに二重の効果が期待できます。

まず、薄いまぶたの皮膚下にある血管が黒ずみの原因の場合、血管を小さくすることで黒ずみを軽減できます。

さらに、血管を収縮させることで血管からの体液漏洩が軽減され、むくみの解消につながることが期待できます。

ただし、目の周りにこれらの製品を塗る場合は注意が必要です。うっかり目に入ってしまった場合、化学性結膜炎として知られる重度の炎症反応を起こすリスクがあります。万一の場合は、すぐに眼科医に相談してください。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

アイドクターを探す